松本カフェ巡り 最終目 〜松本5ホルンと市内観光〜

 2017-10-08
ヨメです。

”扉温泉 明神館”から送迎バスで松本駅まで戻った後は、荷物をコインロッカーに預け、また市内を歩いてみましょう。
その時松本パルコ方面に行ってみたんですが、ちょうど上高地で宿泊した”上高地五千尺ホテル”内の”5ホルン”の支店がこちらにあったんです。
何気なくメニューを見ると、あの松本感動メロンのケーキがあるじゃないですか!
それはいただいておかないと!ということで、まずはこちらに寄り道です。

お店の写真はありませんが、”5ホルン 松本パルコ店”です!

こちらでの狙いはもちろん松本感動メロンのショートケーキです!
ケーキセット ケーキ
これは季節、個数とも限定なのですが、この日は問題なくオーダー出来ました♪
さすがに松本メロンゼリーよりはメロンのカットが薄切りになりますが、この甘さはやはり感動ですね!
コーヒー
合わせるドリンク、私は紅茶ですが、主人もちょっと手を伸ばしつつコーヒーをいただいておりました.

ケーキをいただいた後はまだ行っていないスポットに行ってみましょう.

松本カフェ巡り 最終目 〜松本5ホルンと市内観光〜 の続きを読む

松本カフェ巡り 2日目 〜蔵シック館,開運堂〜

 2017-10-03
ヨメです。

松本2日目、お蕎麦を2軒はしごしてすっかりお腹もいっぱいになりました。
でも私にはまだカフェの宿題店が残ってたんです(笑)
実は前日にも主人とお店の前を通りかかったんですが、こちらのお店はちょうど行列になってたんですよ。
なので2日目に訪問することになりました。

蔵シック館

中町通りの有名店、”蔵シック館”です!

この蔵シック館はH.P.によると

中町に隣接する宮村町にあった造り酒屋「大禮酒造」の母屋・土蔵・離れの三棟を現地に移築し、平成8年10月に開館した。


のだそうです。
外看板
この土蔵は喫茶として使っていますが、↑の写真の看板奥の母屋はレンタルスペースとして利用出来るんだそうです。
さて、まだこの日は空いているみたいなので早速入りましょう!

お店に入るとやはり木造の落ち着いた空間が拡がります。
店内1 店内2
壁に掛けられた絵もどこか懐かしい雰囲気です。
絵
やはり蔵造りのお店は天井が高くて気持ちよいですね♪
天井
外にはこんなお庭もあります。
お庭
メニューの写真は主人が撮り忘れちゃったんですが、こちらに載ってます。

ちょうど私たちが入店したタイミングでお店が混んだせいか、ちょっと時間がかかりましたが、私のオーダーした緑茶と和菓子セットが提供されました。
お茶セット お菓子
お蕎麦を2枚いただいた後ですがお菓子は別腹にしっかり納められました(笑)
主人はコーヒーだけをいただくみたい。
珈琲
ちょっとこちらでのんびりして、その後はまたホテル方面に戻りましょう。

松本カフェ巡り 2日目 〜蔵シック館,開運堂〜 の続きを読む

松本カフェ巡り 1日目 〜珈琲 まるも,竹風堂〜

 2017-09-29
ヨメです。

こちらでお蕎麦をいただいた後、もう一度縄手通り方面に戻ります。
この縄手通りは”縄のように長い土手”ということから名付けられたそうです。
この通りにはマスコットのカエルがいろんな所におりますよ。
カエル
この通りを少し歩き、到着したのは四柱神社です。
四柱神社
天気も良く・・・というよりもすっかり真夏の空ですね!
せっかくなのでこちらにお参りした後は、主人の希望もあり”松本市時計博物館”に行ってみましょう。
時計博物館
こちらではたくさんの壁掛け時計などの古時計が出来る限り動いている状態で展示しているそうです。
さらにSP盤の蓄音機もあり、時間によってその視聴会もあります。
私たちもタイミング良くその音色を聴くことが出来ました♩
なんかホッとする優しい音でしたよ。

その後は中町通り方面に戻ることになりましたが、その途中で私の気になる喫茶店があったのです。
ひとまずこちらに寄り道してみましょう。
 
喫茶まるも

川沿いの有名な喫茶店、”珈琲 まるも”です!

民芸家具やアンティークが並ぶ店内は懐かしくホッとする空間です。
店内2 店内1
私たちはお店の真ん中のオーディオの前の席に通されました。
オーディオ
ここにはクラシックのCDやLPが並んでます。
でも店内に流れていた音楽はiPodで再生しているみたい。

ひとまずお蕎麦をいただいた後だったので、こちらではスイーツはいただかずに私はジュース、主人はコーヒーをいただきましょう。
ジュース 珈琲
主人いわく、このコーヒーがなかなか美味しい!とのことです。
ひとまず休憩した後はまた外に出てみましょう。

この”喫茶 まるも”の奥には”旅館 まるも”があります。
宿
こちらのお宿は松本民芸家具の創立者・池田三四郎氏により1956(昭和31)年に建てられたんだそうです。
なので民芸家具のファンからは憧れのお宿と言われている、いわば聖地のような場所なんです。
しかも外国からの観光客の宿泊も多いそうです。
こちらは宿泊費もそれほど高くはないので、いつかは泊まってみましょうか?

さて、お次はまた中町通り方面に行ってみましょう。

松本カフェ巡り 1日目 〜珈琲 まるも,竹風堂〜 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その4(岳沢湿原)〜

 2017-09-21
プロ・ビーラーです.

今回の日記で上高地編は終了.
最後はまた散策編をお送りいたしましょう.

この上高地五千尺ホテルには上高地で唯一の常駐ガイド・ナショナルパークガイドがおりまして.
H.P.によると,

上高地に生息する動植物や、ありのままの自然をゆったりと、より身近に感じていただけるようわかりやすくガイドしています。
“見るだけの上高地” から “触れて感じる上高地”へ。
上高地で過ごす皆様のお手伝いをさせて頂きます。


とのこと.
ツアーは早朝の河童橋周辺散策から日中のツアー,さらに夜の暗闇ツアーというのもありますが,我々もこの夜のツアーを申し込みました.
アクティビティ
この日はちょうど散策に出る直前に天気が崩れたんですが,ホテルに↓のようなポンチョなどもあるので,しっかりお借りしました.
岳沢湿原1
ただ,その後は幸いにも雨にはあたらずに済みましたが,ちょっと雲が多かったのであまり星空が見えなかったのは残念.
しかもこの暗闇ツアー,ガイドさんの懐中電灯のみを頼りに自然の静寂や月明かりなどを楽しむというツアーなので,途中の写真などは真っ暗なので一切ナシ.
ただ,五感を研ぎ澄ませて暗闇を歩くというのも新鮮だし,雲の切れ目から見える星もキレイだったなー♩
また途中のポイントで上高地の木々の説明などもあり,日中のツアーとセットで来るとより理解が深まるかもしれません.

ということで,せっかくだから次の日の朝食後に同じルートを辿ってみましょう.
今回もスタート地点は河童橋.
岳沢湿原7
まずはホテル白樺荘の横の道をどんどん進みます.
そして奥に進むと↓のような木製の通路が出てきます.
岳沢湿原2
ガイドさんいわく,この2本ある通路は向かって左側は木がせり出す部分が多いので右側の方が歩きやすいそうです。

そして歩くこと約10分ほどで岳沢湿原に到着です.
岳沢湿原3 岳沢湿原4
さすがに前夜は真っ暗闇だったのですが,こんな湿原が拡がってたんですね!
時折,鴨が羽ばたく音も聞こえましたが,この日はのんびりと浮かんでおりました.

さてホテルに戻りましょう.
昨晩も戻る際にこのアカマツの説明を受けましたが,実際に明るいところで見ると他の木に比べホントに赤い.
岳沢湿原5
しかもけっこうな大きさだったんですな.

その後は天気も良くなり,↓のようなキレイな景色が楽しめました♪
岳沢湿原6
そしてホテルに戻り,チェックアウトの時間に合わせて荷物をまとめましょう.

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その4(岳沢湿原)〜 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その3(河童橋〜明神池)〜

 2017-09-16
ヨメです。

今回は上高地五千尺ホテルにチェックインした後、2日目の散策編をお送りいたします。
2日目はまず午前中に歩いた上高地帝国ホテルから大正池までのルートをお伝えしましたが、午後は河童橋から明神池を目指してみることにしましょう。

まず↓こちらはスタートラインの河童橋です。
明神池散策,河童橋
明神池までは梓川をはさんで左ルートと右ルートがあります。
左ルートは片道約60分、右ルートは約70分と若干時間がかかるようなので、今回は左ルートを歩くことにしました。
明神池散策2
歩き出すとテントサイトがありますが、その後はひたすら山道を歩きます。
やはり途中で野生の猿が出没したりもしますが、それほど高低差はありません。

途中の写真はあまり撮らなかったのですが、約1時間ほど歩くと明神池近くの”明神館”に到着しました。
明神池散策3 明神池散策18
こちらはその旅館前にある石碑、奥には明神岳が見えますよ。
この写真を見ての通り、私は比較的軽装で散策しましたが、さらに奥の徳沢や横尾に行かれる方などは本格的な装備で休憩しておりました。

さらに奥に進むと梓川に架かる明神橋が見えてきました。
明神池散策4 明神池散策16
この明神橋からの眺めもキレイですね♩
明神池散策5 明神池散策6
さすがにここまで歩くと河童橋のような混雑はありません。
明神池散策7
そして橋を渡ると↓のような案内が見えてきました。
明神池散策8
そしてたどり着いたのは穂高神社奥宮です。
明神池散策9
明神池はこの穂高神社にあるので、池を眺めるには拝観料300円が必要になりますよ。
明神池散策13 明神池散策14
池に行く前に神社にもお参りしておきましょう。
明神池散策10
そして↓こちらが明神池です。
明神池散策11 明神池散策12
明神池は一之池と二之池に分かれますが、どちらもキレイな水質なので鏡のように景色が映るのが美しいですね。
ちなみにこちらでは毎年10月8日に御船神事が開催されるそうです。

さらに神社の入り口付近には上條嘉門次という方の石碑がありました。
明神池散策15
この方は明神池畔に嘉門次小屋を建て、猟師や山案内をしていたそうです。

さて、後は来た道を戻りましょう!
明神池散策17 明神池散策19
ここからは約3km、一度来た道なので帰りの方が比較的気楽でした。
ホテルに戻るとお楽しみのディナータイム♪
今回はまたフレンチとのこと、楽しみです☆

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫