松庵 松島佐勘 〜お部屋編〜

 2017-05-24
プロ・ビーラーです.

いよいよG.W.突入!
今回は29日から1週間のお休みです,
コレだけまとまったお休みも久しぶりなので,海外旅行も考えたけどコレといったプランがなかったんですよね.
となると,国内で行ったことのないエリアに行くのも良いかな?ということで,今回は東北方面への旅を企画しまして.

当日はまず大丸でお弁当を仕入れて,と.
今回はちょうどG.W.中ということで,こちらの”ほっぺタウン”で期間限定で新作弁当が出ていたんですよー.
ってことで私は”味の梅ばち”の米沢牛特盛弁当にしました.
お弁当1 お弁当2
こちらは米沢牛のステーキにすき焼き,カルビとまさに肉三昧なお弁当.
でもそれぞれにご飯も敷き詰められているので,さすがにご飯は残しちゃいましたが.

そしてヨメは”知床鮨”のタラバチラシです.
お弁当3 お弁当4
こちらは見ての通り,タラバガニ,雲丹,いくらと海鮮の人気者が勢揃いのお弁当,量的にもそれほど多すぎることはないので,比較的食べやすいですね.

このお弁当をいただきながら新幹線で仙台へ向かい,さらにJR仙石線に乗り換えて着いたのは↓のようなのどかな駅です.
電車 駅舎
ココからは予約していたタクシーでこの日の宿まで向かいます.

宿に着くとすでにエントランスではスタッフのお出迎えが.
エントランスの小道もなかなか良い雰囲気です.
エントランス エントランス2
奥に進むと重厚な玄関がお目見えします.
エントランス3
今回の東北の旅,1泊目はこちらのお宿です!

松庵看板

松庵 松島佐勘”ですー.

こちら,また一休.comで見つけたのですが,お宿からの眺めがなかなか素晴らしいみたい.
ひとまずお部屋の紹介といきましょう.

松庵 松島佐勘 〜お部屋編〜 の続きを読む

17年3月,山梨(八ヶ岳方面) ヒュッテ・エミールなど

 2017-04-18
ヒュッテ・エミール
〜お部屋編〜:お部屋紹介
〜お食事編〜:フランス料理

長坂 翁 達磨:お蕎麦
サントリー白州蒸溜所:工場見学,試飲

サントリー白州蒸溜所で工場見学ツアー

 2017-04-15
プロ・ビーラーです.

長坂 翁 達磨”のお蕎麦をいただいた後は,次のイヴェントの予約の時間に合わせて移動します.
途中,渋滞やトラブルなどもなく,予定通りに目的地の眺めの良く広い駐車場に到着しました.
駐車場
さて,どこに到着したかというと,,,

白州蒸溜所ツアー

サントリー白州蒸溜所”ですー.

こちらでは工場見学ツアーを開催しておりまして.
上記リンクのように数種類の有料・無料ツアーがありますが,今回は”THE STORY OF HAKUSHU ~シングルモルトウイスキー白州の物語~”というツアーを予約しておいたのです.
ちょうど小淵沢駅に着いた時にも駅には↓のような看板がありました.
駅の看板
ちなみに入り口ではドライバーや未成年はちゃんと色分けされたネックストラップをいただくことに.
そうすると場内ではアルコールは提供されません.

受付を済ませ,さっそく場内に入りましょう.
場内案内 場内見取り図
↑の案内図のように場内は非常に広く,自然に囲まれてます.
さらに奥に行くと”バードサンクチュアリ”なるスペースもあるそうです.
バードサンクチュアリ
こちらでは野鳥が見られるそうですが,今回は時間がなかったのでこちらには行けず.
ひとまず本題の見学の会場に向かいましょうか.

ちなみに今回は工場内の写真など,写真多めなのをご了承ください.

サントリー白州蒸溜所で工場見学ツアー の続きを読む

長坂 翁 達磨

 2017-04-13
プロ・ビーラーです.

ヒュッテ・エミール”をチェックアウトした後,またヨメの運転でレンタカーを走らせます.
ちょうど前日から行ってみたい!というお蕎麦屋さんが近くにありまして.
約2時間ほど前に朝食をいただいたばかりですが,冬期は11時30分オープンということで時間的にもドンピシャ!
そして少し寄り道をしつつ11時40分ころに到着したのはこちらのお店です.

長坂 翁

長坂 翁 達磨”ですー.

こちら,お店の外に広めの駐車場が,そして奥に↓のような平屋のお店が佇んでます.
店外 外観
周りは自然豊かな場所,空気も澄んで気持ちよい♩

ちなみに”翁 達磨”と聞くとお蕎麦好きなら高橋邦弘氏を思い浮かべることでしょう.
こちらの”長坂 翁 達磨”は氏が自家製粉に取り組んだ最初の店だそう,
現在はお弟子さんの大橋 誠氏がその素材と技を受け継いでいるとのことです.
先客は2組いるようですが,さっそく入りましょう!

長坂 翁 達磨 の続きを読む

ヒュッテ・エミール 〜お食事編〜

 2017-04-10
ヨメです。

前回は”お部屋編”をお送りした”ヒュッテ・エミール”滞在記。
今回はお待ちかねのお食事編です♪

こちら、オーベルジュなので夕食は本格的なフレンチがいただけるとのこと。
しかもお食事をいただくのは1階の広くステキなラウンジなんです!

ヒュッテ・エミールの食事

H.P.によると内容は・・・

八ヶ岳のこだわりの生産者が育てた野菜や厳選した食材を使い、一皿一皿のボリュームを押さえた多種類の料理が楽しめるメニュー構成です。 食後のデザートは暖炉の前でお楽しみください。


だそう。
しかもこの広いお部屋で3組のみ。
お食事時はホントに贅沢な空間になりますよ。

ちなみにこちらではディナーのみの利用も可能とのことです。
お食事メニュー
↑のようにロビーにメニューが掲げられておりましたが、こちらは要予約なので気になる方はお問い合わせしてみては?

ヒュッテ・エミール 〜お食事編〜 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫