15年12月〜16年1月,カンボジア

 2016-01-29
Raffles Grand Hotel d'Angkor (ラッフルズ グランド ホテル ダンコール)
お部屋編:お部屋紹介
施設編 :施設紹介
大晦日のガラディナー:フランス料理,大晦日のディナー
Restaurant Le Grand(レストラン ル グラン):カンボジア料理

レストラン:
Cassia (カッシア):カンボジア料理
nest ANGKOR CAFE BAR (ネスト・アンコール カフェ バー):カンボジア料理
Abacus Garden Restaurant & Bar (アバカス ガーデン レストラン&バー):カンボジア料理,フランス料理
Taste of Asia @シェムリアップ国際空港:アジア料理

JAL と Bangkok Airways の機内食など:
往路編
復路編

観光:
Angkor Thom(アンコール・トム)
Angkor Wat(アンコール・ワット)の初日の出とオールドマーケット
Angkor Wat(アンコール・ワット)の夕日
Ta Prohm(タ・プローム)

JAL と Bangkok Airways の機内食 〜復路編〜

 2016-01-29
プロ・ビーラーです.

最終日にアクシデントもありましたが,何とか予定していた便よりも早い飛行機をおさえ,いよいよ帰路につくことになりました(泣
シェムリアップ国際空港も到着した時は夜でしたが,この日は快晴の日中13時過ぎ.
シェムリアップ空港
まずは↓の機体でバンコクまで飛びましょう.
バンコクエア
でも,,,さすがにギリギリで予約出来た便だったので,我々の席は一番後ろの窓のない席.
なので外の景色の写真はありません.
ひとまず空港でも食事は軽くいただいたけど,またまた約1時間半ほどのフライトですが機内食が提供されました.

JAL と Bangkok Airways の機内食 〜復路編〜 の続きを読む

Ta Prohm (タ・プローム)観光と Taste of Asia @シェムリアップ国際空港

 2016-01-28
プロ・ビーラーです.

カンボジア旅行編もいよいよ最終日(泣
この日の午前中は”タ・プローム”観光へ向かいます.
タ・プロームは12世紀末にジャヤヴァルマン7世が母を弔うための仏教寺院として建立され,後にヒンドゥー教寺院に改修されたそうです.
,,,という解説よりも映画”トゥームレイダー”の舞台でアンジェリーナ・ジョリーが訪れたということで有名な遺跡ですね.

こちらへはまたホテルからルモー(トゥクトゥク)で移動します.
ルモー
ルモーを降りしばし歩くと↓のような木の生い茂った中に遺跡が現れました.
タ・ブローム1
すでに遺跡から木が飛び出しているという異様な光景が拡がりますが,何しろ有名なのはこの光景でしょう!
タ・ブローム2
↑この遺跡にガジュマルの木が見事に覆い尽くした姿は圧巻ですね!

さらに周りには崩れた遺跡がそのまま放置されてますが,,,
タ・ブローム3
コレも地震や内戦で崩れたわけでなく,木の発育に伴いゆがみが生じて崩れたモノだそう.
となると他の遺跡も崩れる恐れがあるので,木の根を取り除けるところは除きながら修復を進めているそうです.

中には木の根っこから仏像が顔をのぞかせる所もありますよ.
タ・ブローム4
”何か不気味”という声も聞かれますが,上手い具合に顔だけ根が覆わなかったのは奇跡ですね!

さらに↓は毛細血管のように根が張り巡らされてますが,この木はイチジクの木だそう.
タ・ブローム5
↓こちらなどは木に寄り添って見えますが,もともとは後から木が貫いたと思うと,やはり植物の生命力のスゴさに驚きを隠せません.
タ・ブローム6
そして唯一保存状態の良いという観世音菩薩の残る塔門を見ながらこの午前中の観光は終了です.
タ・ブローム7
そしてその後はホテルに帰り午後は夕方の出発予定だったのですが,,,
ココで大事件が発生するのでした!!!

Ta Prohm (タ・プローム)観光と Taste of Asia @シェムリアップ国際空港 の続きを読む

Raffles Grand Hotel d'Angkor (ラッフルズ グランド ホテル アンコール) 〜朝食編〜

 2016-01-27
プロ・ビーラーです.

さて今回のアンコール遺跡群の観光もそろそろ終盤.
残りの日記もあとわずかになってきました.
今回のツアーは暑さ対策で午前中の観光がメイン.
なのでホテルで朝食をいただいて英気を養ってから観光へ向かっておりました(例外としてアンコール・ワット観光の日).
ってことで,今回は最終日の観光の前に”Raffles Grand Hotel d'Angkor”の朝食編をお送りいたしましょう.

朝食は施設編でもお伝えした通り”Café d'Angkor(カフェ ダンコール)”でのBuffetです.

店内

テラス席もある明るい店内は手前に客席,奥がBuffetになってます.
テラス席
ちなみに1日目は店内で,2日目以降は↑のテラスでいただきました.
さて,さっそく料理をご紹介いたしましょうか.

Raffles Grand Hotel d'Angkor (ラッフルズ グランド ホテル アンコール) 〜朝食編〜 の続きを読む

Restaurant Le Grand (レストラン ル グラン)(Raffles Grand Hotel d'Angkor のメインダイニング)

 2016-01-26
プロ・ビーラーです.

この日は朝からアンコール・ワットで初日の出を堪能.
でも前の日記でヨメが予告した通りアンコール・ワットの魅力的な風景はまだまだ続きます.
夕方からは夕日を浴びるアンコール・ワットの見学があるんですよー♩

到着したのは17時ころ、さすがに朝より人は少なくなったけど元旦ということもあり現地の方が増えてます.
駐車場から歩いていると売り子がたくさん寄って来ますが,脇目も振らずにまたまた絶景スポットの池の辺りに移動します.
そして夕日を受けたアンコール・ワットは↓こちらー!
夕日1 夕日2
朝とは違い逆光ではないので池に映る景色も素晴らしい!
さらに後ろを振り返ると↓のように沈む夕日が拝めちゃうというね♩
夕日3 夕日4
コレがまた幻想的!
元旦にアンコール・ワットでの初日の出から沈み行く夕日まで拝めるとは,,,
こりゃ新年早々良い体験でした♪



そしてまたホテルに戻り,ちょっといつもよりドレスアップした後はツアー最後のディナーに向かいます.
この日のディナー会場は”ラッフルズ グランド ホテル ダンコール”のメインダイニング.
集合時間になったので行ってみましょう!

ル グラン

Restaurant Le Grand(レストラン ル グラン)”ですー.

店内には↓のような大きなオブジェもあります.
オブジェ
この日は最終日のツアー参加者全員集まってのディナーということで,奥の個室に通されました.

Restaurant Le Grand (レストラン ル グラン)(Raffles Grand Hotel d'Angkor のメインダイニング) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫