FC2ブログ

駅前囲酒屋 狼煙(のろし)

 2020-04-23
(注)この金沢旅行記は非常事態宣言,外出自粛要請前のハナシです.

ヨメです。

”21世紀美術館”から”兼六園”、”金沢城”と歩き回った私たち。
気付けばもう夕食の時間です。
またこの日も主人のお知り合いのお友だちのお店に行くことにしていたんですが・・・事前にいただいた情報だと19時オープンのはずが開いていないんですよ。
しかもお店に電話をしても通じない(汗)
そこでこちらのお店は諦めて、別の気になっていたお店に電話してみると何とか入れるみたい。
さっそくタクシーでお店まで向かうことにしました。

狼煙

駅前囲酒屋 狼煙”です

こちらも金沢駅近くの路地裏にある有名な居酒屋。
実はこちらのお姉さんも絶賛していたお店だったんです。
お店に入ってみると私たちの席以外はほぼ満席でした。

駅前囲酒屋 狼煙(のろし) の続きを読む

にしかね

 2020-04-20
(注)この金沢旅行記は非常事態宣言,外出自粛要請前のハナシです.

プロ・ビーラーです.

昨晩もけっこう飲んで食っちゃったので、ホテルに帰りお風呂に入った後はそのまま爆睡しちゃいまして.
10時近くに起床すると,昨晩飲みに行った”満月喫茶”の青さんからメッセージが.
”ランチでもいかがですか?”ということで,せっかくなのでご一緒させていただきましょうか.
ちょうど正午頃にクルマで青さんがホテルに到着,その後は青さんのアテンドでオススメというお店に行くことにしました.
金沢駅前から出発して走ること約15分ほどで目的地に到着したようです.

にしかね

金沢駅からちょっと町外れの”にしかね”ですー.

入り口脇には↓のランチメニューが.
外メニュー
日替わり630円,一番高いうな重でも980円はなかなかのコスパですね!

ちなみにこちらのお店は金沢駅からもけっこう走りましたが,最寄りの西金沢駅からも歩くとボチボチ距離があるようで.
なので駐車場もありますが,12時過ぎのランチ時だったためか満車.
店内も満席のようなので,約20分ほど待ち入店となりました.

にしかね の続きを読む

坂や

 2020-04-14
プロ・ビーラーです.

こちらのピザをいただいた後,ちょっとかむろ坂方面へ.
ちょうど桜もほぼ満開の時期だったので,通りには桜のトンネルが出来上がっておりました.
桜
ま,このご時世なのでパパッと見て,写真を撮って,そのまま坂の上の方まで行ってみましょう.
このかむろ坂上にはちょっと気になっていたお店があったんですよ.
せっかくなのでそちらにも寄り道してみましょうか.

坂や

かむろ坂沿いの立ち飲み屋さん,”坂や”ですー.

こちら,もともと酒屋だったお店がリニューアルする際に立ち飲みに鞍替えしたんだそう.
お店はガラス張りなので丸見えですが,みなさん気にせず飲んでますよ.
我々もちょいとお邪魔させてもらいましょう.

坂や の続きを読む

FuGuBuTaSaKaBa (ふぐぶた酒場)

 2020-03-22
ヨメです。

ちょっと私の仕事が遅くなっちゃった日の夜.
すでに帰宅していた主人と夕食をどうしようか相談してたところ、ちょうど近所にまた見慣れない看板を発見しました。
そのことを伝えると”ぜひ行ってみよう!”と主人も即決。
お店に電話するとすぐに入れるそうなので、さっそく行ってみましょう。

ふぐぶた酒場

FuGuBuTaSaKaBa (ふぐぶた酒場)”です

こちらは以前行ってみた”串揚げキッチン だん 中目黒店”の1階にあるお店。
どうやら昨年夏に出来ていたようですが、奥まっているせいか気付かなかったみたいです。
こんなに目立ちそうな大きな提灯があったんですけどね(笑)

FuGuBuTaSaKaBa (ふぐぶた酒場) の続きを読む

海鮮茶屋 魚國 (うおくに)

 2019-12-22
ヨメです。

12月上旬の週末、この日はもともとお出かけする予定が入ってたんです。
でも・・・まだ骨折した主人の足は治らず、松葉杖でタクシーか私の運転でのお出かけになっちゃうんですよ。
でも・・・ぜひ主人が湯治がてら予定通りにスケジュールをこなしたい!ということで、まず松葉杖を撞きながら新幹線で小田原へ向かいます。
そして今回も以前行ったお宿に宿泊するためにバスで移動しましょう。
その前に少しお腹を満たしましょ!ということで、以前から目星を付けていたお店に行ってみることにしました。
そのお店は小田原駅直結のラスカ内にあります。

魚國

海鮮茶屋 魚國 (うおくに)”です!

こちらは元々は錦通りにあるお魚屋さんの”魚國”の直営店。
たまたま見ていたテレビでこのお店が紹介されていたのを主人がチェックしていたんです。
小田原駅に着いたのは15時半過ぎ、さすがにお店は空いておりました。

海鮮茶屋 魚國 (うおくに) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫