FC2ブログ

Varadero 60(バラデロ セセンタ)

 2020-03-06
プロ・ビーラーです.

ホテルのビーチ・プールを堪能した後の夜.
またこの日もホテルのレストランではなく,事前にチェックしていたお店の予約を取ってもらいまして.
タクシーでホソネ公園方面に向かいます.
そして到着したお店はバラデロでも評判のこちらです.

Varadero 60

Varadero 60(バラデロ セセンタ)”ですー.

こちら,Tripadvisorなどを見ても高評価のお店.
お店の入り口には↓のような待合室もありました.
待合
ひとまず↓のロゴの玄関を通り,予約時間通りに入店です.
ロゴ

Varadero 60(バラデロ セセンタ) の続きを読む

ヘミングウェイ邸・Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)〜 Elizalde Bar-Restaurante のランチ

 2020-01-26
ヨメです。

いよいよこの日からキューバ、ハバナ観光がスタートします。
ホテルで朝食を取った後、現地時間の朝9時半にロビーに集合します。
そしてバスで約1時間弱、まず到着したのはこちらです。

案内図

ヘミングウェイ邸・Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)”です!

↑の見取り図を見るとこの敷地の広大さが分かりますよね!
高台に造られたこの邸宅、緑に囲まれて気持ち良い空間です。
草木
邸宅に向かう通路脇には↓のような胸像がありました。
像
途中にある建物もなかなか趣がありますね。
建物
そしてこの”Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)”の入り口に到着しました。
受付
こちらは現在は博物館になっている本邸。
入り口とは言っても内部は入れず、外から見学することになります。

そして↓こちらが内部になります。
邸内 邸内
この左の写真にもあるタイプライターは実際にヘミングウェイが原稿を書くのに使用していたものです。
タイプライター
このタイプライター、座らずに立ったまま使っていたそうですよ.

お部屋は天井も高くなかなか開放感があります。
邸内
↓こちらの仕事部屋には本がズラリと並んでます。
邸内 邸内
この邸内、至る所に動物の剥製が飾られてるんですよ。
ヘミングウェイも狩猟好きだったそうですが、いかにも昔の富豪のお部屋といった雰囲気ですね!

↓こちらはベッドルーム、ピンクがなかなかカワイイです。
邸内
ダイニングにも剥製や絵が飾られておりました。
邸内
実はこの邸内に本物のピカソの絵なども飾られているんですよ!
もし行かれる際には探してみて下さいね。

↓こちらはこのヘミングウェイ邸裏手の外観、午前中にも関わらず観光客でいっぱいです。
外観
さらに邸内にはプールもありました。
プール
その奥にはヘミングウェイの愛艇・”ピラール号”も飾られてます。
船
この船で別な日に行くコヒマルから釣りなどに出かけたんでしょうね。
さらにこの船の前には↓のような場所がありますが・・・
船
こちらは愛犬のお墓だそうです。
他にも見どころはいろいろありますが、今回ご紹介するのはこのくらいにしておきます。
そして見学を終えるとまたバスでハバナ旧市街へ戻りましょう。

ヘミングウェイ邸・Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)〜 Elizalde Bar-Restaurante のランチ の続きを読む

T.Y.HARBOR (ティー・ワイ・ハーバー)

 2019-11-25
プロ・ビーラーです.

この日はとある平日の夜.
仕事終わりのヨメと珍しく天王洲アイル方面で待ち合わせ.
と言うのも天王洲のB&Cホールで,”シャネル マドモアゼル プリヴェ展”を2019年10月19日〜12月1日の日程で開催中でして.
ヨメがぜひ行ってみたい!ということで予約してもらっていたんでした.
会場近くには↓のような案内も置いてあります.
看板
そして建物の奥へ進むと↓のような特設会場が見えますよ.
建物
さっそく予約時間の行列に接続,案内の方に従って入りましょう.

順に中へ入ると,まず目に飛び込むのが↓の階段.
階段
展示は1,2階に分かれてますが,この階段左を見るとだまし絵のように螺旋階段が見えるんですよ.
こちらは記念撮影スポットでもありますが,会場内の展示もすべて撮影O.K.です.
ちなみに館内を周る前に事前に公式アプリをダウンロードしておくと,音声ガイドやムービーが見られるので便利です.
さらに館内ではwifiも使えるので,係の方にパスワードを聞いてください.

今回の展示はシャネルのスタジオの3階のアパルトマンを再現しているんですと.
各部屋の色調をイメージした”ミラーホワイト”,”ベージュ”,”ブラック”,”レッド”,”バロックゴールド”の5つのエリアに分かれてます.
そこでは↓のようなテーマカラーに沿ってオートクチュールの服などが展示されてます.
ミラーホワイト ベージュ ブラック
レッド バロックゴールド バロックゴールド2
さらに各部屋には↓のようにハイジュエリーと,定番フレグランスであるシャネルNo.5の限定などのボトルも展示されてます.
ジュエリー ジュエリー2 ジュエリー3
5つの部屋を抜けると,今回の展示にまつわるスケッチなどがありました.
スケッチ
さらに我々はやらなかったんですが,今回の会期中参加型ワークショップの開催もあります.
こちらも事前予約制のようですが競争率はかなり高いみたいですよ.
でも退館時には無料でお土産ももらえちゃうんですよ!
そのお土産は,,,行ってのお楽しみにしておきましょうか.

けっこう男性でも楽しめたこのイヴェントを出たのはすでに夕食時の19時半ころ.
このまま夕食も食べて帰ろうか?ということになりまして.
するとお隣にちょうど良いお店があるじゃないッスカ!
と言うことで,向かったお店はこちらでした.

T.Y.HARBOR

T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)”ですー.

こちらはもともと倉庫だった場所を改装して作られた醸造所.
クラフト麦酒やアメリカンフードが楽しめるので有名なお店です.
特に予約はしていなかったんですが,聞くところによるとテーブル席,↓のテラス席とも空いているとのこと.
テラス席
外はちょっと寒そうなので,店内に案内してもらいましょう.

T.Y.HARBOR (ティー・ワイ・ハーバー) の続きを読む

五反田ハイボールバー サニーサイド1923

 2019-09-04
ヨメです。

都々井”でお寿司をいただき、”敦盛”でワンと戯れた後、ちょうど五反田駅方面に歩いていたんです。
すると主人が↓こんな看板を見つけました。
看板
ここまででもけっこう飲んでたんですが、もう1杯だけ飲もうか?ということになりまして。
そうなると駄々をこねた大型犬のように動かない主人(笑)
私は次の日もありますが、1杯だけとなだめつつ入ってみることにしました。

サニーサイド1923

五反田ハイボールバー サニーサイド1923”です!

こちらは後で調べると2012年に開店した60席以上ある大箱のお店。
でも遅めの時間とはいえほぼ満席の人気っぷり!
テーブル席もあるようですが、少し待つとカウンターが空いたようです。

五反田ハイボールバー サニーサイド1923 の続きを読む

山バル @ LIVE&BAR PADMA

 2018-08-03
プロ・ビーラーです.

この日は7月の中旬の連休最終日.
この連休は初日の土曜日に仕事終わりでベース練がありまして.
その時の飲み会で”ヒマならまた山バルやるからおいでよー!しかも中華やるよー!”とのお誘いが.
ちょうど予定もなかったので,ヨメと普段はあまり足を運ばない田端へ向かいました.

山バル

今回のご紹介するのはこちら!”山バル”ですー.

この”山バル”,JR田端駅から徒歩7分の”LIVE&BAR PADMA”で不定期開催されているイヴェント.
LIVE&BAR PADMA
その主は私の趣味でやっているベースの師匠・山さん(山川浩正氏)なんですよ.
なので,お客さんはTHE BOOMのファンの方が多いみたい.

ちなみにこの”LIVE&BAR PADMA”はちょっとわかりにくい場所にあるので,行き方は↓をご参照ください.
行き方
ナビ片手に行くよりもわかりやすいですよ(笑

山バル @ LIVE&BAR PADMA の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫