FC2ブログ

19年5月,G.W.の山梨, ”ホテルキーフォレスト北杜”など

 2019-05-27
山梨
ホテルキーフォレスト北杜
〜お部屋編〜
〜施設編〜
〜朝食編〜

ステーキハウス キースプリング:ホテルキーフォレスト北杜の夕食
中村キース・ヘリング美術館

暖炉レストラン ターシャ,ハイジの村:グリル料理,観光

暖炉レストラン ターシャ , ハイジの村

 2019-05-27
ヨメです。

ホテルキーフォレスト北杜”をチェックアウト後、特にこれといった予定はなかったんですが、まず私の希望でまた”金精軒”に行ってみることにしました。
金精軒
こちらは前回の小淵沢訪問時も来ましたが、またお土産の信玄餅などを買い込んで・・・
さらに主人の希望ではす向かいの”七賢”の蔵元にも行ってみましょう。
七賢
さすがに主人の運転だったので試飲などはせず、こちらでもお土産のお酒をゲット!
ちょうどお土産を買い込んだら、すでにランチ時。
この蔵元のお隣にも”レストラン臺眠(だいみん)”というお食事処もあったんですが、ホテルで見ていたガイドブックで主人が気になるお店を見つけたようです。
電話してみると予約もO.K.のようなので、そのままそのお店に向かいましょう。

ターシャ

暖炉レストラン ターシャ”です!

こちらは小淵沢エリアからはちょっと離れてますが、ナビの通りに来ると時間は30分ほどでした。
広めの駐車場もあるのでクルマでも安心です。
入り口には↓のランチメニューがありました。
表メニュー
基本的にランチもコースのようですね。
ちょうど予約時間なので、さっそく入店しましょう。

暖炉レストラン ターシャ , ハイジの村 の続きを読む

”ホテルキーフォレスト北杜”の朝食 と ”中村キース・へリング美術館”

 2019-05-25
プロ・ビーラーです.

爽やかな好天の朝.
SPAにウイスキーまで満喫した前夜でしたが,目覚めはスッキリ.
この日の朝食はちょっと遅めの8時半過ぎに予約していたので,少し身支度してから本館へ向かいます.
そして前夜も長居しちゃった”中村ウイスキーサルーン”へ.
前夜はカウンターに陣取りましたが,この日は窓際のテーブルに通されました.

こちらの朝食はいわゆるアメリカンブレックファースト.
まずは八ヶ岳ヨーグルトとフルーツ,フレッシュジュースから始まります.
ヨーグルト フルーツ ジュース
さらに清里のジャムと,天然酵母を使用した焼きたてクロワッサンとプチパンが.
ジャムなど パン
何気にテーブルに置いてある塩・胡椒もオシャレに見えますね.
塩胡椒
さらに季節の高原野菜を使ったサラダをいただき,,,
サラダ
メインは八ヶ岳の放し飼い鶏の新鮮な卵料理と甲州ワインビーフの自家製ソーセージ,私は目玉焼きを,ヨメはオムレツにしました.
目玉焼き オムレツ
〆は珈琲,紅茶をいただきます.
珈琲
昨晩のBARの雰囲気とは変わり,明るい日差しのサルーン内も気持ち良いですね.
この朝食をいただいて,いよいよ美術館へ行ってみましょう!



お目当ての美術館はヴィラに戻る途中にあります.
案内 外観
開場は9時から17時まで,遅くなると混みそうなので早めに行ってみましょう!

美術館

中村キース・へリング美術館”ですー.

この建物もホテルと同じく北川原 温氏のデザイン.
入り口
この入り口から入館デス.

”ホテルキーフォレスト北杜”の朝食 と ”中村キース・へリング美術館” の続きを読む

ホテルキーフォレスト北杜 〜施設編〜

 2019-05-23
ヨメです。

ホテルキーフォレスト北杜”にチェックイン後は”ステーキハウス キースプリング”の夕食に舌鼓♪
今度はまた本館に戻ります。

エントランス

夜のエントランスもホテルのロゴがライトアップされスタイリッシュな外観が引き立ちますね。
この特徴的な建物は長野県出身の建築家、北川原 温(きたがわら・あつし)氏の設計だそうです。

実は夕食後、このホテルに併設されたSPA(温泉)を予約していたんですよ!
こちらのSPAは本館とヴィラの間にある”キース・ヘリング美術館”の奥にあります。
夜はちょっと道が暗いのでお部屋から持ってきた懐中電灯を照らしながら行ってみましょう。
すると↓のような明かりが見えてきます。
SPA入り口
このSPAは宿泊者専用のプライベートスパ。
本館に宿泊の方はロビーで鍵をもらってから行くようになるみたいですが、我々はヴィラに宿泊しているのでホテルの方が鍵を事前に空けておいてくれました。

ロビーに入るとまず目に入るのはキース・ヘリングの作品の掲げられたエントランススペースです。
SPAロビー SPAロビー2
お部屋のお風呂は残念ながら温泉ではありませんが、こちらはれっきとした温泉です。
分析書 分析書2
このエントランスから奥に進むとロッカールームとシャワールームがあります。
シャワールーム シャワールーム2
やはりシャワールームに置いてあったアメニティはお部屋同様に”REN”のものでした。
アメニティ3
このシャワールーム、貸し切りなんですが横並びに4部屋ほど並び、さらにロッカーの数も多いんです。
こちらはもともと外来の方にも解放していたそうで、このような造りになっているそうですよ。

さらに奥には↓のようなドレススペースがあります。
ドレスルーム
こちらにもしっかりシャワーキャップなどが置いてありました。
アメニティ アメニティ2
さて、さっそく温泉に行ってみましょう!
温泉 温泉2
温泉は楕円形の大きめのお風呂と屋根付き、円形のお風呂の2種類があります。
大きめの方はちょっとぬるめ、円形は温かめになってます。
この日は天気も良かったんですが、ぬるめのお湯はちょっと寒かったので私は円形の方にずっと入ってました。
でも屋根がない大きめのお風呂は辺りに明かりがあまりないので、星がキレイですよ♪

お風呂上がりには↓のデイベッドでのんびりすることも出来ます。
デイベッド
もちろん給水器もあるので、湯上がりの水分補給も安心です。
給水器
こちらのお風呂は1時間の予約制になります。
他にも”シークレットプレイス美先(ミセン)”というリラクゼーション・サロンもあるんですが、今回は時間がなかったので予約しませんでした。

さて、温泉も満喫したのでまた本館に戻りましょう!

ホテルキーフォレスト北杜 〜施設編〜 の続きを読む

ステーキハウス キースプリング

 2019-05-21
プロ・ビーラーです.

ホテルキーフォレスト北杜”にチェックイン後,到着が遅くなったのですぐにディナーに向かいます.
こちらでのディナーは本館近くにあるレストランでいただくようでして.
なので,テクテクと歩くと↓のようなお馬さんがお出迎え.
ロッジ入り口 ロッジ入り口2
おや?こちらはロッジがあるんですね.
どうやらワン連れでも泊まれる施設になっているようですが,レストランの名称と同じ.
ひとまず裏手に回って入ってみましょう.
ロッジ
入った施設は↑の入り口.
でも,,,どうやらこちらはロッジの入り口だったみたい.
お目当てのレストランはさらに裏手にありました.

キースプリング

ステーキハウス キースプリング”ですー.

こちら,我々は裏側から行っちゃったのでいきなりロッジに出ちゃったけど,表の通り沿いから歩くとすぐに分かりますよ.
入り口もそうですが,アメリカの片田舎にありそうなウッディな建物です.
その入り口脇にはサンルームのようなお部屋もありまして.
サンルーム
こちらはワン連れもダイジョブみたい.

外にはテラス席が,喫煙はこちらでどうぞ.
テラス テラス2
外のディスプレイには白州のボトルが並んでますよ.
ボトル
この白州,最近人気で手に入りにくくなっちゃってるんだよなー.

さて,レストラン内に入ってみましょう.
中に入ると右手はBARスペースになってました.
バースペース
こちらには↓のようなワインサーバーがあります.
ワイン
どうやらこのワインは試飲セットもあるみたい.
さらに↓オーディオのセットもあるので,ちょっとしたパーティも出来そうです.
オーディオ
そして中央の吹き抜けの上には2階が見えます.
吹き抜け
1階のレストランではアラカルトでの提供になるみたい.
宿泊者のディナーはどうやら2階でいただくようなので,さっそく上に行ってみましょう.

ステーキハウス キースプリング の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫