FC2ブログ

Mesón del Quijote(メソン・デル・キホーテ)

 2020-02-21
ヨメです。

こちらにチェックイン後は少しホテルのビーチを散策したりして。
そしてディナータイムになりました。
今回宿泊するホテルはオールインクルーシブなのでお食事も無料で付いていたのですが、私たちは事前に主人が調べてくれたレストランへ行くことにしていたんです。
ツアーコンダクターの方に予約してもらい、ホテルからタクシーで10分弱。
到着したのは↓こんな要塞のような建物の隣のお店です。
要塞

Mesón del Quijote

Mesón del Quijote(メソン・デル・キホーテ)”です!

こちら、公園のような芝生の真ん中にあるレストラン。
近くには”Mélia Internacional”などのホテルもありますが、周囲は真っ暗。
知らなければ入るのも勇気がいりますが、主人はすでに期待感満点の様子(笑)
入り口
予約時間なのでさっそく入ってみましょう。
店内に入り予約していることを伝えると入り口すぐのテーブル席に通されました。
先客は奥にご家族連れなのか外国人の団体さんがいらっしゃいました。
でも・・・店内はけっこう暗く、写真がボケボケになっちゃったので少なめなのをご了承下さい。
なのでメニューの写真もないですが、主人の事前調査によるとパエリアやシーフードがオススメみたい。
なので今回もシーフードメインでオーダーすることにしました。

まずはビールでノドを潤しましょう。
麦酒
こちらのビールはクリスタルではないようです。

そして前菜に選んだのはスモークサーモンのサラダ。
サーモンサラダ
こちらは味付けも野菜もなかなか。
やはりこちらもシーフードをチョイスして正解のようですよ。

さらにメインには量がわからなかったので、私も主人もプレートでお願いしました。
まず主人はを海老のガーリック炒めのプレートを。
プレート
こちらはガーリックが効いてジャンクな味付けですが、ご飯にはバッチリ合いますね。
もちろんビールにも合うようですよ(笑)

お魚のグリルのプレートは私のオーダー。
プレート
こちらは白身魚のムニエルのような1皿です。
付け合わせのラタトゥイユのような野菜もバナナの素揚げも私好み。
そのままいただいても混ぜても美味しかったですね。
本当ならロブスターなども試したかったけど、このプレートで大正解!
お腹もちょうど良い感じなので、ホテルに戻りましょう。

お店の方にタクシーはどこ?と聞いてみると、近くのホテルから拾えるようです。
しかもちょうど待っていたのはまたまたクラシックなタクシー!
ハバナで乗ったクラシックカーよりもさらに古そうな車でした。
タクシー タクシー
このクラシックなタクシー、ハバナで乗ると35CUCですが、こちらで聞くと15CUCで乗れちゃいました♪
今回のツアーではクラシックカーは1度しか乗らないことになってたけど、外で美味しい夕食をいただいてからのさらに嬉しいサプライズになりました。

↓こちらは次の日、日中にバスから見たレストランの外観です。
日中の外観
前日は暗かったので分からなかったけど、周りは本当にがらーんとした芝生。
お店の前にはドンキホーテのオブジェがあったそうです。
バラデロ2日目はこちらを通り過ぎ、のんびりとビーチリゾート・バラデロの観光巡りとなります。
そのキレイなビーチなどは次回の日記でお伝えいたしまーす☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/1316-fda0e1fc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫