FC2ブログ

八甲田ホテル 〜施設編〜

 2019-09-13
ヨメです。

前回までの日記は八甲田ホテルのお部屋編散策編お食事編をお送りしました。
今回は私がこちらの施設をご案内いたします。

外観

↑こちらは散策時に撮ったホテルの正面玄関。
この手前左手には駐車場があります。
さらに正面の本館左手には↓のような宿泊棟がありました。
外観2
ホテルに入ると右手にロビーがあります。
さらにロビーの横にはお土産屋さんが。
お土産
こちらは8時30分開店、なので8時50分のバスで戻る方も朝の駆け込みでのお土産購入も可能です。
主人はちょっと珍しい日本酒などを買い込んでおりました。
さらに店内にはワンのぬいぐるみもありますが・・・
お土産2
その理由は後ほどお伝えいたしましょう。
さらに館内に入り宿泊棟方面へ行くとJTBの優秀ホテルのトロフィーが飾られておりました。
トロフィー
その隣りには”ヒゲの殿下”として知られた故寬仁親王愛用のスキーが展示されておりました。
スキー
”お部屋編”でご紹介した冷蔵庫は空っぽでしたが、館内には↓のような自動販売機もあります。
自販機
さらにロビー奥の階段脇には喫煙所がありました。
喫煙所
お部屋は禁煙なので、愛煙家の方はこちらへどうぞ。

そして↓こちらはD棟と呼ばれる棟。
こちらには”和食処 寒水 (しゃこみず)”と温泉がありますよ。
温泉案内
今回は行かなかった和食処、どうやら揚げたての天婦羅が名物だそうです。
和食 和食2
ちょうどこちらに行った時にはまだ和食処もお風呂も準備中。
そして時間を改めてお風呂に来てみました。
温泉入り口
ここからは主人の撮影になるので男湯のご紹介になります。
こちらのホテルは55室あるので脱衣所は充分な広さ、タオルもこちらに準備されてます。
脱衣所2 脱衣所3
置いてあるアメニティはお部屋同様に”PAX NATURON”のものなどですが、男湯には養毛剤なども置いてあったんですね。
脱衣所 アメニティ アメニティ2
もちろん湯上がりのお水は八甲田の伏流水です。
給水器
面白いのはこちらの泉質です。
効能 効能
先ほど行った”酸ヶ湯”は硫黄臭の白濁のお湯でしたが、こちらは臭いもそれほどではない透明のお湯なんですよ。
温泉
同じ地域のお湯ですが、これだけ泉質が違うんですね−!

もちろん洗い場の広さも充分だし、サウナも付いてましたよ。
温泉洗い場 サウナ
さて、お次はお風呂を出てロビー近くのラウンジへ行ってみましょう。 



ラウンジの入り口は↓こちらです。
ラウンジ入り口
朝10時から開いているようですが、14時からはティータイム、20時からはバータイムになるようです。
ラウンジ入り口2
こちらの写真はお昼に撮ったもの、明るく開放的ですね。
ラウンジ内
ソファ席がメインになりますが、壁際には暖炉も設置されてます。
ラウンジ内2 ラウンジ内3
やはりこちらにも棟方志功全集が置いてあります。
ラウンジ内4
そしてバーカウンターの前にはピアノも置いてありますが、生演奏などもやってるのかな?
カウンター
そして主人の気になるバックバーはこちら!
バックバー バックバー2
主人いわく、”定番のモノからレアモノまでけっこう揃ってるね!”だそう。
さらにカウンター脇にも珍しいボトルが並んでます。
カウンター横
こちらにはニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏のプレートも飾られておりました。
カウンター横
もちろん私たちも夕食後に訪問してみましたよ。
↓こちらはバータイムの時間のメニューになります。
ドリンクメニュー ドリンクメニュー2 ドリンクメニュー5
カクテルやワイン、ブランデーなど豊富に揃ってますね。
夕食後ですが、↓軽めのおつまみも準備されてます。
ドリンクメニュー6
↓さらにこちらは主人の好物のモルトウイスキーとオリジナルのカシスのカクテルです。
ドリンクメニュー4 ドリンクメニュー3
このメニューの中で主人が注目したのは↓のモルトのようです。
ドリンクメニュー7 ドリンクメニュー8
主人はさっそくこのグレンモーレンジの飲み比べをいただくようです(笑)
ドリンク
私はノンアルコールの”す・ぐ・り・ん”にしました。
ドリンク2
こちらのモルト、どれも風味が良く美味しいそうですが、その後急に睡魔が襲ってきたようで、そのままお部屋でいただきました。
ドリンク3
いつもならバータイムでも他のお客さんはまばらだったりしますが、この日はご家族連れなどが来店。
奥のソファ席でワイワイとグラスを傾けておりました。
その後は主人も温泉に浸かった後、再度お部屋でモルトをいただき就寝となりました。



今回の”施設編”もホントならこのラウンジで終了なんですが、もう1つご紹介したい所があるんですよ。
それはホテルの裏手にあります。
フジコの家
こちら、”フジ子の家”と書かれてますが・・・
フジコ
この家の主は”フジコ”、このホテルの三代目看板犬・セントバーナードの女の子です。
このフジコ、先日9歳のお誕生日を迎えたんですって!
フジコ誕生日
何しろワン好きの私たち、この子には絶対に会いたい!と思っていたんですが、夕方の16時からお散歩に同行できるんですよ!
フジコ2
ちなみにこのフジコ、体重は約70kgあるそうですが、↑この写真で大きさが伝わりますよね。
人懐っこいので吠えたりしないけど、小さいお子さんは飛びかかると危ないので注意が必要ですが。

ロビーからホテルの係の方とホテル周囲を少しお散歩。
けっこう気ままに歩いてますが大きいので力は強いですね。
フジコ5
途中でおやつをあげたりも出来ますが、その時のお顔のカワイイこと♪
フジコ3
お散歩を終えお家に帰ってきた後、名残惜しいけど私たちもお部屋に戻りましょう。
フジコ4
↑この写真はその時のモノ。
”え?もう帰っちゃうの?”と言ってそうな物欲しそうな顔つきもたまりません。
9歳といえば犬としては初老くらいになりますが、ぜひ元気なうちにまた会いたいなー。
ちなみに朝もお散歩に出るそうなので、その時ロビーにいると会えますよ.

これにて今回の”八甲田ホテル”編は終了です。
周囲の自然とオーセンティックなホテル、やはり以前行った”上高地帝国ホテル”を思い出しますが、こちらはまた違った魅力が満載でした。
さすがに来るのは大変かも知れませんが、”次回は冬の雪の時期を狙って来てみても良いかもね!”とは主人の談。
やはりフジコにも会いたいので、ぜひ再訪計画を立ててみましょうか。

この日は8時50分の青森行きの送迎バスをお願いしていたので、朝食後はすぐに荷造りを。
そして次の目的地は・・・
次回からは次のホテルや観光をお送りいたしましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/1237-f8f36001
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫