上高地五千尺ホテル 〜周辺観光編 その4(岳沢湿原)〜

 2017-09-21
プロ・ビーラーです.

今回の日記で上高地編は終了.
最後はまた散策編をお送りいたしましょう.

この上高地五千尺ホテルには上高地で唯一の常駐ガイド・ナショナルパークガイドがおりまして.
H.P.によると,

上高地に生息する動植物や、ありのままの自然をゆったりと、より身近に感じていただけるようわかりやすくガイドしています。
“見るだけの上高地” から “触れて感じる上高地”へ。
上高地で過ごす皆様のお手伝いをさせて頂きます。


とのこと.
ツアーは早朝の河童橋周辺散策から日中のツアー,さらに夜の暗闇ツアーというのもありますが,我々もこの夜のツアーを申し込みました.
アクティビティ
この日はちょうど散策に出る直前に天気が崩れたんですが,ホテルに↓のようなポンチョなどもあるので,しっかりお借りしました.
岳沢湿原1
ただ,その後は幸いにも雨にはあたらずに済みましたが,ちょっと雲が多かったのであまり星空が見えなかったのは残念.
しかもこの暗闇ツアー,ガイドさんの懐中電灯のみを頼りに自然の静寂や月明かりなどを楽しむというツアーなので,途中の写真などは真っ暗なので一切ナシ.
ただ,五感を研ぎ澄ませて暗闇を歩くというのも新鮮だし,雲の切れ目から見える星もキレイだったなー♩
また途中のポイントで上高地の木々の説明などもあり,日中のツアーとセットで来るとより理解が深まるかもしれません.

ということで,せっかくだから次の日の朝食後に同じルートを辿ってみましょう.
今回もスタート地点は河童橋.
岳沢湿原7
まずはホテル白樺荘の横の道をどんどん進みます.
そして奥に進むと↓のような木製の通路が出てきます.
岳沢湿原2
ガイドさんいわく,この2本ある通路は向かって左側は木がせり出す部分が多いので右側の方が歩きやすいそうです。

そして歩くこと約10分ほどで岳沢湿原に到着です.
岳沢湿原3 岳沢湿原4
さすがに前夜は真っ暗闇だったのですが,こんな湿原が拡がってたんですね!
時折,鴨が羽ばたく音も聞こえましたが,この日はのんびりと浮かんでおりました.

さてホテルに戻りましょう.
昨晩も戻る際にこのアカマツの説明を受けましたが,実際に明るいところで見ると他の木に比べホントに赤い.
岳沢湿原5
しかもけっこうな大きさだったんですな.

その後は天気も良くなり,↓のようなキレイな景色が楽しめました♪
岳沢湿原6
そしてホテルに戻り,チェックアウトの時間に合わせて荷物をまとめましょう.

上高地五千尺ホテル 〜周辺観光編 その4(岳沢湿原)〜 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その3(河童橋〜明神池)〜

 2017-09-16
ヨメです。

今回は上高地五千尺ホテルにチェックインした後、2日目の散策編をお送りいたします。
2日目はまず午前中に歩いた上高地帝国ホテルから大正池までのルートをお伝えしましたが、午後は河童橋から明神池を目指してみることにしましょう。

まず↓こちらはスタートラインの河童橋です。
明神池散策,河童橋
明神池までは梓川をはさんで左ルートと右ルートがあります。
左ルートは片道約60分、右ルートは約70分と若干時間がかかるようなので、今回は左ルートを歩くことにしました。
明神池散策2
歩き出すとテントサイトがありますが、その後はひたすら山道を歩きます。
やはり途中で野生の猿が出没したりもしますが、それほど高低差はありません。

途中の写真はあまり撮らなかったのですが、約1時間ほど歩くと明神池近くの”明神館”に到着しました。
明神池散策3 明神池散策18
こちらはその旅館前にある石碑、奥には明神岳が見えますよ。
この写真を見ての通り、私は比較的軽装で散策しましたが、さらに奥の徳沢や横尾に行かれる方などは本格的な装備で休憩しておりました。

さらに奥に進むと梓川に架かる明神橋が見えてきました。
明神池散策4 明神池散策16
この明神橋からの眺めもキレイですね♩
明神池散策5 明神池散策6
さすがにここまで歩くと河童橋のような混雑はありません。
明神池散策7
そして橋を渡ると↓のような案内が見えてきました。
明神池散策8
そしてたどり着いたのは穂高神社奥宮です。
明神池散策9
明神池はこの穂高神社にあるので、池を眺めるには拝観料300円が必要になりますよ。
明神池散策13 明神池散策14
池に行く前に神社にもお参りしておきましょう。
明神池散策10
そして↓こちらが明神池です。
明神池散策11 明神池散策12
明神池は一之池と二之池に分かれますが、どちらもキレイな水質なので鏡のように景色が映るのが美しいですね。
ちなみにこちらでは毎年10月8日に御船神事が開催されるそうです。

さらに神社の入り口付近には上條嘉門次という方の石碑がありました。
明神池散策15
この方は明神池畔に嘉門次小屋を建て、猟師や山案内をしていたそうです。

さて、後は来た道を戻りましょう!
明神池散策17 明神池散策19
ここからは約3km、一度来た道なので帰りの方が比較的気楽でした。
ホテルに戻るとお楽しみのディナータイム♪
今回はまたフレンチとのこと、楽しみです☆

上高地帝国ホテル 〜散策編 その2(上高地帝国ホテル〜大正池)〜

 2017-09-13
プロ・ビーラーです.

上高地帝国ホテルをチェックアウト後,荷物は次のホテルに運んでもらうように手配.
その間はせっかくなので昨日行かなかった方面へ散策してみることにしました.
昨日は”上高地帝国ホテル〜河童橋”のルートを行きましたが,今回は大正池方面へ行ってみましょう.
今回のスタート地点はまた↓のホテル裏手の遊歩道になります.

明神池散策,河童橋

この日は比較的天気も良く日なたは暑かったけど,頑張って歩いてみましょう!

上高地帝国ホテル 〜散策編 その2(上高地帝国ホテル〜大正池)〜 の続きを読む

上高地帝国ホテル 〜散策編 その1(上高地帝国ホテル〜河童橋)〜

 2017-09-09
プロ・ビーラーです.

ひとまず”上高地帝国ホテル”にチェックイン後,ディナーまで少し時間がありまして.
せっかくなので辺りを散策してみることにしました.
こちらのホテルはちょうど有名なスポットでもある”大正池”と”河童橋”の中間辺りに位置しておりまして.
まずは河童橋方面へ行ってみましょう.
ちなみにこの辺の位置関係などはこちらのサイトをご参照ください.

スタート地点は↓のホテル裏手です.
ホテル裏
少し歩くと↓のような案内看板が出てきました.
河童橋散策1
まずは”ウェストンレリーフ”を目指しましょうか.

少し歩くと田代橋が見えてきます.
河童橋散策2
しかし梓川の清流がキレイだなぁ♩
河童橋散策3 河童橋散策4
川を渡りホテルの反対側の道を進むと足湯がありました.
河童橋散策5
こちらは”上高地温泉ホテル”です.
河童橋散策6
さらにお隣には”上高地ルミエスタホテル”もあります.
河童橋散策7
この2軒は上高地でも珍しい温泉付きホテルだそう.
こちらのホテルも当初宿泊を検討したんですが,実際に来てみると荷物をココまで運ぶのが難儀かもしれないなぁ.

もう少し進むとひっそりと↓の案内が出てきました.
河童橋散策8 河童橋散策9
こちらが”ウェストンレリーフ”です.
河童橋散策10
このレリーフはウォルター・ウェストン(Walter Weston)のモノ.
この方は日本アルプスを世界に広め,近代登山家の父と言われているそうです.

ココから河童橋までは約1km.それほどキツくはありません.
河童橋散策11
あとは梓川に沿ってどんどん歩きましょう.
河童橋散策12
途中,野生の猿と遭遇したりして.
河童橋散策13 河童橋散策14
そして”西糸屋山荘”などを横目に歩くと,,,
河童橋散策15
目的地の河童橋に到着しましたー.
河童橋散策17 河童橋散策16
この間,のんびり歩いて約1時間ほど.
それほど高低差もないので歩きやすいですよ.

さらに河童橋近辺を巡り,さらにバスターミナル方面へ向かいます.
大正池散策12 大正池散策13
明日の散策は↑のお花などを眺めながらというのも良さそうですね.
その後はバスターミナルで帰りのバスの整理券をもらい,ホテルに戻りました.

さて,ホテルに帰るといよいよお待ちかねのディナータイム♩
次回はその”お食事編”をお送りいたしまーす☆

角館そば と 角館観光

 2017-06-21
ヨメです。

”侘桜”をチェックアウトした後、まず角館駅まで送迎してもらい、駅前の観光案内所で荷物を預けます。
その後は歩いて武家屋敷の方に行ってみることにしました。

ちょうどこの日まで角館では桜祭りを開催しているとのことでしたが・・・
タイミングがちょっと遅かったようでどこも葉桜になりかけでした。
でも桜の週最後の週末ということもありすごい人!
なので、朝ご飯をいただいた後でしたが、先に目星を付けていたお店に行ってみることにしました。

角館そば

角館そば”です!

こちらはあの有名な”翁達磨グループ”のお蕎麦屋さんです。
武家屋敷の並ぶ”内町”ではなく、商家などの多い”外町”にあります。
でも有名な武家屋敷はここからも歩いて10分ほど。
腹ごなしにもなるし、主人も気になるメニューがあるようです。

角館そば と 角館観光 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫