FC2ブログ

革命広場へドライブ 〜 Riomar でディナー

 2020-01-30
プロ・ビーラーです.

ヘミングウェイ邸革命博物館と巡り,その後はフリータイム.
少し町歩きを楽しんだ後はホテルに戻ります.
そして夕方,またホテル前に集合となりまして.
というのも今回の目玉企画の時間がいよいよやって来ました!

ホテル前の広場にはすでに↓のような光景が拡がります.
ホテル前
そうですっ!
いよいよお待ちかねのクラシックなアメ車タクシーでのドライブですっ!
今回はツアー参加の方々が各2人ずつで1台,くじ引きで好きなクルマを選ぶシステム.
我々は5番目でしたが,事前に目星を付けていたピンクのキャディラックを選ぶことが出来ました.
ちなみに↓こちらが我々の乗車するキャディラクのインパネ.
インパネ
新しいナビ(オーディオ)システムも鎮座してますが,実はこのクルマのメーターもデジタルメーターに付け替えられておりました.
さすがに旧いクルマでもこのようにカスタムをするタクシーもいるようで.
我々のキャディラックの運転手さんは↓こちら.
インパネ
オシャレなハットが気分ですが飛ばされないか心配ですね(笑

そしてみなさん乗車していよいよ出発!
出発 出発2
出発の際,各車ホーンを鳴らしながら走り出していたので,広場に集まった人たちのカメラが一斉に向けられます.
ドライブ中
確かにコレだけ揃って走っているのは壮観だわー(笑

その後は連なって海沿いの道へ向かいます.
ドライブ中
さすがに運転手さん,いつの間にかハットを脱いでますね.

車列も途中で順番を変えながら走ります.
ドライブ中 ドライブ中
↓そのドライブ中の動画も載せておきましょう.

そして海沿いを走っているとちょうど夕陽が沈んでいくのが見えますよ.
夕陽
今回のツアー,夕方出発というのはこの夕陽に向かって走るのがポイントのようです.
余談ですが他のツアー会社のドライブツアーでは午前中出発,その後ハバナ旧市街を観光するというツアーが多いみたい.

そして途中の広場にクルマを駐め記念撮影タイム.
アメ車整列
運転はさせてもらえないのは当たり前ですが,運転席には座らせてもらえますよ.
キャディラック キャディラック
そして陽が落ちた後は革命広場へ.
ゲバラ
こちらにはご存じ.チェ・ゲバラとカミーロ・シンフエゴスの顔が描かれてます.
革命広場 革命広場
このライトアップされた広場に整列した旧車も味がありますな.
革命広場で整列
そしてこの革命広場前には”ホセ・マルティ記念博物館”の塔がそびえ立ってます.
革命広場
こちらは最上部は展望台になっているそうですが,メーデーの日には多くの人が集まりパレードが行われるそうです.
さすがに今回は展望台へは上りませんでしたが,109メートルからの眺望はなかなか良さそうですね.
ひとまずまた移動する時間になったようなので,次のディナーのお店までもうひとっ走りしましょうか.

革命広場へドライブ 〜 Riomar でディナー の続きを読む

ハバナ旧市街観光編 〜革命博物館(Museo de la Revolucion), カピトリオ(El Capitolio) など〜

 2020-01-28
プロ・ビーラーです.

こちらで昼食を取った後は徒歩で次の目的地へ.
お次の場所はお店から通り3ブロックほど.
なのでのんびり歩いても約10分ほどの距離です.
そして↓のような碑がある建物が見えました.
裏手
お次の目的地はこちらですが,表の入り口前には↓のような戦車と要塞の一部があります.
入り口前
この戦車もキューバ革命時の戦いに実際に使用したという貴重なモノだそうですよ.
さて,入館手続きも済んだようなので,さっそく入ってみましょうか.

看板

革命博物館(Museo de la Revolucion)”ですー.

この博物館,今回はツアーでの入館だったので料金はツアー代金に含まれますが,一般の入場料8CUC.
ちなみに1CUCは現在のレートで約110円ほどです.

入館するといきなり階段がありますが,そちらには第二次キューバ独立戦争の英雄・ホセ・マルティの像が.
胸像
この建物,もともとは大統領官邸として使われていたそうですが,階段部分は吹き抜けの贅沢な造りになってます.
天井
さて,まずは階段をどんどん上って行きましょう.
するといきなりゲリラ戦のチェ・ゲバラの人形がお出迎え.
ゲバラ
こちらにはゲバラの私物や写真,さらに実際に使用していた大砲など貴重な資料が展示されております.
私物 大砲
さらに館内には旧大統領官邸時代の豪華なお部屋もありました.
広間 広間
こちらは中には入れませんが,迎賓館的な感じなのかな?

そしてテラスに出ると↓のような素晴らしい景色が眺められますよ!
眺望
戦車と要塞,そして古いアメ車と海という不思議な取り合わせ.
抜けるような青空と緑もステキですね.

さらに博物館の外に出て裏手に行くとそこには”メモリアル・グランマ”と呼ばれる広場があります.
残念ながら写真はピンボケだったのでありませんが,こちらにはカストロとゲバラ率いる革命軍がメキシコからキューバに渡航した際に使用した”グランマ号”などが展示されてます.
こちらにあるクルマや戦闘機などは実際に使用されたモノ.
戦闘機
↑コレなどは攻撃された後なのか,ズタズタになったエンジンもありますし.

中には↓珍しく古い日本車(ランドクルーザー)もありました.
クルマ
この古いアメ車もゲバラやカストロが乗ったのかな?と思うとちょっと胸が熱くなります.
クルマ2 クルマ3
↓こちらは館内1階にあった像.
カストロなどの像
駆け足でしたがキューバ革命のお勉強,なかなか有意義でした.
余談ですが館内の展示説明は中には英語表記もありますがほとんどがスペイン語.
なので日本語ガイドが同行してると安心です.
もちろんキューバ革命だけでも予習をしていくとより理解が深まるのでオススメですよ.

ハバナ旧市街観光編 〜革命博物館(Museo de la Revolucion), カピトリオ(El Capitolio) など〜 の続きを読む

ヘミングウェイ邸・Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)〜 Elizalde Bar-Restaurante のランチ

 2020-01-26
ヨメです。

いよいよこの日からキューバ、ハバナ観光がスタートします。
ホテルで朝食を取った後、現地時間の朝9時半にロビーに集合します。
そしてバスで約1時間弱、まず到着したのはこちらです。

案内図

ヘミングウェイ邸・Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)”です!

↑の見取り図を見るとこの敷地の広大さが分かりますよね!
高台に造られたこの邸宅、緑に囲まれて気持ち良い空間です。
草木
邸宅に向かう通路脇には↓のような胸像がありました。
像
途中にある建物もなかなか趣がありますね。
建物
そしてこの”Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)”の入り口に到着しました。
受付
こちらは現在は博物館になっている本邸。
入り口とは言っても内部は入れず、外から見学することになります。

そして↓こちらが内部になります。
邸内 邸内
この左の写真にもあるタイプライターは実際にヘミングウェイが原稿を書くのに使用していたものです。
タイプライター
このタイプライター、座らずに立ったまま使っていたそうですよ.

お部屋は天井も高くなかなか開放感があります。
邸内
↓こちらの仕事部屋には本がズラリと並んでます。
邸内 邸内
この邸内、至る所に動物の剥製が飾られてるんですよ。
ヘミングウェイも狩猟好きだったそうですが、いかにも昔の富豪のお部屋といった雰囲気ですね!

↓こちらはベッドルーム、ピンクがなかなかカワイイです。
邸内
ダイニングにも剥製や絵が飾られておりました。
邸内
実はこの邸内に本物のピカソの絵なども飾られているんですよ!
もし行かれる際には探してみて下さいね。

↓こちらはこのヘミングウェイ邸裏手の外観、午前中にも関わらず観光客でいっぱいです。
外観
さらに邸内にはプールもありました。
プール
その奥にはヘミングウェイの愛艇・”ピラール号”も飾られてます。
船
この船で別な日に行くコヒマルから釣りなどに出かけたんでしょうね。
さらにこの船の前には↓のような場所がありますが・・・
船
こちらは愛犬のお墓だそうです。
他にも見どころはいろいろありますが、今回ご紹介するのはこのくらいにしておきます。
そして見学を終えるとまたバスでハバナ旧市街へ戻りましょう。

ヘミングウェイ邸・Finca La Vigia(フィンカ・ビヒア)〜 Elizalde Bar-Restaurante のランチ の続きを読む

Gran Hotel Manzana Kempinski La Habana (グランホテル マンザナ ケンピンスキー ラ ハバナ) 〜お部屋編〜

 2020-01-23
ヨメです。

キューバに無事入国した私たち。
空港からはバスで今回の宿泊先のホテルへ向かいます。
今回のホテルはハバナでも指折りのラグジュアリーホテル♪
約1時間ほどでホテルに到着しました。

ケンピンスキー

Gran Hotel Manzana Kempinski La Habana (グランホテル マンザナ ケンピンスキー ラ ハバナ)”です!

こちらは世界遺産でもあるハバナ旧市街にある歴史的な建造物”Manzana de Gómez(マンザナ・デ・ゴメス)”をリノベーションして2017年にオープンした、キューバ初の5つ星ホテル。
しかも私たちは旧市街側のお部屋をチョイスしていたんです。
チェックインの手続きも無事終了したので、さっそくお部屋へ行ってみましょう!

Gran Hotel Manzana Kempinski La Habana (グランホテル マンザナ ケンピンスキー ラ ハバナ) 〜お部屋編〜 の続きを読む

エア・カナダ の機内食 〜往路編〜

 2020-01-20
プロ・ビーラーです.

いよいよ冬休み突入!の日曜日.
実はこの日からとある方面への旅行を予定しておりまして.
ただ心配だったのは11月に骨折した足.
全治1ヶ月と言われてましたが,その後順調に回復して松葉杖から普通の杖を使い3本足で歩けるまで回復しておりました.
この日も品川から京急で羽田空港へ向かいます.
そしてツアーの受付と出国手続きも無難に終了,まずはラウンジで1杯ひっかけちゃうことにしましょうか.

麦酒

今回のAirは”エア・カナダ”,はまた贅沢にもシグネチャークラス(ビジネスクラス)での旅.
エア・カナダはスターアライアンスグループなのでANAのラウンジが使えるのです.

ラウンジに入った時はちょうど夕方だったのですが,それほど混雑していない様子.
ラウンジ
ひとまず軽くブランチをいただきつつ,ちょい飲みしちゃいましょうか.
フード
しかし,ラウンジのカレーって普通なのになぜか美味く感じるんだよなー(笑
カレー
さらにラーメンもあるということで豚骨ラーメンをオーダーしてみましたが,,,
ラーメン 麵"
うん,こりゃほぼインスタントですな.
ひとまず腹ごしらえも終え,搭乗時間になったので行ってみましょう.

エア・カナダ の機内食 〜往路編〜 の続きを読む

Cafe Habana TOKYO (カフェハバナトウキョウ)

 2020-01-16
プロ・ビーラーです.

この日はもう少しで冬休み!という平日仕事終わり.
またヨメの運転でぜひ1度冬休み前に行ってみよう!というお店に行くことになっておりまして.
すでにinstaglamTwitterを見ている方はご存じかと思いますが,今回の冬休みの旅行の予習をしておくつもりだったんですよ.
目的のお店は代官山の八幡通りから1本路地裏にあるこちらです.

Cafe Habana

Cafe Habana TOKYO (カフェハバナトウキョウ)”ですー.

こちらは日本では珍しいキューバレストラン.
実は今回の冬休みはキューバへ行く予定だったので,有名なキューバサンドを1度いただいておこうという寸法でして.
ただこちらのお店はニューヨーク発祥のお店ということで,料理はかなりアレンジされてるみたい.
ま,どんな雰囲気のサンドなのか確認しておきましょうか.

Cafe Habana TOKYO (カフェハバナトウキョウ) の続きを読む

回転寿司 根室花まる 銀座店

 2020-01-10
プロ・ビーラーです.

この日はまだ冬休み前,ヨメもお休みを取っていた平日の休日.
またヨメの運転で用事のあった銀座方面へ向かいます.
ちょうどランチ抜きだったので,到着した時はけっこうなお腹の空き具合.
でも平日の中途半端な時間だったので,普段は大行列のお店にも行けるかも?
ということで向かったのはこちらのお寿司屋さんでした.

根室花まる 銀座店

東急プラザ銀座10階の人気店,”回転寿司 根室花まる 銀座店”ですー.

こちら,以前からハナシは聞いていたんですが,週末はもちろん,平日のランチ時はホントに大行列.
しかもお店の入り口にある発券機にも行列が出来るほどなんですと!
さすがにそこまで混んでなかったけど,この日も約30分待ちとのこと.
発券機の予約票を取り,しばし待ってましょう.

回転寿司 根室花まる 銀座店 の続きを読む

4000 Chinese Restaurant

 2020-01-06
明けましておめでとうございます.
プロ・ビーラーです.
今回もまだ残っている年末ネタを.

この日は少し足の痛みも和らいできた平日夜.
夜はタクシーで西麻布方面に向かいます.
今回またこちらの方から以前から行ってみたかったお店のお誘いを受けまして.
たまたまお店の場所は知っていたので現地集合したんですが,時間通りにみなさんと合流.
そのお店は西麻布交差点からも近い,日赤医療センターの通りにあります.

4000

4000 Chinese Restaurant”ですー.

こちら,あの四川飯店の陳建一氏のもとで約30年,総料理長まで務めた菰田欣也氏が満を持して2018年12月12日にオープンしたお店.
そのオープン直後にたまたまお店の前を通ったことがありまして.
入り口
その時はあの”よろにく”や”東京肉しゃぶ家”などからもお花が届いておりました.

4000 Chinese Restaurant の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫