17年5月,東北旅行:秋田 〜角館〜

 2017-06-21
秋田:角館
角館山荘 侘桜
〜お部屋編〜
〜施設編〜
〜お食事編〜

角館そば と 角館観光:お蕎麦

17年5月,東北旅行:宮城 〜松島,白石〜

 2017-06-21
宮城:松島
松庵 松島佐勘
〜お部屋編〜
〜松島観光編〜
〜施設編〜
〜お食事編〜

宮城:白石
時音の宿 湯主一條
〜お部屋編〜
〜施設編〜
〜お食事編〜

光庵(ひかりあん):温麺

角館そば と 角館観光

 2017-06-21
ヨメです。

”侘桜”をチェックアウトした後、まず角館駅まで送迎してもらい、駅前の観光案内所で荷物を預けます。
その後は歩いて武家屋敷の方に行ってみることにしました。

ちょうどこの日まで角館では桜祭りを開催しているとのことでしたが・・・
タイミングがちょっと遅かったようでどこも葉桜になりかけでした。
でも桜の週最後の週末ということもありすごい人!
なので、朝ご飯をいただいた後でしたが、先に目星を付けていたお店に行ってみることにしました。

角館そば

角館そば”です!

こちらはあの有名な”翁達磨グループ”のお蕎麦屋さんです。
武家屋敷の並ぶ”内町”ではなく、商家などの多い”外町”にあります。
でも有名な武家屋敷はここからも歩いて10分ほど。
腹ごなしにもなるし、主人も気になるメニューがあるようです。

角館そば と 角館観光 の続きを読む

角館山荘 侘桜 〜お食事編〜

 2017-06-20
プロ・ビーラーです.

侘桜”に到着後,一通り宿内を探検
しっかり露天風呂まで入り,いよいよお食事の時間になりました.
こちらでの食事はダイニング付きのお部屋ではお部屋食になるようですが,一般の和室,和洋室に宿泊すると↓の個室ダイニングでいただくことになります.

侘桜ダイニング

ちなみにこちらのお料理はあの”分とく山”の総料理長・野﨑洋光氏のプロデュースとのこと.
”分とく山”には行ったことはありませんが,秋田の食材を組み込んだお料理が楽しめるとのこと.
今回も予約時間は早めなのでまだ夕陽が明るい時間でした.

角館山荘 侘桜 〜お食事編〜 の続きを読む

角館山荘 侘桜 〜施設編〜

 2017-06-17
プロ・ビーラーです.

前回は”お部屋編”をお伝えしましたが,ちょうどこの日は早めの時間に貸し切り露天風呂が空いておりまして.
ひとまず浴衣に着替え,さっそくそちらに行ってみましょうか.

貸し切り露天風呂は宿泊棟の一番奥に位置してます.
お風呂の玄関
この玄関を抜けるとこんな通路が,そして奥の建物が貸し切り露天風呂になります.
お風呂入り口
そして中に入るとこんなステキなお風呂がお目見えです.

露天風呂

別角度から見ると↓こんな感じー.
貸し切り露天
こちらも木々の揺らぐ音と温泉の流れる音が心地よい.
この日はちょっと暑かったんですが,そんな日中に入る露天風呂もなかなかオツですねー♩
露天風呂テラス
さらにこちらのテラスでマッタリというのも良い感じ.
さて,お風呂に入った後は少し本館の方へ足を運んでみましょう.

角館山荘 侘桜 〜施設編〜 の続きを読む

角館山荘 侘桜 〜お部屋編〜

 2017-06-16
プロ・ビーラーです.

いよいよG.W.の東北旅行も3日目.
白石蔵王駅から新幹線に乗り,今回向かった先はなんとっ!
さらに北上しての角館でして.
角館駅 角館ホーム
私的には秋田はまだ新幹線の通っていなかった時代に通り抜けたことがある程度.
なのでお初の秋田訪問になります.
さすがに新幹線の駅とは言えローカル感が漂う駅ですね(笑

そして駅からは先に予約していたお宿の送迎のクルマに乗り込み,向かった先はこちらです.

侘桜

角館山荘 侘桜”ですー.

こちら,やはり旅行好きのヨメの先輩ご夫婦が絶賛していて,我々もぜひ行ったみたかった宿.
門をくぐると↓のような茅ぶき屋根の建物がお目見えです.
宿外観
ちなみにこの本館は古民家を移築したんだそう.
ひとまず我々もこちらでチェックインしちゃいましょう.

角館山荘 侘桜 〜お部屋編〜 の続きを読む

光庵(ひかりあん)

 2017-06-13
プロ・ビーラーです.

”湯主一條”を11時にチェックアウト後,またレンタカーで白石市内に戻ります.
次の新幹線まで市内の観光をしよう!ということになっておりまして.
しっかり朝食をいただいた後でしたが,まず目星を付けていたお店に行ってみることにしました.

光庵

白石温麺の有名店,”光庵(ひかりあん)”ですー.

こちらは”きちみ製麺”という温麺の製麺所がやっているお食事処.
なのでナビを頼りに行くと↓のお土産屋さんに連れて行かれます.
入り口
店舗前の駐車場にクルマを置いて奥に行くと見ての通り,茅ぶき屋根がキレイな古民家が奥にあるんですよ.
光庵入り口
さらに裏手に廻ると↓のように工場があります.
工場
お店に到着したのは11時20分ころ,幸い行列はありませんでした.

光庵(ひかりあん) の続きを読む

時音の宿 湯主一條 〜お食事編〜

 2017-06-10
プロ・ビーラーです.

とりあえずお宿の内外を散策した後はいよいよお食事の時間♩
予約の時間になるとお部屋にお宿の方が迎えに来てくれますよ.

一條本館

お食事は↑の本館,”個室料亭匠庵(しょうあん)”でいただきます.
個室料亭と言う通りすべて個室になります.
室内
余談ですが宿泊棟である別館は喫煙所以外は禁煙ですが,こちらは喫煙可能とのことです.

時音の宿 湯主一條 〜お食事編〜 の続きを読む

時音の宿 湯主一條 〜施設編〜

 2017-06-09
プロ・ビーラーです.

前回は”お部屋編”をお送りした”湯主一條”宿泊記.
こちらは国の登録有形文化財にしていされている本館,宿泊棟となっている別館とお風呂のある木造別館,さらに一條の森と名付けられた遊歩道などがあるそうで.
今回はその施設編をお送りいたしましょう.

一條本館

↑↓はその本館.なかなか趣のある建物です.
本館
この本館は今はお食事処として使われてます.
本館に関しての詳しい内容はH.P.のこちらのページに出てますよ.

さらにこちらの外は↓のように,いかにも温泉街という道が続きます.
外
この鎌先温泉郷にはこちらを含め5軒の旅館があるそう.
↓はこちらの本館・別館の見取り図.
宿案内2
ちょっと迷路チックですが,ひとまず館内外の探検開始です!

時音の宿 湯主一條 〜施設編〜 の続きを読む

時音の宿 湯主一條 〜お部屋編〜

 2017-06-05
プロ・ビーラーです.

松島を出てからはまた在来線で仙台へ.
その後はまた新幹線で移動するんですが,その前に1度駅の外へ出てヨメがぜひ行きたかったお店に向かいましょう.
それは仙台駅3階,ずんだ小径内にある”ずんだ茶寮”です.
ずんだ茶寮 茶寮メニュー
お目当てはもちろん”ずんだシェイク”,某TV番組でも有名になったモノです.
シェイク
コレをいただきながら新幹線で1駅約15分,到着したのは初めて降り立つ白石蔵王駅です.
白石蔵王駅
こちらからはレンタカーに乗り換えて,少し蔵王方面のドライブを楽しんじゃいましょう.

蔵王までは比較的スムースに移動できたけど,,,
本来ランチでいただこうと予定していたピザ屋さんはG.W.ということもあり大行列!
仕方なくピザはあきらめて今度は蔵王の山道を進みます.
さすがに蔵王の山はまだ雪を被っておりました.
蔵王 蔵王案内
ホントなら御釜(おかま)まで登る予定でしたが,,,
やはりG.W.の大渋滞でこちらも断念.

いろいろと予定を変更しつつ,レンタカーはまた白石蔵王方面に戻って鎌先温泉へ.
そして今回宿泊するお宿の駐車場に到着しました.
さらにお宿のクルマに乗り換え,数分でこんな趣のある温泉街に到着します.
温泉街
そして↓のような看板が見えてきました.

湯主一條

この日宿泊するお宿,”時音の宿 湯主一條”ですー.

こちらのお宿は温泉街の一番奥に位置してます.
両脇に建物がありますが,左手は登録有形文化財に指定されている本館.
宿泊するのは↓の看板の付いている別館です.
テラス 湯主一條看板
まずは館内に入り,奥のラウンジでチェックイン.
お茶
やはりお茶とずんだ餅が出てくるんですね(笑
ひとまずチェックイン手続きも終了したのでお部屋に行ってみましょう.

時音の宿 湯主一條 〜お部屋編〜 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫