FC2ブログ

鮨 すが弥

 2019-06-01
プロ・ビーラーです.

この日はG.W.の終盤.
前日までは山梨方面へ行っていたんですが,この日はお初のお寿司屋さんの予約が取れまして.
予約時間目がけてお店に行ってみると,↓のような凜とした玄関がありました.
入り口
お店は予約時間になると開くみたい.
ちょっと待ってから時間になったので入店しましょう.

屋号

都営大江戸線,赤羽橋駅からほど近いお寿司屋さん,”鮨 すが弥”ですー.

こちらのお店は2018年12月に開店したそう.
もともとは”鮨 あらい”にいらっしゃった2番手の方が独立したんですと.
以前”鮨 あらい”に初訪問の時はまだいらっしゃったけど,独立後の評判も上々.
楽しみデス♪

鮨 すが弥 の続きを読む

(閉店) 旺幸苑 (わんしんえん)

 2018-06-23
プロ・ビーラーです.

この日は平日,仕事を終えて雨の中,大至急新橋まで急ぎます.
新橋で夕食というのも珍しいですが,この日はちょっとした企画があるお店をヨメが見つけまして.
電車の遅れもあり少し遅れたけど,なんとか予約時間から5分遅刻でお店に到着しました.

旺幸苑

新橋駅からも近いビルの4階にある焼肉店,”旺幸苑(わんしんえん)”ですー.

なぜこちらのお店を選んだかと言うと,今月は↓こんな企画をちょうどやっていたんですよ!

◆15周年記念「6月誕生日月あなたのお歳と同じ枚数の黒毛和牛カルビプレゼント」条件一部変更あり6月生れの方へ
●6月の月火水のみ●4名様以上(60歳以上は7名様以上で)
●お一人様1料理と1ドリンク以上をご注文下さい
●1party 1名様のみ
●参加も含めお一人様1回限り
●前日までにご予約を
●smsで配信お願いします
●当日は写真付証明写真書をご持参下さい。


タイミング良くヨメの先輩が今月がお誕生日.
なので,こちらでお祝いも兼ねて焼いてしまおう!という寸法だったのです.
お店に入るとすでに個室にヨメと先輩方がドリンクもオーダーしてスタンバイしておりました.

いつの間にか閉店してたみたい.

(閉店) 旺幸苑 (わんしんえん) の続きを読む

(閉店)新ばし鮎正 (あゆまさ)

 2016-06-25
プロ・ビーラーです.

京都から戻り,平常運転になって早2週間.
この日は仕事終わりで新橋へ急ぎます.
今回もまたまた親交のある東京ホルモンズが旬のお魚を食べに行こう!ということで,こちらのお店を予約してくれまして.
ちょっと遅れて到着したお店はこちらです.

新ばし鮎正

新ばし鮎正”ですー.

先日,東京ホルモンズ御用達のお寿司屋さん”すし匠”でこちらの話題になりまして.
ちょうど6月からシーズン突入ということもあり,さっそく予約していただいた次第です.
もちろん鮎は私も大好物♪楽しみデス.

2018年12月28日,健康上の理由で閉店だそうです.

(閉店)新ばし鮎正 (あゆまさ) の続きを読む

くまモンクルーズ 2016

 2016-03-20
ヨメです。

前回の日記で主人が書いていたように、この日は夕方からのお楽しみ企画が♪
ランチを済ませたあとは、こちらの集合場所へと向かいましょう。

くまモンクルーズ2016

この日のお楽しみ企画、シンフォニークルーズの”くまモンクルーズ 2016”です!

実は私は以前主人と熊本に行って以来、すっかりくまモンファンになっちゃったんです(笑)
なので1度は本物(?)のくまモンに会ってみたいなー・・・と思っていたんで、この企画は予約した時から本当に楽しみにしておりました。
でも、このシンフォニークルーズは日の出桟橋からの出航なのですが、私も主人も勘違いしてて最初は竹芝桟橋に行っちゃったのは内緒の話(笑)
慌てて移動して集合時間ギリギリになりましたが、待合室には出航待ちの方々がいっぱい!
私たちも受付を済ませ船に乗り込みましょう。

くまモンクルーズ 2016 の続きを読む

牛かつ もと村 浜松町店

 2016-03-16
プロ・ビーラーです.

この日はちょっと夕方からヨメお楽しみのイヴェントがありまして.
そちらに行く前にランチを決めようとなったんですが,せっかくなので普段行かないエリアに行ってみることに.
でもすでに14時過ぎと時間がちょっと中途半端.
通し営業のお店を探してみると,こんなお店が引っかかりました.

もと村

牛かつ もと村 浜松町店”ですー.

牛かつと言えば最近流行のようで,有名店の新橋の”牛かつ おか田”インスパイアとも言えるお店が雨後の筍のように各地に出来てますよねー.
調べるとこちらはその”牛かつ おかだ”とはちょっと違ったいただき方ができるようで.
やはりランチタイムを過ぎた時間なので,この日はすんなりと入店出来ました.

牛かつ もと村 浜松町店 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫