Nicol's Bar

 2010-08-13
ヨメです。

由布院・玉の湯の晩ご飯を堪能した私達。
すっかりお腹一杯になり、お部屋で少し休んでましたが、やはり主人はこちらにも行ってみたかったようです(笑)

Nicol's Bar

玉ノ湯に併設されたBar、”Nicol's Bar”です。

こちらのBar、作家のC. W. ニコルさんの名前に由来するのは有名な話ですね。
聞くところによると、C. W. ニコルさんが滞在時に落ち着いて飲む場所が欲しいとのことで作られたそうです。
カウンター奥のバックバーには主人の大好きなモルトを始め、やはりいろいろなお酒が並んでおります。

Nicol's Bar,バックバー
窓から見える緑も綺麗です!
でもこの風景、どこかで見たことある配置と思ったんですが・・・
以前お伺いした、”HYATT REGENCY HAKONE RESORTのBAR”の雰囲気にも似てます。
でもこちらの方が品揃えは豊富のようです。

店内にはこんな暖炉も設置されてあります。寒い冬には重宝することでしょうね。
Nicol's Bar,店内の暖炉 Nicol's Bar,テーブル席
さらにテーブル席も併設されているので、団体客の利用も大丈夫です。
でもこの日は私達以外は、テーブル席に2人だけでしたので、比較的落ち着いた雰囲気が流れておりました。

気になるメニューは以下のようになってます。
Nicol's Bar,メニュー
宿泊客だけでなく一般のお客さんも入れるので、無量塔の”Tan's Bar”と比べると割高に感じますね。

この日の私、お腹も一杯だったので”シャンディガフ”にしました。
Nicol's Bar,麦酒
もちろん主人は大好きなモルトをいただくようです(笑)
Nicol's Bar,モルト1 Nicol's Bar,モルト2
まずは”ラガブーリン”の16年、さらに2杯目はバックバーで誘っていた(笑)という”カリラ カスクストレングス”というモルトをいただくそうです。
私も一口いただいてみましたが・・・
正直美味しさはわかりませんでした。

由布院最後の夜も更け・・・
今回は御三家と言われる名旅館を2軒はしごできました.
しかもどちらのBarも特徴あるもので,どちらが良いなんて言えません.
無量塔のTAN'S BARは宿泊客、食事利用のみの利用とハードルは高いですが、
みなさんぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
コメント
どもです~♪
無量塔と玉ノ湯、心の底から羨ましいっす!!
週末がからむと、連続で予約するのも難しいですからね(^^)

それに、こーゆーとこならテディに変身しても平気だろうし・・・
実はオイラも呑むとテディになります。。(笑)
【2010/08/13 15:29】 | メタbow #- | [edit]
コメントありがとうございます♪
タイミング良く予約出来ましたが、やはり噂通り素晴らしい宿でした!
メタbowさんもぜひ行ってみてください。

この日の主人、テディベアにはなりませんでしたよ(笑)
どうやら若干セーブしていたようです。
メタbowさんがテディ・・・それも見てみたいですね!
【2010/08/13 21:57】 | ヨメ #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/258-0bd9046e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫