FC2ブログ

オーベルジュ はなぶさ日光 〜お食事編〜

 2020-04-03
プロ・ビーラーです.

こちらのお宿にチェックインした後はお風呂に入ったりしてマッタリ.
そしてお待ちかねの夕食の時間になりました.
こちらはオーベルジュと名乗っておりますが,夕食は和会席になるんです.
しかもお食事のグレードで値段が変わりますが,今回は贅沢にも”伊勢海老付和懐石20,000円コース”をチョイス.
お食事はロビー奥のレストランでとなります.

入り口

すでに他の宿泊のお客さんも揃っているようなので,さっそく入りましょう.
広めのレストランはお部屋ごとのテーブルが準備されてます.
和会席なのでテーブルにはお箸がスタンバイしてます.
テーブルセット
ひとまずドリンクを選びましょう.
ドリンクメニュー ドリンクメニュー ドリンクメニュー
まずは風呂上がりの麦酒,その後はお酒をいただく作戦にしましょうか.
ドリンク ドリンク
ヨメはノンアルコールのスパークリングアップルです.

そしてお待ちかねのメニューは↓こちらー.
メニュー
こちらのメニューは”丸の内一丁目 しち十二候”の代表が監修しているんですと.

まずは先付,”鮭博多”と名付けられてます.
先付 先付
お次は前菜,,,ですが,まず蟹が登場です.
蟹
この蟹は卓上で焼いていただくんですよ.
蟹 蟹
そして焼いている間に↓の前菜をいただいておりましょうか.
前菜
”はなぶさ風八寸”,量的にはちょうど良い感じです.

お次はお鍋が出てきましたよ.
鍋
こちらは後の温物で利用するようです.

その前にお造里をいただきましょうか.
お造り
こちらには日光名物の湯葉もあるのは嬉しいですね.
どーん!と伊勢海老のお頭も鎮座してますが,聞くとロビーの水槽のモノではないそうです.
使っている食材の伊勢海老はもっと良いモノを使っているんですと.

そして温物,この日はなんととら河豚鍋だったんです!
フグ
しかもお造りの伊勢海老の頭も投入,なかなか贅沢なお鍋ですよ.
フグ
そして強肴,”料理長からのひとしな”は河豚の唐揚げでした!
から揚げ
コース中盤なのに蟹に河豚,伊勢海老とはなかなか豪勢なコースになってますよ.

そしてお次は焼き物,というか塩の塊が出てきました.
塩竈
この塩釜を割ると中にはお肉がスタンバイ.
肉 肉
こちらは”みかわ牛ゴールド”のサーロイン,焼き加減もバッチリです.
塩釜焼きなのでしっかり塩味も入ってます.

お次は煮物,鰊や海老芋,聖護院大根など.
煮物 煮物
こちらはホッとする味付けです.

さらに揚物まで来るのか!
まずは海老天.
揚げ物 揚げ物
そして↑と同じ写真かと思いきや,タラの芽や菜の花などの春野菜の天ぷらまで出ちゃいますよ.
揚げ物
この辺ですでにお腹いっぱいになって来てるんですが,,,なんと土鍋ご飯まで炊き上がったようです.
土鍋ご飯
コレはいただけそうにないので,おにぎりにでもしてもらいましょうか.

そして〆の食事は手打ち蕎麦でした.
お蕎麦
香りも良くなかなかのお蕎麦ですよ.
お蕎麦
そしてデザート,特製あんみつと黒糖ぷりんです.
デザート デザート
さすがにコレだけいただくとお腹もいっぱい.
なかなかのヴォリュームなので,小食の方にはちょっと厳しいかもしれません.
でもお味はどれも良いので,スタンダードなプランでも充分満足出来そうですね.

夕食後はのんびりとお風呂に入り,次の日の観光に備えましょうか.



そして天気の良い翌日の朝.
まだ頭は寝ぼけてますが,朝食の時間になりました.
テーブルセット
朝食のテーブルは前日と同じ.
すでに卓上には小鍋が準備されております.
小鍋
着席すると朝食セットが並びました.
朝食
キレイな盛りつけのサラダには自家製のドレッシングを.
サラダ ドレッシング
↓こちらは箸休め系,日光名物のらっきょうのたまり漬けもあります.
漬け物 副菜
そしてメインの焼き魚は鮭,洋風のムニエルでした.
魚
そして特筆すべきは卵料理.
タマゴ
普通は目玉焼きやスクランブルエッグですが,こちらは出来たてフワフワのスフレオムレツなんですよ!
コレがふわとろで絶品なので,ぜひお試しを.

そして最初からセットされていた小鍋は汁モノのポトフでした.
ポトフ ポトフ
こちらも優しい出汁感が嬉しい.
ちょっと疲れた胃袋にも染みいります.

そしてデザートで〆となります.
デザート デザート
上手く和と洋がミックスされた朝食,なかなか楽しめました.

その後はちょっとお部屋でのんびり.
そしてチェックアウトの11時,また歩いて東武日光駅方面へ戻りましょう.
ココからは日光東照宮の見学とランチが待っておりますからね!

こちらのお宿,全室離れということもあり静かな環境が良い感じ.
しかもお料理もヴォリューミーですが美味しかった.
周りのお客さんは比較的若い方が多かったように見受けますが,このお料理なども支持される一因になってそうですね.
お風呂が温泉ではないのは残念ですが,美味しい料理をいただきのんびりしたい方にはオススメのお宿です☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/1338-62424c38
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫