煮込みや なりた

 2017-06-26
プロ・ビーラーです.

この日は平日の休日.
とりあえず夜からメシ会がありまして.
夕方になり予約の時間までお誘いいただいた達人と合流して,まずは0次会ということに.
ハイボール
軽くハイボールなんかを決めつつって.
まぁ軽くですよ.軽く.
そして予約の時間になったのでお店に行ってみました.

なりた

代々木の路地裏の有名店,”煮込みや なりた”ですー.

こちら,以前から噂には聞いてたけど今まで一度も来れなかったお店.
しかし!今回はこちらのお店の達人が案内してくれるという安心感.
しかし!今回の相手が酒の飲めないヨメとワインが苦手な私で良かったのでしょうか?

煮込みや なりた の続きを読む

(期間限定出店) CRAFT SAKE WEEK @六本木ヒルズ,フランス展@伊勢丹新宿店

 2017-04-22
プロ・ビーラーです.

前日飲みすぎて超絶二日酔いの日曜日.
ホントなら雨予報でしたが,けっこう良い天気になりました.
となると早く酒を追い出してから出かけることにしましょうか.
というのも,この日も各地(各百貨店)で気になるイヴェントが目白押し!
ってなことで,まずは六本木ヒルズに向かいます.
そして到着すると↓のような大混雑っぷりにおののくのでした.

CRAFT SAKE WEEK

CRAFT SAKE WEEK @六本木ヒルズ”ですー.

こちらのイヴェント,一部の(?)ニク好きの間ではけっこう話題になっていたんですよ.
何しろあの”よろにく”が出店,しかも店主のVanneさん,料理長の早川さんが現地に出向いているとのこと.
最近お会いしてなかったので,せっかくなのでご挨拶がてらお料理もいただいちゃいましょう!

(期間限定出店) CRAFT SAKE WEEK @六本木ヒルズ,フランス展@伊勢丹新宿店 の続きを読む

ヒュッテ・エミール 〜お食事編〜

 2017-04-10
ヨメです。

前回は”お部屋編”をお送りした”ヒュッテ・エミール”滞在記。
今回はお待ちかねのお食事編です♪

こちら、オーベルジュなので夕食は本格的なフレンチがいただけるとのこと。
しかもお食事をいただくのは1階の広くステキなラウンジなんです!

ヒュッテ・エミールの食事

H.P.によると内容は・・・

八ヶ岳のこだわりの生産者が育てた野菜や厳選した食材を使い、一皿一皿のボリュームを押さえた多種類の料理が楽しめるメニュー構成です。 食後のデザートは暖炉の前でお楽しみください。


だそう。
しかもこの広いお部屋で3組のみ。
お食事時はホントに贅沢な空間になりますよ。

ちなみにこちらではディナーのみの利用も可能とのことです。
お食事メニュー
↑のようにロビーにメニューが掲げられておりましたが、こちらは要予約なので気になる方はお問い合わせしてみては?

ヒュッテ・エミール 〜お食事編〜 の続きを読む

MASQ (マスク)

 2017-03-31
プロ・ビーラーです.

この日は2連休突入!の土曜日.
仕事だった私は1度着替えてからヨメと銀座に向かいます.
ちょうど私的にはおなじみの”一休.com”で気になるプランが出てたんですよねー.
お初のレストランだったんで,せっかくなのでめかし込んで行ってみることにしました.

銀座駅からテクテクと歩いて行くと↓のような看板が目に入りました.
MASQ看板
はい,今夜はこちらにお邪魔しまーす.

MASQ

銀座4丁目の交差点からもほど近い,”MASQ (マスク)”ですー.

考えてみたら銀座でディナーってのも久しぶり!
もしかしてと思ったら,約1年前に”IDEA”に行って以来のようです.
今回はシーフードとお肉が両方味わえるコース,楽しみです♩

MASQ (マスク) の続きを読む

Angkor Wat(アンコール・ワット)とオールドマーケット観光,Abacus Garden Restaurant & Bar (アバカス ガーデン レストラン&バー)

 2016-01-25
ヨメです。

前日はガラディナーで遅くまで盛り上がってしまいました。
でも元旦のこの日は朝早くに起床、そしていよいよ”アンコール・ワット”に向かいます!
今回は早朝なのでバス移動、そしてその後は徒歩での観光になります。
↓こちらの記念碑はユネスコ世界遺産登録の記念碑です。
記念碑
今回は朝早くの出発ですが、何と!アンコール・ワットで初日の出が見られるんです!
私たちが到着したのは現地時間で6時前、でもすでにたくさんの人が日の出を待ちわびている様子。
朝日1 朝日2
アンコール・ワットのシルエットもうっすらと見えてきましたよ!

そして西塔門から入場すると、そこはすでに何かのフェスの様相でした(笑)
フェス風
さらに待つこと約1時間ほど、ついにアンコール・ワットの右手からお日様が顔を出しました!
初日の出 初日の出2
うーん・・・なかなか幻想的♪
まさかこの異国の地で、しかもこんな素晴らしい眺望で初日の出が拝めるとは!
これだけでも来た甲斐があるし、しっかりと目に焼き付けておきました。

本当ならその後は1度ホテルに戻る予定でしたが、今回はそのまま観光しちゃうことになりました。
と言うことでアンコール・ワットの第1回廊から奥へ進んでいきましょう。
第1回廊
第1回廊にはインド古代の叙事詩の描かれた壁画がずらり!

さらに進み、4つの池を囲む十字回廊には↓のような仏像もあります。
仏像
せっかくなので私たちも初詣としてお参りしちゃいました。
さらにこちらには江戸時代、”祇園精舎”と勘違いして訪れた日本人・森本右近太夫の記した書があるのですが・・・上から墨が塗られてるんです。
十字回廊
とは言え江戸時代にこの遺跡に訪れた日本人がいたっていうのも驚きですね。
さらに写真はありませんが、”エコーの間”と呼ばれる部屋では壁を背にして胸を叩くと”ボーン・・・”とエコーがかかるんです。
これは面白いので実際に体験していただきたいですね!

しかし、もともとカンボジアは内戦の歴史があり、ポル・ポト政権下の時代に首の切られた仏像なども多数あります。
首の切られた仏像
美しい遺跡でもこんな悲しい歴史も垣間見えてきます。

さらに第1回廊を進むと↓のような壁画がありますよ。
創建者スーリヤバルマン2世の行軍 天国と地獄
こちらは数ある壁画の中でも印象に残った”創建者スーリヤバルマン2世の行軍”と”天国と地獄”。
これだけの壁画の中でも当時の国王、スーリヤバルマン2世が王座に座る姿で描かれてる姿はここでしか登場しないのだそう。

そして↓こちらは有名な”乳海攪拌”のある回廊です。
第1回廊,乳海攪拌
回廊は基本的に一方通行になってるようなので、この写真は見学後に撮ったものです。
中には↓のような壮大な壁画が描かれてます。
乳海攪拌 乳海攪拌2
”乳海攪拌”とは神々と阿修羅たちが不老不死の薬”アムリタ”を作り出すために、大蛇を綱代わりにして海をかき混ぜるというヒンドゥー教の天地創造のお話だそうです。

本当ならさらに↓の第3回廊の中央塔に登る予定だったのですが・・・
第3回廊
この日は初日の出が拝めたせいか、すでにそこには大行列が(汗)
このまま待っても1〜1時間半ほどかかるとのことなのであきらめました。

そしてそのままホテルへ戻ろうと西塔門方面へ歩いていると、↓のようにお猿さんも顔を出してくれました。
猿
バリのウルワツ寺院にいる猿とは違い、襲われたりはしないようです。
ひとまずこの辺で一度ホテルに戻りましょう。



ホテルに戻り朝食をいただいた後は、希望者を募りオールドマーケットへ行ってみることに。
町中1 町中2 町中3
このエリアはホテルから約10分ほど、地元の方々の生活用品や食品、そして観光客向けのお土産屋さんなどが並んでます。
その町中には↓のような通りもありました。
パブストリート パブストリート2
こちらは”パブ・ストリート”.文字通りパブが並んでますが,お昼から開いているお店も多いようです。
最終日の午後にはフリータイムがあるので、主人はその時来てみたいお店の目星を付けていたみたい(笑)

さらに私が目を付けていたお土産屋さんに寄ってみましょう。
せっけん屋さん せっけん屋さん2
この”Senteurs d'Angkor (セントゥールドアンコール)”はアロマオイルや石けん、雑貨、スパイスなどのお土産がありますが、なかなかセンス良いモノが多いですよ。
石けんなど同じものは空港などにも売ってましたが、やはりこちらの方が割安でした。

さらにその後は”Angkor Cookie (マダムサチコ・アンコールクッキー)”へ移動。
アンコールクッキー" 顔ハメ看板
こちらはアンコール・ワット観光での定番お土産店、日本人が経営し現地の方に雇用の場を提供しているお店だそうです。
しかも店頭には↑のような顔ハメ看板もあるので、マニアの方はぜひ!(笑)



さて朝食も遅かったのですが、そろそろランチタイム。
またみんなでバスで移動して到着したのはこんなレストランでした。

アバカス ガーデン

Abacus Garden Restaurant & Bar (アバカス ガーデン レストラン&バー)”です!

こちらは入り口近辺には緑が豊富なキレイなレストランですね。
正直、まだあまりお腹は空いていないけど・・・ひとまず行ってみましょう!

Angkor Wat(アンコール・ワット)とオールドマーケット観光,Abacus Garden Restaurant & Bar (アバカス ガーデン レストラン&バー) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫