扉温泉 明神館 〜番外編:三九郎〜

 2017-02-13
ヨメです。

1月初旬の”扉温泉 明神館”シリーズも今回で終わりになります.
夕食をいただいた後にどうやら希望者を募りこの日だけのツアーがあるそうです。
参加はもちろん無料!ってことで私たちも参加することにしました。
そのイベントですが、お宿からそれほど遠くない所にある”徳運寺”の三九郎を見に行って来ました!

三九郎案内

三九郎とは松本地域でのどんど焼き、具体的には三角錐型に積み上げたしめ縄や松飾り、だるまなどを燃やし無病息災を願う火祭りです。
毎年,お正月の第二日曜日の午後8時に三九郎に点火するとのことで、バスツアーではその点火に合わせて移動します。
徳運寺入り口
予定時刻に集合してバスは雪道の中、徳運寺に到着しました。
寒い雪道ですが私たちも登っていきましょう!

扉温泉 明神館 〜番外編:三九郎〜 の続きを読む

神戸南京町 皇蘭(こうらん) と 北野異人館観光,神戸港クルーズと神戸ポートタワー

 2016-09-26
プロ・ビーラーです.
今回はちょっと盛り沢山な神戸観光もあるので,写真多めなのをご了承ください.

前日は極上ステーキを堪能しましたが,宣言通りに翌日はベタな観光をしちゃえ!ということになっておりまして.
まずは”シティー・ループ”という周遊バスの1日乗車券を買い,向かった先は北野異人館方面.
そしてバスを降りて急な坂道を上って着いたのは”うろこの家”.
うろこの家入り口
こちらで”5館ハッピーパス”なるチケットを購入,この順路通りに巡ることにしました.

まず”うろこの家(旧ハリヤー邸)”に入ってみましょう.
うろこの家
うん,外観はやはりうろこってます(笑

さらに前庭には”カリドンの猪(愛称 ポルチェリーノ)”という銅像が.
イノシシ
この猪の鼻をなでると幸運に恵まれるとの言い伝えがあるそうなので,我々もしっかりビーッと鼻をなで回し(笑
中へ入るとマイセンやロイヤル・コペンハーゲンの食器,エミール・ガレのガラス工芸品などが飾られておりまして.
ガレ 食器
そして2階へ上がるとこんなステキな眺望が!
眺望
今でこそ大きなビルが増えましたが,当時はホントにキレイに海が望めたんでしょうね−.

さらに見下ろすとキレイに整えられた前庭が見えます.
庭
そんな眺望が楽しめるサンルームも魅力的♪
サンルーム
こんなお部屋がある家に住んでみたいなんて,,,ぜったいムリだろうなぁ(ため息

気を取り直して次に行ってみましょうか.
お次は”山手八番館”.こちらで有名なのはこの”サターンの椅子”.
椅子
向かって女性は右,男性は左に座ると願いが叶うとの言い伝えがあるそうで.
もちろんヨメと座っておきました(笑
さらにロダン作の彫刻も置いてありますよ.
ロダン
しかし,当時の外国人ってホントに資産家が多かったんですねー.

そして次に向かったのは”北野外国人倶楽部”です.
外国人倶楽部
こちらではレンタルドレスなんてのもやってるようですが,ちょうどこの日も小学生くらいのお嬢さんがドレスに着替え写真撮影中.
その隣には↓のような馬車置き場がありました.
馬車置き場
やはりこの辺は急坂が多いし,明治時代となると馬車を利用していたんですねー.

そしてお次は中国領事館として使われていた”坂の上の異人館”.
こちらの門を入るとこんな狛犬が.
狛犬
この狛犬の間を抜けると”愛情に恵まれて邪気を祓ってくれる”そうです.
さらに入り口には亀が鎮座しておりました.
亀
室内は中国のアンティークなど,オリエンタルな雰囲気.
とりあえずうろこ系5館はコレで見終わったので,またバスに乗って今度は南京町方面へ行ってみることにしましょうか.



南京町
南京町はランチ時が終わった後なのでそれほど混んでないかな?なんて思っていたけど,こちらに来ると大間違いなのがわかりました.
南京町2
↑この左手のDGRは豚まんの有名店”老祥記(ろうしょうき)”の行列.
ちょっと暑さでバテてたしお腹も空いてたんで,この行列はスルー.
そしてバスの中で目星を付けていたお店に行ってみることにしました.

皇蘭

神戸南京町 皇蘭(こうらん)”ですー.

こちらは幸いにも混雑はナシ.
お店の裏手には↓のようなテイクアウトのお店もありまして.
店構え
こちらで豚まんを購入して練り歩くにはあまりにも暑すぎたんで,店内でいただくことにしました.

神戸南京町 皇蘭(こうらん) と 北野異人館観光,神戸港クルーズと神戸ポートタワー の続きを読む

ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道 〜アクティビティ編(星空鑑賞とプライベートビーチ)〜

 2016-09-10
ヨメです。

ベラビスタ宿泊記、”鮨 双忘”でのディナーも終えてその後はお風呂に入ったりしつつお部屋でのんびり。
でも夜は夜で気になったアクティビティがあったのです。
と言うのもホテル内を散策していたら、”ザ・ロビー”前にこんな望遠鏡が飾ってあったんです。
望遠鏡
ちょうど私たちが宿泊していた時期、こんなステキな星を見る会が開催されてました!

星を見る会

ザ・スターテラス”と呼ばれるこれには主人も興味津々。
しかもプール前では夕方からスタッフの方が望遠鏡をセッティング中。
望遠鏡設置中
こちらは特に予約はいらないとのことなので、夕食後にま私たちも足を運んでみました。
夜のエレテギア
↑夜の”エレテギア”もキレイですが、ちょうどこの頃は満月の時期。
肉眼ではお月様は↓のように見えたのですが・・・
肉眼での月
望遠鏡越しに見るとこんなに明るくキレイに見えました♪
月
さすがにこれだけ月が明るかったので天の川は見えませんでした。
でも他の望遠鏡をのぞくと、そこに見えたのは土星!
土星
私も初めて見たのですが、小さいながらもちゃんと輪っかが見えるんです!
コレには主人も感動して,頑張って望遠鏡越しに写真を撮っておりました。
スタッフの方も望遠鏡越しにこんなキレイに写真が撮れたのをビックリしておりました(笑)

ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道 〜アクティビティ編(星空鑑賞とプライベートビーチ)〜 の続きを読む

せとうちSEAPLANES

 2016-09-09
プロ・ビーラーです.

今回楽しんでいるベラビスタ,残念ながら朝食後は早めにチェックアウト(泣
でも荷物をフロントに預け,そのままアクティビティに向かいます.
施設編”でも予告したとおり,この日は水上飛行機を予約しておりまして♪
福山駅からホテルまでの送迎車でこの遊覧飛行の話を聞いて,チェックインの時にそのまま翌日の朝イチの便をお願いしたという寸法デス.

予約の時間になり,まずはホテルの送迎車でマリーナに向かいます.
そしてマリーナ内には↓こんな受付がお目見えしました.

せとうちSEAPLANES

せとうちSEAPLANES”ですー!

こちら,約半世紀ぶりに運行される水陸両用機での遊覧飛行が楽しめるんですよー♪
今回は行けなかった尾道やしまなみ海道を空から眺めるなんて滅多に出来ませんから!
お値段9月30日まで割引とはいえ大人1人24000円とけっこうするけど,良い経験と言い聞かせさっそくチェックインです(10月1日以降は32000円になります).

まず受付で予約の確認と体重測定をし,ラウンジに通されます.
ん?体重測定?
と思う方も多いかもしれませんが,セスナ機などはバランスを取るために体重や荷物の重量が重要とのことです.
なので大きな荷物などもこちらで預けることになります.

ラウンジはまだ新しいせいかなかなかキレイ.
ラウンジ1 ラウンジ2
目の前はマリーナ,そして左奥の円形の建物が飛行機の格納庫だそう.
ラウンジ眺望
ラウンジ内にはドリンクコーナーなどもありまして.
ラウンジのドリンク
こちらを利用する人はすべて無料でいただけちゃいます.
ラウンジのドリンク2 ラウンジのドリンク3
ってことで,私はフライト前の麦酒などを(笑
麦酒
こちらはドリンクコーナー向かいにあるお土産コーナー.
お土産 お土産2 お土産3
左の写真真ん中にあるオリジナルパッケージの”サクマドロップス”,なかなかカワイイパッケージですが残念ながら非売品だそうです.

さて,いよいよフライトの時間になりました.
チケット
チケットもいただき,いよいよ出発です!

せとうちSEAPLANES の続きを読む

よしが浦温泉 ランプの宿 〜周辺編〜

 2016-08-20
プロ・ビーラーです.

今回の能登旅行・ランプの宿編はこの日記で終了となります.
最後は宿周辺と復路の観光編をお送りいたしましょう.

2日目の朝はなかなかの好天.
前日は曇り空でしたが,この日は↓のように青い空が拡がりました.

眺望

ちなみに1日目の眺望は↓こんな感じでした.
ランプの宿
何かどんよりしている方がいかにも日本海って雰囲気なのは気のせいでしょうか?(笑

この宿の周辺は”聖地の岬”と呼ばれ,パワースポットとしても有名な場所.
まず駐車場にクルマを駐めると目の前には↓の自然環境保護センターがあります.
自然環境保護センター
こちらにはお土産屋さんや展望台などの入場券,さらにクルーズの予約が出来ます.
ちなみに料金は,,,

空中展望台 大人(中・高)500円 小人100円
青の洞窟 大人(中・高)1200円 小人100円
展望台&洞窟割引チケット 大人(中・高)1500円 小人200円


とちょっと強気ですが,宿泊客は無料の優待券がいただけますよ.
案内図
↑この案内図は宿や周辺の観光案内が出てますが,パワースポットをアピールしているのがわかりますね.
そのせいか,宿泊客だけでなく観光客もなかなか多いです.
ひとまずこの中から”青の洞窟”に行ってみましょう.

よしが浦温泉 ランプの宿 〜周辺編〜 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫