風のテラス KUKUNA 〜お部屋編〜

 2015-11-30
プロ・ビーラーです.

ちょっとヴォリューム多めの記事が続いたイタリア旅行編
その日記が終わった途端にまたまた旅日記をw

実は帰国後のとある連休,今度は国内でマッタリと行っちゃっておりまして.
ちょうど2年前の3月,河口湖方面へ行ったのですが,この辺でもう1軒気になっていた宿があったのです.
しかも今回はそこがピンポイントで予約出来たので,渋谷からバスで向かうことにしました.
何気にバスで河口湖ってのもお初ですが,コレがなかなか便利.
河口湖駅に着くと送迎のバスで宿まで約5分ほど,今回の宿はこちらです.

KUKUNA

河口湖畔の宿,”風のテラス KUKUNA”ですー.

こちら,もともとあった宿をいかにもリニューアルした感じの造りですね.
まず入ると吹き抜けのロビーがあります.
吹き抜け
チェックインの手続きはロビー右のラウンジで行われますが,チェックインの15時にはけっこうな人が.
ロビーラウンジ
こちらでマッタリとハーブティをいただきながらのチェックインです.
お茶
でもこのハーブティ,甘いので私はあまり手を付けず.
ひとまずチェックインの手続きはすぐ済んだので,さっそくお部屋へ行ってみましょう.

風のテラス KUKUNA 〜お部屋編〜 の続きを読む

らぁめん ほりうち 新橋店

 2015-11-27
プロ・ビーラーです.

この日はちょっと天気の悪い休日.
でも朝からちょっと新橋方面へ用事がありまして.
予定通りに用事を済ませたのはお昼前の11時過ぎでした.
ってことは普段来ないこの辺でランチと行きたいですよねー♩
とは言え休日なので目星付けていたお店はお休みの所も多い.
そんな中,歩き回っているとこんなお店を見つけました.

ほりうち新橋

らぁめん ほりうち 新橋店”ですー.

こちらはあの新宿の”ほりうち”の支店.
ほりうちが新橋に新しく出来たのは知ってたし,今ではあの本家(?)”満来”も新橋進出したのも聞いてます.
でも,,,最近はどうやら本家と言われるあちらの評判がイマイチなんだよなぁ.
ま,その辺はまた確認するとして(?),今回はお初の新橋ほりうちへ潜入です.

らぁめん ほりうち 新橋店 の続きを読む

第3回 本気のBBQ

 2015-11-25
プロ・ビーラーです.

とある日曜日のハナシ.
前回は春に開催された”BMS12”氏主催の悶絶イヴェント”本気のBBQ”ですが,またまた秋ヴァージョンとして開催されることになりまして.
今回もそのプラチナチケット(お仕事付きw)をいただいたので,またヨメと都内某所へ向かいます.
前日までは悪天候だったので私のような超絶雨男が行くのはどうかなー?なんて思ったけど,,,
何とっ!準備をしているあいだに晴れ間が♪
メニュー
当日までに↑のようなメニューを準備していたBMS12氏もホッとしたことでしょう(笑
会場の焼き台などの準備をしている間に,別の場所ではいつものように各店の巨匠の方々が仕込みに入っておりました.
カット中
今回はあえて店名や個人名は出しませんが,ホントに日本全国の名だたる名店の猛者が集結しているというね.
食材も素晴らしいモノが揃ったようですし,準備も整ったし.
さて,いよいよ”第3回 本気のBBQ”の開宴です!

第3回 本気のBBQ の続きを読む

鉄板焼 大栄フェア@ニューオータニ石心亭

 2015-11-22
プロ・ビーラーです.

とある10月の土曜日,仕事を終えて一段落付いた後に久しぶりに赤坂見附方面に向かいます.
この日はあのホテル内のレストランでなかなか魅惑的なイヴェントが期間限定で繰り広げられておりまして.
けっこうなお値段だったんですが,思い切って体験してみることにしました.
地下鉄の駅を降り地下道を歩いていると,すでにこんな広告まで掲示されてます.
案内
ということで,足早に会場になるレストランへ向かいましょうか.

石心亭

ホテルニューオータニ内の鉄板焼き屋さん,”石心亭”での”鉄板焼 大栄フェア”ですー.

今回は神戸のステーキ・鉄板焼き屋さん,”大栄”が特別メニューで出店するんです.
H.P.を見るとニューオータニ系列の鉄板焼き屋さんで時々コラボしてフェアをやっているようですね.
到着した時はちょうどディナータイムですが,日本庭園には外国人観光客などが多くいらっしゃいました.
さて,そこを通り抜けてさっそく入店しましょう.

鉄板焼 大栄フェア@ニューオータニ石心亭 の続きを読む

15年9月,イタリア (ローマ,オルヴィエート,フィレンツェ,ヴェネチア)

 2015-11-20
ローマ:
Hotel Eden, Rome(ホテル エデン):お部屋紹介
Hotel Eden(ホテル エデン)の朝食:ホテルの朝食

Emma – Pizzeria con cucina(エマ):イタリア料理,ピザ
OSTERIA il localino (オステリア イル ロカリーノ):イタリア料理

オルヴィエート:
Hotel La Badia di Orvieto(ホテル ラ バディア@オルヴィエート):イタリア料理,肉料理

フィレンツェ:
Rocco Forte Hotel Savoy (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ):お部屋紹介
Rocco Forte Hotel Savoy (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ)の朝食:ホテルの朝食

Ristorante da Lino(リストランテ・ダ・リーノ):イタリア料理,肉料理
NERBONE,Mercato Centrale(ネルボーネ,フィレンツェ中央市場):ファストフード,肉料理
Borgo San Jacopo Ristorante(ボルゴ サン ヤコポ リストランテ):イタリア料理,肉料理

ヴェネチア:
St. Regis Venice San Clemente Palace(セントレジス・サンクレメンテパレス):お部屋紹介
St. Regis Venice San Clemente Palace(セントレジス・サンクレメンテパレス)でのラストディナー:イタリア料理,BAR
St. Regis Venice San Clemente Palace(セントレジス・サンクレメンテパレス)の朝食:ホテルの朝食

Ristorante Antica Sacrestia ,Venezia(リストランテ アンティカ サクレスティア):イタリア料理,シーフード
Ristorante Antico Pignolo , HARRY'S BAR(リストランテ アンティコ ピニョーロ,ハリーズバー) :イタリア料理,シーフード,BAR
Trattoria pizzeria da Roberto ,Venezia(トラットリア ピッツェリア ダ ロベルト):イタリア料理,ピザ

機内食:
スイスインターナショナルエアラインズの機内食:機内食

St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)の朝食

 2015-11-20
ヨメです。

しばらく続いたイタリア編も今回で最終回(泣)
すでにお部屋編はお伝えしましたが、最後はSt. Regis Venice San Clemente Palace (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)の朝食をご紹介いたしましょう。

広大な敷地のホテルには↓のようなレストランがあります。
レストラン案内
この中で朝食がいただけるのは”INSIEME RESTAURANT”になります。
St. Regisの朝食場所
こちらの朝食もBuffet。
↓のように広いスペースが取られ、種類はなかなか豊富ですね。
buffet
ではさっそくお料理を取りに行きましょう!

St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)の朝食 の続きを読む

St. Regis Venice San Clemente Palace (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)でのラストディナー

 2015-11-19
プロ・ビーラーです.

長いこと続いたイタリア旅行記もいよいよ最終日(泣
最後の晩餐って訳ではないけど,この日はツアー参加のみなさんとホテルでディナーとなっておりまして.
ちょっとドレスアップ(?)してディナーの場所へ向かいました.

セントレジスラストディナー

時間になったので会場に行ってみると,すでにみなさん集まっておりました.
ツアコン氏と参加者代表の方から一言いただいた後はディナーのスタートです.

St. Regis Venice San Clemente Palace (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)でのラストディナー の続きを読む

Trattoria pizzeria da Roberto ,Venezia(トラットリア ピッツェリア ダ ロベルト@ヴェネチア)

 2015-11-18
プロ・ビーラーです.

ヴェネチア2日目のこの日.
まずは朝イチで”サン・マルコ広場”に向かい,この広場にそびえる鐘楼に登ることに.
鐘楼
とは言え,こちらはエレベーターがあるので楽チンに上れちゃいます.

何しろこちらからの景色は圧巻!
眺め1
ヴェネチアの町並みが一望出来ますよ!
↓”サン・ジョルジョ・マッジョーレ”や,,,
眺め2
↓もちろん”サン・マルコ広場”も一望出来ます.
眺め3
朝早めだったので,比較的空いていたのもラッキーですね.

その後はまた徒歩での観光です.
路地を歩き回っているとだんだん観光客の数も増えてきます.
ゴンドラ
ゴンドラもすでにフル稼働の勢いですが,どうやら午前中はアジア系の観光客が多いみたい.

この日は細い路地を歩き,そして小さな橋を渡りの繰り返し.
サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会
↑の”サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会”などは外観の写真を撮ってスルーしちゃうという.

そして”リアルト橋”を通り,,,
リアルト橋
海鮮や野菜がたくさん並ぶリアルト市場の見学へ.
市場1 市場2 市場3
こちらでは生モノはもちろん,乾物なども売ってるのでこちらでお土産をという手もありましたが,先にオルヴィエートで買っちゃったし,そちらの方が安かったので特に何も購入せず.

さらにヴァポレット(水上バス)にも乗り,”アカデミア美術館”は水上からの見学です.
ヴァポレット乗り場 アカデミア美術館
ヴァポレットを降りた後もさらに歩き回り,”フェニーチェ劇場”も外観だけでスルー.
フェニーチェ劇場
ってか,やはり見所満載なので,コレでどこかに絞って入るのもけっこう至難の業ですが.

さすがにこれだけ歩き回ってお腹もすいたランチ時.
実はこの日の午後もフリータイムでして.
ランチは本来ツアーには入ってなかったのですが,ココはツアコン氏におまかせしてこのお店に入りました.

da Roberto

Trattoria pizzeria da Roberto(トラットリア ピッツェリア ダ ロベルト)”ですー.

ちょうどお昼時ということでどのお店もボチボチな人の入り.
さて,今回もシーフードをいただいちゃおうかな♪

Trattoria pizzeria da Roberto ,Venezia(トラットリア ピッツェリア ダ ロベルト@ヴェネチア) の続きを読む

Ristorante Antico Pignolo , HARRY'S BAR ,Venezia(リストランテ アンティコ ピニョーロ,ハリーズバー @ヴェネチア)

 2015-11-16
プロ・ビーラーです.

ヴェネチア初日はシーフードのランチ〜ドゥカーレ宮殿やため息橋〜サンマルコ寺院などの観光
そして夕方からはホントはフリータイムだったのですが,ツアコン氏の先導で夕暮れ時にゴンドラに乗ってみよう!ということになりまして.
一度こちらのホテルで荷物を整理したりした後,またサン・マルコ広場方面に向かいます.
夕焼け クイーンエリザベス
途中の夕焼けもキレイでしたが,停留所近くにはちょうど有名な豪華客船,”クイーンエリザベス”が来ておりました.

そして夕暮れ時の19時ころ,いよいよゴンドラに乗船します.
↓は今回のgondoliere(ゴンドリエーレ)と呼ばれるゴンドラの漕ぎ手.
ゴンドラ1
いかにも海の男!といった感じでカッコ良いですね(笑

さらにツアコン氏,”せっかく乗るならバンドをお願いして音楽を聴きながら乗ると雰囲気最高ですよー!”ということでバンドもお願いしておりまして.
ゴンドラ2
しっかりその船をゲットして,目の前で演奏をしてもらっちゃったのでした♩
でもこの日は高潮で普段のルートが通れず,途中から引き返すルートになっちゃったのは残念.
まぁ雰囲気も演奏も楽しめたので大満足ですが(笑

ゴンドラに乗った後はまたフリータイム.
でも特に夕食の場所などチェックしていたお店はなかったので,またまたツアコン氏オススメのお店に行くことになりました.
相変わらず細い路地を進み,こちらのお店に到着しました.

Antico Pignolo

Ristorante Antico Pignolo ,Venezia(リストランテ アンティコ ピニョーロ)”ですー.

どうやらこちらはヴェネチアでも老舗のリストランテだそう.
入り口の看板の表記はかなりポップな印象ですが(笑

Ristorante Antico Pignolo , HARRY'S BAR ,Venezia(リストランテ アンティコ ピニョーロ,ハリーズバー @ヴェネチア) の続きを読む

St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)

 2015-11-15
プロ・ビーラーです.

いよいよイタリア編も終盤になりました.
まずはヴェネチアに到着した我々ですが,スーツケースと別れてそのままランチ&観光となりまして.
一通りの観光が終わった後,いよいよ最後の宿泊先のホテルに向かいましょう.
ヴェネチアのLuxuryホテルといえば”Hotel Danieli(ダニエリ)”が有名ですが,今回はこちらではありません.
そのダニエリの前の船着き場から出た船で到着したのはこちらのホテルでした.

St. Regis Venice

St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス)”ですー.

こちら,島がまるごとホテルになっているので,移動には↓のホテルの船を利用します.
船
もちろん水上タクシーでの移動も可能ですが,ホテルの船を使えば無料ですから.

島まるごとということで,敷地はホントに広い!
↓の地図,航空写真を見ると一目瞭然ですね.



地図左側の船着き場からロビーまでの距離もけっこうありますねー.
St. Regis Venice
さて,↓の回転ドアからそのままホテルに入ってみましょう.
玄関
ロビーに入るとまず階段が.
ロビーの階段
でも我々のお部屋は1階だったので,この階段は上りませんでした.

その階段脇にはコンシェルジュデスクがありますよ.
コンシェルジュデスク
そして廊下も↓のような長さ!
廊下
こちらを通ってさっそくお部屋に行ってみましょうか.

St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア) の続きを読む

Ristorante Antica Sacrestia ,Venezia(リストランテ アンティカ サクレスティア@ヴェネチア)

 2015-11-13
プロ・ビーラーです.

さてローマ〜フィレンツェではいろいろな観光名所や美術作品,もちろんグルメも堪能していた訳ですが,この日は朝からフィレンツェの中心部にあるサンタ・マリア・ノヴェッラ駅へ向かいます.
と言うのも今回からは最後の滞在地・ヴェネチアに向かうのです.
案内
↑すでに電車は遅れておりますが(笑

遅れている電車を待つ中,駅でのんびりしていると↓のようなカッコイイ列車も入ってきます.
イタロ
ホントなら我々も”italo(イタロ)”に乗ってみたかったところでしたが,我々の乗る列車は↓の”Frecciargento(フレッチャアルジェント)”でした.
電車
でもこの列車の1等車に乗るので席もゆったり.
↓のようなおやつも出てきます.
おやつ
しかもこの列車には何とカフェ車両もあるんですよー.
カフェ
こんな車内でマッタリしつつ,約2時間ほどの列車に揺られ到着したのはヴェネツィア・サンタ・ルチア駅.
そして駅からはスーツケースなどの大きな荷物と別れ,荷物はそのままこの日から宿泊するホテルへ,我々は↓の船で移動しましょう.
船
この写真は船を降りた時のモノですが.

ヴェネチアはご存知のとおり(?)小さな島々から出来ている町.
なのでクルマは入ることができないので,このような船や徒歩などで移動することになります.
移動の途中,↓のような豪華客船が停泊していたりして.
豪華客船
いつかはこんな船も乗ってみたいですねぇ.

いよいよ↓”サン・マルコ広場”の鐘楼も見えてきました♩
船
そして船はベネチアの中心地となるサン・マルコ広場近くのジャルディネット停留所に到着しました.

到着後は参加者みんなで連なって細い路地を移動します.
いつもなら観光と行くところですが,すでに時間はランチ時.
ということで,まずこの日はこちらのお店のランチに行くことになりました.

Antica Sacrestia

人がすれ違うのもやっとな位の細い路地にある,”Ristorante Antica Sacrestia(リストランテ アンティカ サクレスティア)”ですー.

こちらはツアコン氏いわくシーフードが美味しい!とのこと.
私もニク好きですが,やはりヴェネチアに来たならシーフードはかかせない!と思ってたので,こりゃ願ったり叶ったり.
さて,さっそく入店です.

Ristorante Antica Sacrestia ,Venezia(リストランテ アンティカ サクレスティア@ヴェネチア) の続きを読む

ピーナッツカフェ

 2015-11-12
プロ・ビーラーです.
イタリア旅行記の途中ですが,今回はちょいと小休止.

実は今年の8月下旬,私的に超絶気になりすぎるニュースが入ってきまして.
なんとっ!ヨメも私も大好きなスヌーピーのキャラをモチーフにしたカフェが中目黒にオープンするとのこと!
こりゃ是が非でも行かなければなりませぬ(笑
ということでオープンの2015年10月2日を待ちましたが,,,
しばらくの間は完全予約制とのこと(汗
しかし10月下旬の夜枠でしっかり予約することが完了♪
中目黒駅から約15分ほどのんびりと歩いていたら,↓のようなカワイイ看板が見えてきました.
看板

ピーナッツカフェ

スヌーピーのキャラクター満載のカフェ,”ピーナッツカフェ”ですー.

こちら,カフェだけでなくグッズ販売もすでに大人気のようで.
我々は比較的早めに予約出来たけど,すでに11月いっぱいまで予約は厳しいみたいですな(汗
ちなみに予約はこちらからになります.
さて,予約時間になったのでお店に入ってみましょうか♪

ピーナッツカフェ の続きを読む

Borgo San Jacopo Ristorante , Firenze(ボルゴ サン ヤコポ リストランテ@フィレンツェ)

 2015-11-10
プロ・ビーラーです.

この日は”ウフィツィ美術館〜フィレンツェ中央広場〜ピサ”と盛り沢山な観光でしたが,ヨメのお伝えした通りディナーもお楽しみ♩
予定の時間になったので,また参加者みんなでバスで今宵のリストランテ付近まで行ったのですが,,,
以前の日記でもお伝えしたようにフィレンツェの街中は時間制限でバスの乗り入れは禁止.
なので思いっきり遠回りすることに.
徒歩だと約10分ほどの場所ですが,約30分以上かけて到着した先はこちらでした.

Borgo San Jacopo

Borgo San Jacopo Ristorante (ボルゴ サン ヤコポ リストランテ)”ですー.

こちら,”Hotel Lungarno (ホテル ルンガルノ)”という,あのフェラガモが経営するホテルに併設されたリストランテです.
なので奥にはホテルの入り口やロビーもありますよ.
ホテル入り口 ホテル入り口2
しかもアルノ川沿いにあるので,ヴェッキオ橋もキレイに見えます.
ヴェッキオ橋
このリストランテもそうですが,周辺のお店はもともとの建物の意匠は崩さずに作られているとのこと.
いずれはココのホテルも泊まってみたいなぁ♪
ま,次はいつ来れるかわからないし,ひとまず今夜はディナーを楽しみましょう!

Borgo San Jacopo Ristorante , Firenze(ボルゴ サン ヤコポ リストランテ@フィレンツェ) の続きを読む

NERBONE,Mercato Centrale ,Firenze (ネルボーネ,フィレンツェ中央市場) と ウフィツィ美術館,ピサの斜塔 観光

 2015-11-09
ヨメです。
フィレンツェ観光の初日は私が担当します。
何しろ見所満載の観光だったので、写真と説明が多めになりますことをご了承ください。

この日はまず”シニョリーア広場”へ徒歩で向かいます。
シニョリーア広場にはレプリカですがミケランジェロのダビデ像などが並んでますが、私たちはそのまま”ウフィツィ美術館”へ入場します。
私たちはツアーですでに予約済みでしたのですんなりと入場出来ましたが、美術館前はやはり大行列!
予約なしで行った主人の友人は約4時間ほど待ったそうです(汗)
なので今後行かれる方は各種ツアーかこちらで先に予約を取ることをお勧めします。
しかも私たちのツアーではあの”ヴァザーリの回廊”への入場もあるんです!
楽しみですねー♪

ウフィツィ美術館にはメディチ家の財力を結集したルネッサンス美術珠玉のコレクションが展示されてます。
見逃せない作品は多数ありますが、やはり”ヴィーナスの誕生”は大人気!
ヴィーナスの誕生
さらにボッティチェッリ作の”春”やレオナルド・ダヴィンチ作の”受胎告知”、ラファエロ作”ひわの聖母”なども見逃せません。
春 受胎告知 ひわの聖母
もちろん他にも有名な作品は多数あるのですが、さすがにこちらでは紹介しきれないどころか限られた時間では廻り切れないのは残念です。

ひと通り見学すると眺めの良いテラスもありますよ。
テラスの眺め
そこで一息入れた後はいよいよヴァザーリの回廊へ入ります!
回廊内
中ではまた様々な絵画などを鑑賞。
途中、窓の外には”ヴェッキオ橋”も見おろすポイントがあります。
回廊からの眺め ヴェッキオ橋 商店など
ヴェッキオ橋はいわずと知れたアルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋。
橋の階上はウフィツィ宮とピッティ宮を結ぶ通路として使われていた”ヴァザーリの回廊”になってるんです。
サンタ・フェリチタ教会
ココを通ると”サンタ・フェリチタ教会”の内部も見えるんですね.

でも、さすがにこちらの美術品まではご紹介出来ませんが、こんな作品までありましたよ!
ラファエロ 草間彌生
ウフィツィ美術館のラファエロの自画像はもちろん有名ですが、展示されていないものの中には草間彌生さんの自画像までコレクションがあるんですね!

でもピッティ宮殿の外に出るといきなりの雨(汗)
ピッティ宮殿
ちょうど折りたたみ傘を持っていたので事なきを得ましたが。

その後は一度ホテルに戻りましたが、午後も含めてフリータイム。
しかし雨は強くなるどころか雷まで鳴りだしちゃったりして。
でも午後に向けて腹ごしらえと言うことで、前もってチェックしていたお店を目指し”Mercato Centrale (中央市場)”へ向かいましょう。
そして迷いつつ向かったのはこちらのお店です。

NERBONE

Mercato Centrale1階にある”NERBONE (ネルボーネ)”です!

こちらのお店、ランプレドットと呼ばれる牛の第4胃(ギアラ)を野菜と一緒に柔らかく煮込んだパニーノが有名なお店です。
余談ですがトリッパはハチノス(牛の第2胃)だそうですよ。
私たちの持参したガイドブックにもこのお店は載っていたのですが、どうやら主人も以前このランプレドットのパニーノをテレビで見たことがあったようで、かなり気になっていたそうです。
お店の向かいにはイートインのテーブルもありますが、そちらは昼過ぎのためか満席。
さらにお店の前にはオーダーの行列も出来てますし、私たちもさっそく並びましょう。

NERBONE,Mercato Centrale ,Firenze (ネルボーネ,フィレンツェ中央市場) と ウフィツィ美術館,ピサの斜塔 観光 の続きを読む

Ristorante da Lino ,Firenze (リストランテ・ダ・リーノ@フィレンツェ)

 2015-11-08
プロ・ビーラーです.

フィレンツェに到着しホテルにチェックインした後は本来は自由行動.
でも特に予定がない参加者は,またツアコン氏のアレンジで近くのリストランテでのディナーに行ってみることになりまして.
というか,ほとんどの参加者がこのディナーにも参加していたのですがw
目的のリストランテはホテルからもほど近いところにあるそうなので,みんなで連なって歩いて向かいました.

Ristorante da Lino

”サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(フィレンツェ大聖堂)”からもほど近いリストランテ,”Ristorante da Lino(リストランテ・ダ・リーノ)”ですー.

こちらは同行したツアコン氏オススメのリストランテ.
お店には日本人の女性店員もいらっしゃるので,日本語でのオーダーもスムーズです.
さて皆さんすでに入店したようなので,我々も後に続きましょう.

Ristorante da Lino ,Firenze (リストランテ・ダ・リーノ@フィレンツェ) の続きを読む

Rocco Forte Hotel Savoy (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ@フィレンツェ)の朝食

 2015-11-06
プロ・ビーラーです.

さて前回はフィレンツェでの宿泊先であるホテルサヴォイのお部屋などをご紹介いたしました.
フィレンツェに1泊した後のこの日の午前中はまたしっかりと観光が控えてます.
ひとまず朝食をいただいて英気を養いましょう.

こちらの朝食は1階にある”Irene Firenze(イレーネ・フィレンツェ)”でのBuffetになります.
お店は共和国広場に面したオープンテラスの席と店内の席がありますが,朝はちょっと冷え込むので今回は店内でいただくことにしました.
店内
壁には↓のようなワイン棚が.
ワイン棚
なかなか面白いセラーですね.

Buffetはお店のちょうど中央にあります.
Buffet
さて,さっそく朝食を取りに行きましょうか.

Rocco Forte Hotel Savoy (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ@フィレンツェ)の朝食 の続きを読む

Rocco Forte Hotel Savoy , Firenze (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ@フィレンツェ)

 2015-11-04
プロ・ビーラーです.

さて,この日はオルヴィエート観光〜ランチと移動していた訳ですが,その後は一路フィレンツェへ向かいます.
その途中”ミケランジェロ広場”へ出向いてフィレンツェの街を眺めてましょう.
ミケランジェロ広場からの眺め
おぉっ!あれが有名なヴェッキオ橋!ドゥオーモ!
天気がイマイチなのが残念だけどホントに絶景かな♩
街全体が博物館ってな言われ方もわかる気がします.

フィレンツェの景色を堪能した後は一路ホテルに向かいます.
ローマでの”ホテル エデン”もLuxaryなホテルでしたが,フィレンツェでも負けず劣らずの素晴らしいホテルの予定なので,すでにテンション高めです♩
さて,そのホテルはこちらー!

Savoy

こちらも1893年創業の老舗ホテル,”Rocco Forte Hotel Savoy (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ@フィレンツェ)”ですー.

こちらへのアクセスは日中はフィレンツェの街中はクルマの往来が禁止なので,近くでバスを降りて徒歩で向かいます.
もちろん荷物などはポーターさんが運んでくれるのは嬉しい限り.
さてさっそくホテル内に入ってみましょう.

ホテルに入ると目に飛び込むのはロビー奥のラウンジ.
ロビーフロア1 ロビーフロア3
H.P.などにも出てますが,壁に飾ってある絵が印象的です.
こちらのインテリアはアンティークというよりむしろモダンでオシャレなモノが多いですね.
ロビーフロア2
さりげなく置いてあるオーディオもBang & Olufsenだったりして.

さらに外には↓こんなチャリも.
チャリ
コレも観光用に貸してくれるのかな?

さて,チェックインも終わったので,さっそくお部屋に行ってみましょう.

Rocco Forte Hotel Savoy , Firenze (ロッコ フォルテ ホテル サヴォイ@フィレンツェ) の続きを読む

Hotel La Badia di Orvieto (ホテル ラ バディア@オルヴィエート)

 2015-11-02
プロ・ビーラーです.

さて昨日のローマ市街観光に引き続き,この日はバスに乗り一路高速道路を北上します.
向かった先はオルヴィエート.
あまりガイドブックにも出ておりませんが,ローマとフィレンツェの間にある崖の上にそびえる要塞のような町です.
オルヴィエート
↑の写真はバスの車窓からの眺め.
”世界一美しい崖の上の都市”と言われるのもわかりますね..

バスを降りるとオルヴィエート駅から出ているケーブルカーでさらに山を上って行きます.
ケーブルカー 線路
さらにケーブルカーを降りた駅からオルヴィエートの町までは歩くとけっこうかかるそうなので,ケーブルカーを降りたらバスに乗り換えてドゥオーモ近くまでさらに登ります.

そしてバスを降りると町のシンボル,”ドゥオーモ”とご対面です.
ドゥオーモ ドゥオーモ外観
正面が修復中だったのは残念ですが,さすがに荘厳に佇んでおります.
もちろんドゥオーモ内の”サン・ブリツィオ礼拝堂”も入場.
圧倒的なフレスコ画やイッポリト・スカルツァ作の”ピエタ”などを見学し,その後は町を散策することに.

”ポポロ広場”や”マウリツィオの塔”,”サント・アンドレア教会”など町の有名スポットをフラフラ.
マウリツィオの塔 ポポロ宮殿 サント・アンドレア教会
何しろこちらは至るところに中世の佇まいを残しているので,都会の喧噪とはかけ離れた景色が見られますよ.
町並み
そこに並ぶお店もカラフル.
お店2
↓のようなお肉の専門店もありました.
お店
こちらの町にあるお店はフィレンツェやヴェネチアと比べてもかなりお安いので,乾燥ポルチーニなどのお土産もこちらで買い込んじゃいました.

ちょっと歩いた後はカフェで一息入れましょうか.
カフェ
店内はなかなかのにぎわい.
店内
ちなみにイタリアのカフェはまず入り口でオーダー,支払いをしてからレシートをもらい,さらに奥でそのレシートを渡してオーダーしたモノをいただくシステムです.
エスプレッソ
私はエスプレッソをいただいたけど,ヨメ的にはやはりスイーツが気になったみたい(笑
でもその後のランチが控えてたので,前日学習したとおりに空腹でのぞむことにしたようです.

そしてバスに戻り,向かったランチ先はこちらでした.

ホテル ラ バディア

Hotel La Badia di Orvieto (ホテル ラ バディア@オルヴィエート)””ですー.

こちら,オルヴィエートの町からちょっと離れた山の中腹にあります.
外観
↑はホテルの中庭からの眺め.
中央に見える塔はこちらのシンボル的存在のようですね.

Hotel La Badia di Orvieto (ホテル ラ バディア@オルヴィエート) の続きを読む

OSTERIA il localino (オステリア イル ロカリーノ@ローマ)

 2015-11-01
プロ・ビーラーです.

さて”ローマ歴史地区観光”が続きます.
こちらでランチをたらふくいただいた後は,またバスに乗って観光です.
車窓からの観光もありましたが,さすがに満腹でウトウトする方も多数.
しかしこの日の午後はローマの有名スポットの見学がありまして.

ってことで到着したのは”コロッセオ”です.
コロッセオ1
こちらは5万人収容と言われる円形闘技場.
猛獣と拳闘士の戦いや拳闘士同士の血なまぐさい戦いが繰り広げられていたらしいので,霊感が強い人はちょっと気持ち悪くなったりなんてこともあるそうですが,幸い私はダイジョブでした.
中に入るエレベーターもあるけど,階段をテクテク上って目に入った光景がこちらー!
コロッセオ2
今から2000年以上前にこの規模の建築物が建てられたってのもスゴいハナシ.
ちなみに↓の写真真ん中のテラス席風になっているところはいわゆるVIP席だそう.
コロッセオ3
一部は床が敷かれてますが,もともとは全面に床があり現在のような内部の構造は見えなかったとのこと.
この通路を猛獣や拳闘士が通っていたようです.
コロッセオ4
こちらもいずれ床が復元されるそうで,もしかしたらこの光景も見られなくなるかもしれませんね.

そしてその後一時ホテルに帰り,各々フリータイム.
ってことで,ホテルからも近かった”スペイン広場”に行ってみることにしました.
スペイン広場
夕暮れ時でキレイだったけど,何しろこの人出!
ま,しっかり座って記念撮影だけはしてきましたけど(笑

さて陽も落ちて晩ご飯時.
この日のディナーはやはりホテル近くでいただくことになっておりました.

OSTERIA il localino

今回も路地裏のシーフードがメインのオステリア,”OSTERIA il localino”ですー.

我々が到着した19時すぎ.
店内は↓のようにまだお客さんもまばらでしたが,しばらくすると↑の写真のようにテラスはほぼ満席!
店内1
しかも店内もいっぱいになるほどの人気店のようです.
でも,,,ランチが響いてあまりお腹が空いてないのが心配ですが(汗

OSTERIA il localino (オステリア イル ロカリーノ@ローマ) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫