伊香保温泉観光

 2018-04-13
ヨメです。

こちらのうどんを堪能した後はバスで移動します。
ちょうどバス停もお土産を買った”大澤屋”の目の前の通りにあるので利便性も良かったですよ。
そしてバスに揺られること約10分ほどで石段下まで到着しました。
石段下
バスを降りるとホントに石段の一番下に来るので、みなさんココで記念撮影をしたり、流れる温泉に手を入れてみたり。

↓この観光案内を見ても石段街がメインになってるようですね。
伊香保案内
どうやらこの石段は365段だそう!
石段案内
さっそく登っていきましょう。

下から登っていく途中に右側に入ると”ハワイ王国公使別邸”があります。
公邸 公邸説明
中の見学はしませんでしたが、外には↓のようなキレイな日本庭園もあります。
公邸庭園
ちょうど雪が積もってキレイですね!

さらに近くには”伊香保関所”があります。
関所
思いっきり顔ハメパネルが目立ってますね(笑)
関所説明 関所入り口
さて、また石段に戻りましょう。
再び石段を登っていく途中、↓のようなモノがありました。
ダック
なぜかオモチャのダックが並べられてるんですよ!
その理由は・・・もう少し登ったところで種明かしがありました。

そして日帰り温泉の”石段の湯”を過ぎると・・・
石段の湯
だんだんとお店が増えてきました。
温泉まんじゅうを売っているお店もあるけど、ここは夕食に向けて我慢しましょう。
石段街
途中、また脇道に入ると”伊香保演芸場”があったけど、この日は閉館してました。
演芸場
そして石段の途中に↓のようなお店を発見!
なつかしや
こちらは”なつかし横丁”、ドリンクなどもいただけるうえに射的や輪投げなどがあります。
メニュー ハイボール
主人はココでハイボールをいただいて少し休憩。
私は童心に返り遊んじゃいました♪
射的 輪投げ
どうやらその射的などの景品に先ほどのダックがあったんですね。
先ほどのダックは持ち帰らずに並べられていたようです。

少し遊んだあとはまた石段を登っていきましょう。
石段の途中には与謝野晶子さんの詩が彫られた所もあります。
石段の句
そして”岸権(きしごん)旅館”の入り口脇には足湯もありました。
足湯
やはりこの天気だったので人気ですね!

そして↓の源泉入り口を過ぎると石段のゴールも近くなります。
温泉街入り口 神社の石段
今回のゴール地点は”伊香保神社”、私たちもお参りしてきました。
神社
のんびりと石段街を登っていたので、気付けばもうチェックインの時間になりました。
その後はこの日のお宿に向かいましょう。
今回のお宿はこの石段街からも近い旅館です。
その模様は次回からお伝えいたしまーす☆

QUOD @オックスフォード

 2018-02-20
プロ・ビーラーです.

サウサンプトンに到着後,バスで一路オックスフォードに向かいます.
こちらは帰国前最後の観光.
バスは予定通り11時ころにオックスフォードに到着しました.

バスを降りた後,まずは”クライストチャーチ・カレッジ”に向かうことになりまして.
ちなみにオックスフォード大学は専門学科ごとに独立した39のカレッジからなる総称で,そのうちの1つがクライスト・チャーチカレッジなんだそう.
オックスフォード1
冬なのに芝生の緑がキレイですね.
しかもこの日は抜けるような晴天!
オックスフォード2
↓中に入るとこんな階段がありまして.
オックスフォード3
この階段,実は映画”ハリー・ポッター”でも使われていた場所なんだそう.
なのでハリー・ポッターファン垂涎の場所のようです.

お次に見学したのは”グレートホール”.学生や教授などが今でも利用している食堂だそうです.
オックスフォード4
こちらも映画”ハリー・ポッター”の撮影で使われたダイニングホール.
ちょうどこの日もランチの予定があったようで,テーブルセットが準備されておりました.
オックスフォード5 オックスフォード6
ちなみにこちらにはめ込んであるステンドグラスには”不思議の国のアリス”のモデルになった女の子と登場人物も描かれているんだそうですが,,,
オックスフォード7
説明を聞き逃した私はどれだか分かりませんでした.

外に出るとこんな広くキレイな中庭が.
オックスフォード8
残念ながらこちらは学生以外立ち入り禁止みたい.

さて,クライストチャーチを出て,次の観光場所に向かいましょう.
途中,”マートン・ストリート”には↓のような石畳の道が残っておりまして.
オックスフォード9
なかなかキレイな通りだったので,我々も1枚記念撮影しておきました.

さらに裏道から”ハイ・ストリート”を突っ切り,”セント・メアリー教会”を抜けると”Radcliffe Camera(ラドクリフカメラ)”が見えてきました.
オックスフォード10
こちらは1749年に建てられた図書館,内部の見学はツアー以外では出来ないみたい.
ちなみにこのCameraとはラテン語で”丸天井の部屋”という意味とのこと.
なるほど,確かに外観だけでなくてっぺんも丸いですね.

もう少し進むと何やら見たことのあるような建物をつなぐ橋が見えてきました.
こちらは”Bridge of Sighs”,ハートフォード・カレッジの建物を結ぶ橋だそう.
オックスフォード11
コレ,ヴェネチアの”ため息橋”に似ていることからこう呼ばれているんですって.

そして奥に進み”ボドリアン図書館”に到着しました.
オックスフォード14
こちらはオックスフォード大学の図書検索機関で,イギリスで出版された本が全て収蔵されている,日本で言うと国会図書館のような施設です.
オックスフォード12
こちらは予約すると専属ガイドの解説付きで入ることも出来ます.
説明はもちろん英語ですが.

このツアー,小グループで案内されるのですが,まず通されるのはこちらのお部屋.
オックスフォード13
ココは15世紀に神学を教え,さらにディベートなどの試験が行われた場所とのこと.
ちなみにこちらもハリー・ポッターの映画で使われていた場所だそうです.

その後,ハンフリー公爵図書館の見学に行きましたが,こちらは撮影禁止.
でも歴史的な書庫や蔵書が並んでいる様はなかなか壮観です.

さて,ボドリアン図書館の見学も終え,そろそろランチに行くようですよ.
ランチ会場は先ほどのハイ・ストリート沿いにあるホテル・”OLD BANK HOTEL”の1階のレストランです.

QUOD

QUOD”ですー.

お店の前には↓のような自転車が置いてありました.
チャリ
コレはホテルの宿泊者用の自転車なのかな?
この辺りはクルマの乗り入れが制限されているようなので,このような自転車があると便利かもしれませんね.

そしてお店の前にはメニューが.
店外メニュー
グリルやピザ,プディングなどのメニューが並んでます.
ひとまずツアーのみなさんと入店しましょう.

QUOD @オックスフォード の続きを読む

Queen Victoria (クイーン・ヴィクトリア) 〜下船編〜

 2018-02-18
プロ・ビーラーです.

楽しかった5泊6日のクルーズもいよいよ最終日.
最後のディナーも堪能しましたが,船内各所ではラストパーティの準備が進んでおりました.
ラストパーティ1
↑こちらは”クイーンズ・ルーム”の様子.
やはり風船が降ってくるようですね(笑

朝7時にはサウサンプトンに入港する予定なので,ディナー後はまず荷物のパッキングを急ぎます.
そしてそれが終わるといよいよパーティの始まりです!
ラストパーティ2
みなさん最終日ということもあり盛り上がってましたよー♪
もちろんこの後,風船も降ってきました(笑
その後は我々もこちらや”ザ・ヨットクラブ”で飲んで踊って楽しんじゃいました.

しかしこの日の夜,海は大荒れ.
けっこう船も揺れ,朝起きるとテーブルの荷物が落ちていたりしましたが,無事サウサンプトンに入港しました.
航路
ちなみに下船するターミナルは乗船の時とは違う場所のようです.

下船もクラスごとに分かれてになるので,我々もデッキ9の”ウィンター・ガーデン”で下船指示を待ちます.
そして8時20分ころ,後ろ髪を引かれながら下船となります.
案内 到着
そして↓は下船ターミナル.
到着ロビー
ココで荷物を確認,そしてバスに乗り込みオックスフォードに向かいます.
ターミナル バスからの眺め
最後に停泊するQueen Victoria号にご挨拶.
オックスフォードの観光後はいよいよ帰国となります(泣
その前に次回はオックスフォード観光とランチ編をお送りいたしまーす☆

Queen Victoria (クイーン・ヴィクトリア) 〜シェルブール観光 その1編〜

 2018-02-16
プロ・ビーラーです.

アムステルダムを出港して1月1日は終日航海.
そして2日朝にはフランス・シェルブールに入港しました.
接岸中1 接岸中2
↑は接岸するところ.右の写真では何やらボーディング・ブリッジのようなモノも見えますが,こちらは使わずに↓からの下船になります.
下船場所 接岸後
その後はこのままシェルブールの町中の観光に行きましょう.
ホントなら第二次大戦時の1944年のシェルブール解放の様子を今に伝え,ノルマンディ上陸作戦の記録が残る”リベラシオン博物館(Musee de la Liberation)”に行く予定だったのですが,こちらも予定変更.
接岸ポートの目の前にある”シェルブール海洋博物館(La Cité de la Mer)”へ行くことになりまして.

↓こちらがそのシェルブール海洋博物館の入り口です.
海洋博物館
エントランスロビーには様々な潜水艦が展示してあります.
ロビー 潜水艦 潜水艦2
なんかコレでちゃんと海に潜っていたってのもスゴい話ですが(笑

そしてチケットを買い,さっそく中に入ってみましょう.
入り口
と思ったら,また外に出ちゃいました(笑
外観
こちらはもともと”シェルブール港湾駅”だった所を改装して2002年にオープンした博物館なのだそう.
施設は大きく分けると水族館的な展示,そしてまたタイタニック号関係の展示,さらに退役後のホンモノの潜水艦の内部が見られたりします.
ひとまず”Les Aquariums”と呼ばれる水族館エリアに行ってみましょう.

中に入ると↓のようなクラゲや色とりどりのお魚が泳いでいる水槽が展示してありまして.
水槽1 水槽2
さらに水槽の上から眺めたりも出来ますよ.
水槽3
さらに館内のいろんな所に↓のような潜水関連の展示や深海での作業についての説明もありました.
潜水夫
日本の水族館の展示とはまたひと味違い面白いですね.

そしてお次はサウサンプトンでも見たタイタニック号関連の展示,”Titanic Retour à Cherbourg”です.
ちなみになぜタイタニック?と思うかもしれませんが,サウサンプトンを出て最初に立ち寄った港が実はこのシェルブール港なんですよ.
施設に入ると当時の乗船ロビーの様子が再現されてます.
ロビー
その先はサウサンプトンの”Southampton's SeaCity Museum”で見た展示と似通っているところもありますが,こちらでは沈没までのシミュレーション映像や古いタイタニックの映画を流しておりまして.
沈没寸前にもかかわらず,人々の恐怖を紛らわせるために演奏を続けた楽団のシーンなどもありました.

さて,また外に出てみましょう.
外のドックには元フランス海軍の原子力潜水艦”ル・ルドゥタブル(Le Redoutable)”がどーん!と展示してあります.
外の潜水艦
しかもこちらは撮影禁止ではありますが,中も見学出来ちゃうんですよ!
中はけっこう狭いですが,エンジンなどの制御室や船員の寝泊まりする部屋,さらに食堂などがありまして.
何しろホントに狭い空間だし急な階段などもあるので,足の悪い方はご注意を.

その後は少しバスで町中に移動して,”Le Véritable Cherbourg”という雨傘屋さんに行くことに.
雨傘屋 雨傘屋2
何しろこのシェルブールの町と言えば有名なのは,映画・”シェルブールの雨傘(Les Parapluies de Cherbourg)”.
私はこの映画は見たことはありませんが,やはりこの町のイメージとして根付いているようですね.

この雨傘屋さんは全て自社工場で手作りしているそうです.
工場
その後は2階で作り方などのプロモーションの映像を見て,1階のショップでお買い物をする方もちらほら.
ただ,雨傘とは言え小さいモノでも約2万円となかなかのお値段だったので,何も買わなかったけど(笑
その2階からは↓のようにディスプレイ用の傘越しにハーバーが見えました.
雨傘屋の眺め
ちょっと天気は悪いですが,その後は近くのシーフードレストランでランチの予定になってます.
ひとまず次回はその模様をお伝えいたしまーす☆

Queen Victoria (クイーン・ヴィクトリア) 〜17年12月31日アムステルダム観光編〜

 2018-02-09
プロ・ビーラーです.

終日クルーズとなった2日目を終え,いよいよQueen Victoria号はオランダ・アムステルダムに入りました.
航路
↑この航路では唐突に陸地を突っ切っているように見えますが,途中から運河に入りアムステルダムに向かっているのです.

到着したのは朝4時頃ですが,パスポートチェックなどがあり,アムステルダムのターミナルに降り立ったのは朝8時過ぎ.
ターミナルでは↓のように楽団の演奏でお出迎えになりました.
楽団
そしてバスに乗り込み,まずは車窓からの観光です.
オランダと言えばチューリップや風車ですが,その辺はもっと田舎に行かないと見られないそう.
しかも冬場は天気も悪いそうなので,今まで思っていたオランダの風景とはちょっとかけ離れてますね.
でも街中にもこんな風車がありました.
風車
さらに”ハイネケン”のミュージアム前をスルー.
ハイネケン
ホントならちょっと寄り道したかったんですが(笑

そして到着したのは”ゴッホ美術館”です.
ゴッホミュージアム
到着時には↓のように入り口は大行列!
美術館の行列
でも我々は予約していたので,団体専用入り口からすんなりと入場しました.

ゴッホといえばやはり有名なのは”ひまわり”.
こちらでは館内は基本的に撮影禁止なのですが,入り口には↓のようなひまわりの絵が飾られておりまして.
ひまわり
コレは目の不自由な方でも楽しめるようにと触れる絵になってるのです.
ひまわり2
館内のショップには様々なグッズが売ってますが,やはりひまわり柄のモノは目立ちますねぇ(笑
ショップ
そして自画像や”じゃがいもを食べる人々”,”アーモンドの花咲く枝”や”種まく人”などの代表的な作品を見た後は周辺を少しお散歩することに.

↓こちらはゴッホ美術館前の”ムセーウム広場”.
公園からの眺め
そしてその横には”コンセルトヘボウ(Concertgebouw)”があります.
コンセルトヘボウ(Concertgebouw)
さらにもう少し観光しましょうか.

やはりアムステルダムは運河の街なので,水路が所々に張り巡らされておりまして.
運河
ホントなら運河クルーズもしてみたかったんですが,時間がなかったのでまたの機会に狙ってみましょう.

そして街中はクリスマス時期でもあったので,デパート自体にも↓のような華やかな装飾で飾られてます.
デパート
そして歩いて到着したのは”ダム広場”です.
ダム広場
目の前には王宮もあり,けっこう人も多いですね.

さらに近くのお土産屋さんの軒先には↓のようなサボがありまして.
サボ
人が乗れるので,しっかり記念撮影しておきました.

しかし,この頃からしとしとと雨が降ってきまして.
ホントなら”アムステルダム国立美術館”にも行って,レンブラントの”夜警”やフェルメールの”牛乳を注ぐ女”を見たかったのですが,先ほどのゴッホ美術館の行列を見ると明らかに混雑してそうだったので,予定を変更.
近くの”Magna Plaza”というデパートの中にあった”Grand Café Ovidius”でヨメはスープを,私は珈琲をいただいてちょっと休憩.
珈琲とスープ
さらに近くの”Albert Heijn”というスーパーマーケットで少しお土産を買い込み,,,
その後はトラムでアムステルダム中央駅に戻りました.
中央駅
そこからトラムを乗り換え,1駅でQueen Victoriaが停泊しているターミナルに戻りまして.
アムステルダム停泊中
少しお部屋で休み,いよいよ大晦日のディナータイムになります♪
この日のドレスコードはフォーマル.
遅くまでパーティが繰り広げられるそうなので,我々も楽しんじゃいましょう!
ということで,次回は大晦日のスペシャルディナーをご紹介いたしましょう☆

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫