崎陽軒の工場見学

 2018-02-24
プロ・ビーラーです.

冬休みも終え,すっかりいつもの日常を取り戻した平日の休日.
この日はちょっとヨメもお休みをいただいて,新横浜方面へ向かいます.
というのも,ヨメが大人気のイヴェントを予約しておいてくれまして.
新横浜駅からバスで約10分ほど,第三京浜の港北インター近くに↓のような建物が見えてきました.
崎陽軒外観
今回の目的地はこちらですー.

崎陽軒の工場見学

崎陽軒の工場見学”ですー.

こちら,見学日の3ヶ月前から予約開始になるんですが,日付が変わるとすぐに満席になるほどの人気なんですよ.
何でそんなに人気かってのは,コレからお伝えいたしましょう.

崎陽軒の工場見学 の続きを読む

17年12月〜18年1月,クイーン・ヴィクトリア号でイギリス,オランダ,フランス周遊クルーズの旅

 2018-02-22
イギリス,サウザンプトン
DANCING MAN BREWERY:パブ,パブメシ
Grand Café:パブ,パブランチ,観光

GRAND HARBOUR HOTEL (グランド ハーバー ホテル@サウサンプトン)
お部屋編
朝食編

クイーン・ビクトリア
乗船編

お部屋編
施設編 デッキ1,2,3:グランド・ロビー,アーケードなど
施設編 デッキ9,10,11:SPA,プール,チャーチル・シガーラウンジなど

ブリタニア・レストラン
夕食:コース料理のお食事
ニューイヤー・パーティ:大晦日のスペシャルディナー,ニューイヤーパーティ

リド・レストラン
Buffet:朝食などBuffet
コリアンダー:スペシャリティ・レストラン,インド料理

ザ・ベランダ

ザ・ベランダ:スペシャリティ・レストラン,フランス料理

ゴールデン・ライオン・パブ
ゴールデン・ライオン・パブ:パブ,パブランチ

クイーンズ・ルーム
クイーンズ・ルーム:アフタヌーンティ

船内のBAR
BAR:船内のBARいろいろ

ルーム・サーヴィス:朝食

オランダ,アムステルダム
アムステルダム観光:観光

フランス,シェルブール
シェルブール観光 その1:観光
Restaurant La Marina Cherbourg ,シェルブール観光 その2:シーフードレストラン,観光

下船編

イギリス,オックスフォード
QUOD:パブランチ,観光

機内食(JAL)
往路:羽田空港〜ヒースロー空港
復路:ヒースロー空港〜羽田空港

JAL ロンドン・ヒースロー空港発・羽田空港行きの機内食 〜復路編〜

 2018-02-21
プロ・ビーラーです.

オックスフォード観光を終え,バスは一路ヒースロー空港に向かいます.
そして空港到着後,出国手続きも終えました.
まだフライトまで少し時間があるので,ちょっとラウンジでマッタリしましょうか.

ヒースロー

↑はラウンジからの眺め.
それほどお腹も空いてないので,ラウンジでは少しドリンクだけいただきましょう.
空港のドリンク
そして定刻通りに飛行機は羽田に向けて飛び立ちました.

JAL ロンドン・ヒースロー空港発・羽田空港行きの機内食 〜復路編〜 の続きを読む

QUOD @オックスフォード

 2018-02-20
プロ・ビーラーです.

サウサンプトンに到着後,バスで一路オックスフォードに向かいます.
こちらは帰国前最後の観光.
バスは予定通り11時ころにオックスフォードに到着しました.

バスを降りた後,まずは”クライストチャーチ・カレッジ”に向かうことになりまして.
ちなみにオックスフォード大学は専門学科ごとに独立した39のカレッジからなる総称で,そのうちの1つがクライスト・チャーチカレッジなんだそう.
オックスフォード1
冬なのに芝生の緑がキレイですね.
しかもこの日は抜けるような晴天!
オックスフォード2
↓中に入るとこんな階段がありまして.
オックスフォード3
この階段,実は映画”ハリー・ポッター”でも使われていた場所なんだそう.
なのでハリー・ポッターファン垂涎の場所のようです.

お次に見学したのは”グレートホール”.学生や教授などが今でも利用している食堂だそうです.
オックスフォード4
こちらも映画”ハリー・ポッター”の撮影で使われたダイニングホール.
ちょうどこの日もランチの予定があったようで,テーブルセットが準備されておりました.
オックスフォード5 オックスフォード6
ちなみにこちらにはめ込んであるステンドグラスには”不思議の国のアリス”のモデルになった女の子と登場人物も描かれているんだそうですが,,,
オックスフォード7
説明を聞き逃した私はどれだか分かりませんでした.

外に出るとこんな広くキレイな中庭が.
オックスフォード8
残念ながらこちらは学生以外立ち入り禁止みたい.

さて,クライストチャーチを出て,次の観光場所に向かいましょう.
途中,”マートン・ストリート”には↓のような石畳の道が残っておりまして.
オックスフォード9
なかなかキレイな通りだったので,我々も1枚記念撮影しておきました.

さらに裏道から”ハイ・ストリート”を突っ切り,”セント・メアリー教会”を抜けると”Radcliffe Camera(ラドクリフカメラ)”が見えてきました.
オックスフォード10
こちらは1749年に建てられた図書館,内部の見学はツアー以外では出来ないみたい.
ちなみにこのCameraとはラテン語で”丸天井の部屋”という意味とのこと.
なるほど,確かに外観だけでなくてっぺんも丸いですね.

もう少し進むと何やら見たことのあるような建物をつなぐ橋が見えてきました.
こちらは”Bridge of Sighs”,ハートフォード・カレッジの建物を結ぶ橋だそう.
オックスフォード11
コレ,ヴェネチアの”ため息橋”に似ていることからこう呼ばれているんですって.

そして奥に進み”ボドリアン図書館”に到着しました.
オックスフォード14
こちらはオックスフォード大学の図書検索機関で,イギリスで出版された本が全て収蔵されている,日本で言うと国会図書館のような施設です.
オックスフォード12
こちらは予約すると専属ガイドの解説付きで入ることも出来ます.
説明はもちろん英語ですが.

このツアー,小グループで案内されるのですが,まず通されるのはこちらのお部屋.
オックスフォード13
ココは15世紀に神学を教え,さらにディベートなどの試験が行われた場所とのこと.
ちなみにこちらもハリー・ポッターの映画で使われていた場所だそうです.

その後,ハンフリー公爵図書館の見学に行きましたが,こちらは撮影禁止.
でも歴史的な書庫や蔵書が並んでいる様はなかなか壮観です.

さて,ボドリアン図書館の見学も終え,そろそろランチに行くようですよ.
ランチ会場は先ほどのハイ・ストリート沿いにあるホテル・”OLD BANK HOTEL”の1階のレストランです.

QUOD

QUOD”ですー.

お店の前には↓のような自転車が置いてありました.
チャリ
コレはホテルの宿泊者用の自転車なのかな?
この辺りはクルマの乗り入れが制限されているようなので,このような自転車があると便利かもしれませんね.

そしてお店の前にはメニューが.
店外メニュー
グリルやピザ,プディングなどのメニューが並んでます.
ひとまずツアーのみなさんと入店しましょう.

QUOD @オックスフォード の続きを読む

Queen Victoria (クイーン・ビクトリア) 〜下船編〜

 2018-02-18
プロ・ビーラーです.

楽しかった5泊6日のクルーズもいよいよ最終日.
最後のディナーも堪能しましたが,船内各所ではラストパーティの準備が進んでおりました.
ラストパーティ1
↑こちらは”クイーンズ・ルーム”の様子.
やはり風船が降ってくるようですね(笑

朝7時にはサウサンプトンに入港する予定なので,ディナー後はまず荷物のパッキングを急ぎます.
そしてそれが終わるといよいよパーティの始まりです!
ラストパーティ2
みなさん最終日ということもあり盛り上がってましたよー♪
もちろんこの後,風船も降ってきました(笑
その後は我々もこちらや”ザ・ヨットクラブ”で飲んで踊って楽しんじゃいました.

しかしこの日の夜,海は大荒れ.
けっこう船も揺れ,朝起きるとテーブルの荷物が落ちていたりしましたが,無事サウサンプトンに入港しました.
航路
ちなみに下船するターミナルは乗船の時とは違う場所のようです.

下船もクラスごとに分かれてになるので,我々もデッキ9の”ウィンター・ガーデン”で下船指示を待ちます.
そして8時20分ころ,後ろ髪を引かれながら下船となります.
案内 到着
そして↓は下船ターミナル.
到着ロビー
ココで荷物を確認,そしてバスに乗り込みオックスフォードに向かいます.
ターミナル バスからの眺め
最後に停泊するQueen Victoriaにご挨拶.
オックスフォードの観光後はいよいよ帰国となります(泣
その前に次回はオックスフォード観光とランチ編をお送りいたしまーす☆

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫