FC2ブログ

くりや

 2017-09-30
プロ・ビーラーです.

この日の午後カフェを巡り,中町通りや縄手通りを散策.
やはり夜になるとお腹は空くもんです.
ランチはお蕎麦をたぐったんですが,夜もせっかくなのでお蕎麦と馬刺しといきたいところ.
調べると中町通りのこちらのお店がヒットしたので,そちらに足を運んでみましょうか.

くりや

ダイニングバー,”くりや”ですー.

しかし,,,お店のドアに気になる張り紙が.
終了
って,そば切れ終了でガーンだな,と.
でも,,,また代替案は考えていなかったんですよ.
ま,ちょっとしたツマミなどはあるでしょ?!
ということで入店することにしました.

くりや の続きを読む

松本カフェ巡り 1日目 〜珈琲 まるも,竹風堂〜

 2017-09-29
ヨメです。

こちらでお蕎麦をいただいた後、もう一度縄手通り方面に戻ります。
この縄手通りは”縄のように長い土手”ということから名付けられたそうです。
この通りにはマスコットのカエルがいろんな所におりますよ。
カエル
この通りを少し歩き、到着したのは四柱神社です。
四柱神社
天気も良く・・・というよりもすっかり真夏の空ですね!
せっかくなのでこちらにお参りした後は、主人の希望もあり”松本市時計博物館”に行ってみましょう。
時計博物館
こちらではたくさんの壁掛け時計などの古時計が出来る限り動いている状態で展示しているそうです。
さらにSP盤の蓄音機もあり、時間によってその視聴会もあります。
私たちもタイミング良くその音色を聴くことが出来ました♩
なんかホッとする優しい音でしたよ。

その後は中町通り方面に戻ることになりましたが、その途中で私の気になる喫茶店があったのです。
ひとまずこちらに寄り道してみましょう。
 
喫茶まるも

川沿いの有名な喫茶店、”珈琲 まるも”です!

民芸家具やアンティークが並ぶ店内は懐かしくホッとする空間です。
店内2 店内1
私たちはお店の真ん中のオーディオの前の席に通されました。
オーディオ
ここにはクラシックのCDやLPが並んでます。
でも店内に流れていた音楽はiPodで再生しているみたい。

ひとまずお蕎麦をいただいた後だったので、こちらではスイーツはいただかずに私はジュース、主人はコーヒーをいただきましょう。
ジュース 珈琲
主人いわく、このコーヒーがなかなか美味しい!とのことです。
ひとまず休憩した後はまた外に出てみましょう。

この”喫茶 まるも”の奥には”旅館 まるも”があります。
宿
こちらのお宿は松本民芸家具の創立者・池田三四郎氏により1956(昭和31)年に建てられたんだそうです。
なので民芸家具のファンからは憧れのお宿と言われている、いわば聖地のような場所なんです。
しかも外国からの観光客の宿泊も多いそうです。
こちらは宿泊費もそれほど高くはないので、いつかは泊まってみましょうか?

さて、お次はまた中町通り方面に行ってみましょう。

松本カフェ巡り 1日目 〜珈琲 まるも,竹風堂〜 の続きを読む

蕎麦倶楽部 佐々木

 2017-09-28
プロ・ビーラーです.

松本2日目も良い天気.
この日は狙っていたお蕎麦屋さんがあったので,お昼前からマッタリと縄手通りなどを練り歩き,お店方面に行ってみると,,,
そこにはすでにDGRが(汗
しかし代替え案は考えていなかったので,大至急行列に接続しました.

蕎麦倶楽部 佐々木

縄手通りから裏路地に入ったところにあるお蕎麦屋さん,”蕎麦倶楽部 佐々木”ですー.

お店の前には↓のようなお品書きと説明が置いてあります.
外看板 メニュー
どうやら飲み系のメニューも豊富.
となるとメインのお蕎麦以外にも,お酒に蕎麦前を少しとそばがきもいただいちゃおうかな?,,,なんて考えておりまして.
しかし,この時はまだどれだけ待つことになるかは知る由もなかったのでした.

蕎麦倶楽部 佐々木 の続きを読む

ラーメン 藤

 2017-09-27
プロ・ビーラーです.

1日目の松本BAR巡りも終わり,ホテルに戻ろうと思ったんですが,,,
私もヨメもすっかりお腹が空いていたことを思い出しまして.
何しろ夜の焼肉からすでに6時間以上経過,しかもその焼肉店での〆やBARでの食事系はいただかなかったし.
時間はすでに2時過ぎですが,とりあえず近場でパパッといただける何かはあるかな?と検索してみると,こちらのお店が引っかかったんで行ってみることにしました.

ラーメン 藤

松本駅からもほど近いラーメン店,”ラーメン 藤”ですー.

駅からココまでの道のりは飲み屋街を通るので,どうやら飲んだ後の〆の1杯をという方も多いようで.
我々もけっこう酔ってるけど,のれんをくぐってみましょう.

ラーメン 藤 の続きを読む

松本BAR巡り 1日目 〜 MOON OVER STREET CLUB ,MAIN BAR COAT ,BRORA 〜

 2017-09-26
プロ・ビーラーです.

松本に戻り1日目の夜.
こちらのお店での夕食は軽めに済ませ,その後はこの地図を頼りに次のお店を探します.
ホテルではすでに数件リストアップ,その中で一番動きやすそうなルートを熟考しまして.
まず向かったお店はこちらです.

MOON OVER STREET CLUB

川沿いのJAZZ BAR,”MOON OVER STREET CLUB”ですー.

こちら,どうやら毎週金・土曜日はお店でJAZZ Liveをやっているとのこと.
この日はちょうど土曜日だったので,それを目当てに来てみたという寸法です.

店内はL字のカウンターとテーブル席,そして小さめのステージがあります.
我々はカウンターに陣取りました.
バックバーは↓こんな感じ−.
MOON OVER STREET CLUB1
まず私はサッパリとした柑橘系のカクテルを,ヨメも同じくサッパリしたノンアルコールをオーダー.
MOON OVER STREET CLUB2 MOON OVER STREET CLUB3
こちら,Liveだけではなく,ちゃんと好みを伝えるとオーダーに合わせたカクテルを作ってくれますんでご心配なく.

ちなみにLiveは↓こんなメンバーでしたが,,,
MOON OVER STREET CLUB4
演者が名字だけってのも珍しい気が(笑
ちなみに調べるとお2人ともギタリストの”林 努武”氏と”内藤 澄夫”氏だそうです.
ステージの写真はありませんが,こちらでは2杯ほどいただきつつ約30分のLiveを堪能.
ちょっと名残惜しいけど,次のBARに行ってみましょう.

松本BAR巡り 1日目 〜 MOON OVER STREET CLUB ,MAIN BAR COAT ,BRORA 〜 の続きを読む

焼肉ほうせん 松本店

 2017-09-25
プロ・ビーラーです.

上高地から松本に移動後,ホテルにチェックインするとすでに夕方17時ころ.
事前に松本駅周辺で気になるお店をチェックしていたんですが,,,
目星を付けていたお店がすでに予約で満席とのこと.
しかもそのお店が馬刺しが有名というお店だったので,すっかり口は馬刺しというかお肉気分.
慌てて調べるとホテル近くに馬刺しなど生肉も出す焼肉店があるみたい.
せっかくなので,そちらに行ってみることにしました.

焼肉ほうせん

焼肉ほうせん 松本店”ですー.

こちら,ホテルの並びにあるパルコからもほど近い場所にあります.
比較的キレイなビルなのでまだ新しいのかな?
ひとまず予約の時間,さっそく行ってみましょう.

焼肉ほうせん 松本店 の続きを読む

東京ホルモンズ presents ”屋形船 東京 濱田屋” 2017

 2017-09-22
プロ・ビーラーです.
今回は夏の旅行記は小休止.
夏のお楽しみイヴェントの模様をお送りします.

夏休みの旅行を満喫した後の週末.
今年もこの日がやってきました!
しかも,この日は休日出勤になりそうだったんですが,直前に回避出来まして.
前日もそれほど飲まなかったおかげで,満を持して集合場所に向かったのでした.

屋形船2017

東京ホルモンズ presents ”屋形船 東京 濱田屋” 2017ですー!

例年とおりに集合場所にはすでに”飲み”や”ラ”のプロが集結.
今回で我々も3回目.
やはり3年目ともなるとお子さん連れの方も多くなり,みなさん大きくなってますなぁ.
さて,バスも船着き場に着いたので我々も船に乗り込みましょう!

東京ホルモンズ presents ”屋形船 東京 濱田屋” 2017 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その4(岳沢湿原)〜

 2017-09-21
プロ・ビーラーです.

今回の日記で上高地編は終了.
最後はまた散策編をお送りいたしましょう.

この上高地五千尺ホテルには上高地で唯一の常駐ガイド・ナショナルパークガイドがおりまして.
H.P.によると,

上高地に生息する動植物や、ありのままの自然をゆったりと、より身近に感じていただけるようわかりやすくガイドしています。
“見るだけの上高地” から “触れて感じる上高地”へ。
上高地で過ごす皆様のお手伝いをさせて頂きます。


とのこと.
ツアーは早朝の河童橋周辺散策から日中のツアー,さらに夜の暗闇ツアーというのもありますが,我々もこの夜のツアーを申し込みました.
アクティビティ
この日はちょうど散策に出る直前に天気が崩れたんですが,ホテルに↓のようなポンチョなどもあるので,しっかりお借りしました.
岳沢湿原1
ただ,その後は幸いにも雨にはあたらずに済みましたが,ちょっと雲が多かったのであまり星空が見えなかったのは残念.
しかもこの暗闇ツアー,ガイドさんの懐中電灯のみを頼りに自然の静寂や月明かりなどを楽しむというツアーなので,途中の写真などは真っ暗なので一切ナシ.
ただ,五感を研ぎ澄ませて暗闇を歩くというのも新鮮だし,雲の切れ目から見える星もキレイだったなー♩
また途中のポイントで上高地の木々の説明などもあり,日中のツアーとセットで来るとより理解が深まるかもしれません.

ということで,せっかくだから次の日の朝食後に同じルートを辿ってみましょう.
今回もスタート地点は河童橋.
岳沢湿原7
まずはホテル白樺荘の横の道をどんどん進みます.
そして奥に進むと↓のような木製の通路が出てきます.
岳沢湿原2
ガイドさんいわく,この2本ある通路は向かって左側は木がせり出す部分が多いので右側の方が歩きやすいそうです。

そして歩くこと約10分ほどで岳沢湿原に到着です.
岳沢湿原3 岳沢湿原4
さすがに前夜は真っ暗闇だったのですが,こんな湿原が拡がってたんですね!
時折,鴨が羽ばたく音も聞こえましたが,この日はのんびりと浮かんでおりました.

さてホテルに戻りましょう.
昨晩も戻る際にこのアカマツの説明を受けましたが,実際に明るいところで見ると他の木に比べホントに赤い.
岳沢湿原5
しかもけっこうな大きさだったんですな.

その後は天気も良くなり,↓のようなキレイな景色が楽しめました♪
岳沢湿原6
そしてホテルに戻り,チェックアウトの時間に合わせて荷物をまとめましょう.

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その4(岳沢湿原)〜 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜施設編〜

 2017-09-20
ヨメです。

上高地滞在2日目、前回までは”上高地五千尺ホテル”の”お部屋編”、”散策編 その3”、”お食事編”をお伝えいたしました。
今回はこちらの”施設編”をお送りいたします。

やはり私のお楽しみといえばスイーツ♪
こちらではロビー前ですでに誘っているカフェがあるんですよ!
さっそく私たちも入りましょう!

5ホルン

まずご紹介するのはこちら、ティーラウンジ”5ホルン”です!

入り口も明るいですが、こちらのお花はちょうど前日に活けたそうです。
5ホルン入り口5ホルンお花
入り口隣りにはショップもあるので、お菓子やジャムなど購入出来ますよ。
5ホルンショップ
ちなみにお隣にある別館のお土産屋さんでもジャムなどはありますが、このお土産屋さんの2階には”河童食堂”という食堂もあります。
こちらはいつも混んでるようですが、やはりこのカフェも混んでおりました。

上高地五千尺ホテル 〜施設編〜 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜お食事編〜

 2017-09-19
プロ・ビーラーです.

明神池までの散策後,いよいよお楽しみのディナータイムです♪
今回はまた一休.comでの”夏の五千尺キュイジーヌプラン”というプランを予約していたので,お風呂に入った後に予約の時間にダイニングルームへ向かいます.

五千尺ホテル ダイニング入り口

ダイニングルームは↑の談話室横の階段から行けますが,ロビー脇の階段を上がってもダイジョブです.
今回はまたフレンチ,さっそく内容をご紹介いたしましょう.

上高地五千尺ホテル 〜お食事編〜 の続きを読む

上高地五千尺ホテル 〜散策編 その3(河童橋〜明神池)〜

 2017-09-16
ヨメです。

今回は上高地五千尺ホテルにチェックインした後、2日目の散策編をお送りいたします。
2日目はまず午前中に歩いた上高地帝国ホテルから大正池までのルートをお伝えしましたが、午後は河童橋から明神池を目指してみることにしましょう。

まず↓こちらはスタートラインの河童橋です。
明神池散策,河童橋
明神池までは梓川をはさんで左ルートと右ルートがあります。
左ルートは片道約60分、右ルートは約70分と若干時間がかかるようなので、今回は左ルートを歩くことにしました。
明神池散策2
歩き出すとテントサイトがありますが、その後はひたすら山道を歩きます。
やはり途中で野生の猿が出没したりもしますが、それほど高低差はありません。

途中の写真はあまり撮らなかったのですが、約1時間ほど歩くと明神池近くの”明神館”に到着しました。
明神池散策3 明神池散策18
こちらはその旅館前にある石碑、奥には明神岳が見えますよ。
この写真を見ての通り、私は比較的軽装で散策しましたが、さらに奥の徳沢や横尾に行かれる方などは本格的な装備で休憩しておりました。

さらに奥に進むと梓川に架かる明神橋が見えてきました。
明神池散策4 明神池散策16
この明神橋からの眺めもキレイですね♩
明神池散策5 明神池散策6
さすがにここまで歩くと河童橋のような混雑はありません。
明神池散策7
そして橋を渡ると↓のような案内が見えてきました。
明神池散策8
そしてたどり着いたのは穂高神社奥宮です。
明神池散策9
明神池はこの穂高神社にあるので、池を眺めるには拝観料300円が必要になりますよ。
明神池散策13 明神池散策14
池に行く前に神社にもお参りしておきましょう。
明神池散策10
そして↓こちらが明神池です。
明神池散策11 明神池散策12
明神池は一之池と二之池に分かれますが、どちらもキレイな水質なので鏡のように景色が映るのが美しいですね。
ちなみにこちらでは毎年10月8日に御船神事が開催されるそうです。

さらに神社の入り口付近には上條嘉門次という方の石碑がありました。
明神池散策15
この方は明神池畔に嘉門次小屋を建て、猟師や山案内をしていたそうです。

さて、後は来た道を戻りましょう!
明神池散策17 明神池散策19
ここからは約3km、一度来た道なので帰りの方が比較的気楽でした。
ホテルに戻るとお楽しみのディナータイム♪
今回はまたフレンチとのこと、楽しみです☆

上高地五千尺ホテル 〜お部屋編〜

 2017-09-14
プロ・ビーラーです.

上高地帝国ホテルをチェックアウト後,まだまだ時間があったので少し散策をしておりましたが,荷物だけは次のホテルに運んでいただきまして.
ちょうどハイシーズンということもあり上高地帝国ホテルには連泊出来なかったんですが,もう1つの人気ホテルを運良く予約することが出来たのです.
そのお宿はこちらです!

上高地五千尺ホテル

上高地五千尺ホテル”ですー.

こちらは河童橋の目の前にある人気ホテル.
なので外来のお客さんもカフェやお土産屋さんにあふれるスポットです.
我々も大正池までの散策後,15時のチェックインまで少し時間があったのですが,ありがたいことにアーリーチェックインさせていただきました.

上高地五千尺ホテル 〜お部屋編〜 の続きを読む

上高地帝国ホテル 〜散策編 その2(上高地帝国ホテル〜大正池)〜

 2017-09-13
プロ・ビーラーです.

上高地帝国ホテルをチェックアウト後,荷物は次のホテルに運んでもらうように手配.
その間はせっかくなので昨日行かなかった方面へ散策してみることにしました.
昨日は”上高地帝国ホテル〜河童橋”のルートを行きましたが,今回は大正池方面へ行ってみましょう.
今回のスタート地点はまた↓のホテル裏手の遊歩道になります.

明神池散策,河童橋

この日は比較的天気も良く日なたは暑かったけど,頑張って歩いてみましょう!

上高地帝国ホテル 〜散策編 その2(上高地帝国ホテル〜大正池)〜 の続きを読む

上高地帝国ホテル 〜ラウンジ・BARなど施設編〜

 2017-09-12
ヨメです。

夏休みの上高地帝国ホテル滞在記、前回までは”お部屋編”、”散策編 その1”、”お食事編”と続きましたが、今回は個人的にお楽しみのスイーツも交え私が担当いたします。

この”上高地帝国ホテル”で有名なのは↓のマントルピースですよね!
グリンデルワルトのマントルピース
入り口を入ると目の前にあるので否応なしに目に入りますが、やはり大きい!
マントルピース2
寒くなってこちらに火が入るとまた良い雰囲気になるでしょうねー!
そしてこのマントルピースが設置されているのはこちらのカフェになります。

グリンデルワルト

カフェ グリンデルワルト”です!

↑の写真はこちらの入り口のカフェタイムのディスプレイ。
反対側には↓のようなアンティークの時計が置いてあります。
時計
さらに入り口の上には↓のようなディスプレイが!
入り口
コレもこの近くで捕獲されたんでしょうか?

上高地帝国ホテル 〜ラウンジ・BARなど施設編〜 の続きを読む

上高地帝国ホテル 〜お食事編〜

 2017-09-11
プロ・ビーラーです.

今年の夏休みの旅行記,”上高地帝国ホテル”編.
河童橋までの散策の後はお待ちかねのディナータイムです!

今回の宿泊プランはお部屋のみの素泊まりプランなので夕・朝食は別に予約しておきました.
こちらでの夕食は和食・鉄板焼きの”あずさ庵”,カジュアルレストラン”アルペンローゼ”と,もう1つフレンチのダイニングがありまして.
私的には東京を含めお初の帝国ホテルの宿泊だったので,せっかくだからと奮発したのでした.


ダイニングルーム

こちらのメインダイニング,”フランス料理 ダイニングルーム”ですー.

賞状 装飾

メインダイニングというだけあって,さすがにTシャツ,短パン,サンダルなどはN.G.ってことで,我々も少し小綺麗な格好に着替えて予約時間にレストランに行ってみました.

上高地帝国ホテル 〜お食事編〜 の続きを読む

上高地帝国ホテル 〜散策編 その1(上高地帝国ホテル〜河童橋)〜

 2017-09-09
プロ・ビーラーです.

ひとまず”上高地帝国ホテル”にチェックイン後,ディナーまで少し時間がありまして.
せっかくなので辺りを散策してみることにしました.
こちらのホテルはちょうど有名なスポットでもある”大正池”と”河童橋”の中間辺りに位置しておりまして.
まずは河童橋方面へ行ってみましょう.
ちなみにこの辺の位置関係などはこちらのサイトをご参照ください.

スタート地点は↓のホテル裏手です.
ホテル裏
少し歩くと↓のような案内看板が出てきました.
河童橋散策1
まずは”ウェストンレリーフ”を目指しましょうか.

少し歩くと田代橋が見えてきます.
河童橋散策2
しかし梓川の清流がキレイだなぁ♩
河童橋散策3 河童橋散策4
川を渡りホテルの反対側の道を進むと足湯がありました.
河童橋散策5
こちらは”上高地温泉ホテル”です.
河童橋散策6
さらにお隣には”上高地ルミエスタホテル”もあります.
河童橋散策7
この2軒は上高地でも珍しい温泉付きホテルだそう.
こちらのホテルも当初宿泊を検討したんですが,実際に来てみると荷物をココまで運ぶのが難儀かもしれないなぁ.

もう少し進むとひっそりと↓の案内が出てきました.
河童橋散策8 河童橋散策9
こちらが”ウェストンレリーフ”です.
河童橋散策10
このレリーフはウォルター・ウェストン(Walter Weston)のモノ.
この方は日本アルプスを世界に広め,近代登山家の父と言われているそうです.

ココから河童橋までは約1km.それほどキツくはありません.
河童橋散策11
あとは梓川に沿ってどんどん歩きましょう.
河童橋散策12
途中,野生の猿と遭遇したりして.
河童橋散策13 河童橋散策14
そして”西糸屋山荘”などを横目に歩くと,,,
河童橋散策15
目的地の河童橋に到着しましたー.
河童橋散策17 河童橋散策16
この間,のんびり歩いて約1時間ほど.
それほど高低差もないので歩きやすいですよ.

さらに河童橋近辺を巡り,さらにバスターミナル方面へ向かいます.
大正池散策12 大正池散策13
明日の散策は↑のお花などを眺めながらというのも良さそうですね.
その後はバスターミナルで帰りのバスの整理券をもらい,ホテルに戻りました.

さて,ホテルに帰るといよいよお待ちかねのディナータイム♩
次回はその”お食事編”をお送りいたしまーす☆

上高地帝国ホテル 〜お部屋編〜

 2017-09-07
プロ・ビーラーです.

今年もいよいよ夏休みがやってまいりました!
しかも今回はちょうど1週間のお休みをゲットしまして.
思い切って海外でも良かったけどコレ!といったツアーも行きたいところも見当たらず.
でも,国内で1度は行ってみたかったお宿が取れたので,またまた長野方面へ行くことにしました.

今回も新宿駅ナカの”NEWoMan”でお弁当などを買い込んで,特急あずさに乗り込みまたまた松本へ向かいます.
この日も私は”PAO² STATION”で生姜とエビの水餃子をアテに鹿児島ハイボールをいただきまーす.
餃子など
ヨメは”ニッポンの駅弁”の”山形おもてなし弁当”です.
お弁当 お弁当1 お弁当2
もちろん電車移動中でもガイドブックでの予習は欠かさないようです(笑
さらにヨメは”AU GAMIN DE TOKIO(オー・ギャマン・ド・トキオ)”のとうもろこしのムースサンドをデザートとしていただいて,と.
ムースサンド ムースサンド2
そして12時前に松本駅到着,さらに今回は松本電鉄上高地線に乗り換えます.
上高地電車
終点まで行くとそこはお初の新島々駅.
新島々
こちらには↓のようなバスターミナルがありまして.
バスターミナル
ココからはバスに乗り換え,お初の訪問地・上高地へ向かいます♪
上高地までは一般のクルマは入れないので,このバスで向かうか,途中からバスに乗り換えるかしかアクセスがありません.
バス案内
松本までの往復予定なら↑の”松本〜上高地”のクーポンチケットがお得みたい.
ちなみに復路のバスは整理券制なので,到着したら上高地バスターミナルで事前に整理券をもらっておきましょう.
整理券は当日~明後日の3日分を発行してくれますよ.

そしてバスに揺られること1時間ちょっとで↓の看板が見えました!
バス ホテル看板
いよいよこの日の宿泊ホテルに到着です.

上高地帝国ホテル

上高地帝国ホテル”ですー.

石組みの壁に木の屋根が趣ありますねー!
エントランス
こちら,雪深くなる冬は閉館してしまうので,営業期間が春・夏・秋までに限られるんです.
なので2017年の営業は4月26日(水)~11月9日(木).
しかも予約は2月1日に一斉スタートとなるので,G.W.や夏休み時期のハイシーズンにはいつも満室だったんですよ.
でも今回は1泊だけですが予約が取れました♪

上高地帝国ホテル 〜お部屋編〜 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫