FC2ブログ

The Hanged Man's BAR 十二

 2019-09-06
プロ・ビーラーです.
今回も夏休み前半戦のネタを.

実は以前から通る道沿いにある日,以前はアパレルやサーフショップだった場所に気になるファサードのお店が出来ていたんですよ.
外観
お店が出来ても通るたびに空いているのを見たことがなかったので調べてみると,どうやら焼酎BARとのこと!
それはぜひ1度行かねば!と思ってたけど,如何せんアクセスの悪い場所にありまして.
この日は意を決して(?)ヨメと食後にタクシーで向かいました.

看板

The Hanged Man's BAR 十二”ですー.

こちら,最寄りの駅は三軒茶屋になるのかな?
駅からは離れてるけど,近くには以前ご紹介した”てっぱんや 燎(かがりび)”や”焼肉 貴味 (KIAJI)”などがあります.
バスだと西澄寺のバス停から近いし,タクシーで向かうには世田谷観音の交差点から少し下馬1丁目方面へ行く途中のカーブの所と言えば分かりやすいかと.
お店はガラス張り,カーテンなどはないので中は普段から丸見えです.
その店内はカウンターとソファがあります.
店内 店内2
そしてミントグリーンの壁には↓のような版画が飾られてます.
アート アート2
コレはデビッド・リンチ監督の版画.
どうやら”デビッド・リンチ監督の作品と焼酎の混沌とした世界感を楽しめる”ってのがコンセプトなんですって.

そして窓際には↓のような専用の焼酎BOXが置いてあります.
店内4 店内3
このBOXに入ってるだけでも数十本ありますが,どれも見たことのないモノばかり.
ちなみにこちらのお店のメニューは↓こちらー.
メニュー メニュー2
って,焼酎は詳しい銘柄の記載はなく,度数で値段が変わるってのが珍しい.
しかも焼酎だけでなく,ジンもお得意みたい.
メニュー3
さらにこの日のオススメもありますよ.
メニュー4
さっそく私はこのオススメにある”ゴールド白波”をいただきましょう.
ドリンク
この”ゴールド白波”,普通は”白波”と言えば芋焼酎ですが,こちらは米焼酎.
しかもすでに10年以上前に終売になっているというレア物.
今ではほぼ絶滅している品なんですと.
ドリンク
そんなレア焼酎とお供にはお通しとして柿ピーとマロングラッセが出てきました.
お通し
さらに店主氏の地元から送られたというマスカットもいただいちゃいました.
マスカット
さらに店主氏と談笑しつつ,こちらの2杯もいただきまーす.
ドリンク
こちらをいただいていると店主氏から”コレもどうぞー!”と1皿提供されました.
チーズ
このチーズ,実はこちらのお店のお隣にあるイタリアン,”Cosi Com'e(コジコメ)”のモノだそう.
ちょうど夏休みに入るそうで,傷んでもしょうがないとのことでいただいたんだそう.
コレがなかなか美味いんですよ!
このチーズをツマミながらいただいたトドメのお酒は↓こちらー.
ドリンク
クラフトジンもお得意だとのことで,やはり見たことのないボトルを1杯いただいて〆にしましょうか.

こちらのお店の店名でもある”The Hanged Man”って”吊された男”という意味ですが,もともとは焼酎ブロガーだったというこちらの店主氏のH.N.なんだそう.
この店主氏,日中は普通にサラリーマンとして働いているそうですが,夜のみ副業としてこのBARを始めたんですと.
デビッド・リンチ監督の世界感と焼酎ってのもつながりにくそうですが,なかなかアーティスティックな雰囲気が味わえますよ.
しかもトイレにも↓のようなアート作品があったりして.
トイレ内 トイレ内2
なかなか面白いセンスのこちらのBAR,お値段もお手頃だし気に入っちゃいました.
次回はぜひ前述の”Cosi Com'e(コジコメ)”からのハシゴってのもアリかな?
なんて言いながらタクシーで帰宅の途についたのでした☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/1234-16b61f87
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫