FC2ブログ

19年8月,東北ツアー(青森・八甲田〜宮城・作並温泉,蔵王)

 2019-09-28
宮城
仙台・作並温泉 ゆづくしSalon一の坊
〜お部屋編〜
〜施設編〜
〜お食事編〜

ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所:工場見学,試飲

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa

〜お部屋編〜
〜施設編〜
〜お食事編〜

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa 〜お食事編〜

 2019-09-28
プロ・ビーラーです.

いよいよ今回の東北ツアーもこの日記で最後になりました.
この”竹泉荘”の”お食事編”で締めくくりましょう.

お食事は希望の時間に”施設編”でもご紹介したレストラン,”竈神(かまじん)”でいただきます.

屋号

この”竈神(かまじん)”はロビー奥にあります.
ちなみにこの”竈神”の名前の由来は竈に宿る神様,そのまんまのネーミングですね(笑
予約時間は18時,さっそく行ってみましょうか.

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa 〜お食事編〜 の続きを読む

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa 〜施設編〜

 2019-09-26
ヨメです。

前回は”お部屋編”をお伝えした”蔵王 竹泉荘”、こちらにもお楽しみの温泉はもちろん様々な施設が併設されてます。
ここからは”施設編”を私がお送りいたします。

↓まずお宿に到着するとこちらの玄関から入ります。
囲炉裏
目に入るのはこの囲炉裏、冬場などはこちらでお茶なども提供するんでしょうか?
囲炉裏2
さらに奥の左手に進むとロビーがあります。
ロビー
このロビーの壁、ちょっと見にくいですが西陣織なんですって!
ロビー壁
さらにロビー奥の階段脇にも大きな西陣織の飾りがありました。
西陣織
聞くところによると、こちらのお宿の意匠をデザインした方はあの”The Peninsula Tokyo(ペニンシュラ東京)”のデザインも手がけた”橋本夕紀夫氏”だそう。
この辺のお話は主人が食い付き気味でした。

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa 〜施設編〜 の続きを読む

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa 〜お部屋編〜

 2019-09-24
プロ・ビーラーです.

宮城峡蒸留所”を出てタクシーで再度作並駅へ戻ると,またJR仙山線で仙台駅へ向かいます.
仙台行き列車
そして仙台駅から送迎車をお願いしていたので,そちらに乗り換え約1時間ほど.
今回の東北ツアー最後に向かったのはこちらのお宿でした.

竹泉荘

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa”ですー.

まずお宿に到着すると案内されるのは↓の釣鐘が印象的な”ライブラリーラウンジ”.
ラウンジ
このラウンジでお茶をいただきながらのチェックインとなります.
ラウンジ2 お茶
すんなりとチェックイン手続きは完了,さっそくお部屋に行ってみましょう.

竹泉荘 Chikusenso Mt. Zao Onsen Resort & Spa 〜お部屋編〜 の続きを読む

ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所

 2019-09-22
プロ・ビーラーです.

ゆづくしSalon 一の坊”を早めにチェックアウトした後はホテルの送迎車で次の目的地に向かいます.
ホントなら作並駅までの送迎なんですが,お宿からも近いこちらにも行ってくれるんですよ.
その目的地,実は私的には今回の旅行のメインに据えていた場所.
事前に予約もしていたので,その予約時間の約30分ほど前に到着しました.

ニッカ看板

ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所”ですー.

この”宮城峡蒸留所”,北海道の余市蒸留所と並びニッカウヰスキーの主力蒸留所.
今年でちょうど50周年を迎えたそうです.
ってのは,5月に訪問した仙台のBAR,”CAVE (カーヴ)”のマスターに聞いたんですが.
2年前には”サントリー白州蒸留所”の見学にも行きましたが,今のウイスキー人気で白州ではお土産のウイスキーも品薄とのこと.
でもこちらには50周年記念ボトルなどもあるとお聞きしたので,ぜひ今年中に訪問してみたかったんですよ.
↓こちらはビジターセンター,まずはこちらに集合します.
ビジターセンター案内 ビジターセンター
こちらの見学は基本的に無料です.
それ以外でも有料のテイスティングセミナー付き見学もあるそうです.
一般の見学の予約はこちらからどうぞ.

ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫