石葉

 2011-03-28
プロ・ビーラーです.

そろそろ桜の便りが聞こえてきそうな陽気になって来ましたが,,,
この日記はまだupしていない宿題がけっこうたまっております(汗
今回の日記もすでに2ヶ月近く前の記事になりますので,ご了承ください.

さて今回も平日のお休みを利用してヨメとちょっと温泉に行こう!ということになりまして.
まずはロマンスカーなどを乗り継いで降り立った湯河原でこちらのラーメンをいただいた訳ですが,その後はタクシーでの移動.
今回の宿はヨメも気になっていたという和風の旅館にしてみました.

石葉

湯河原駅からクルマで約15分ほどの場所にある旅館,”石葉”ですー.

↓の写真を見ると時期がわかっちゃいますが,ちょうど節分の時期だったんですよねー(笑
石葉,待合室
到着して待合室に通されると,豆と鬼の置物がお出迎え.
この待合室もちょっとした居間のようで落ち着きます.
今回のお部屋は”連山”という畳10畳と広縁,温泉檜風呂付きのお部屋です.
石葉,お部屋
見た目も雰囲気もバッチリ和風ですw
ひさしぶりの畳の部屋ってのも嬉しい.
ちょこんと置かれているテレビ,なかなか収まり良いですね.
窓からの眺めは↓こんな感じ-.
石葉,部屋からの眺め
山の中なんで,取り立ててキレイ!ってな訳じゃありませんが.

タイプによりお部屋に温泉が付いていないタイプもあるようですが,このお部屋には1ボウルタイプの洗面台と檜風呂が備え付けてあります.
石葉,お部屋のお風呂
アメニティは”MARKS&WEB”のモノが置いてありました.

お風呂はお部屋の檜風呂とは別に露天風呂が準備されてます.
お部屋からはちょっと外に出ますが,その小道の風情もなかなかでした.
石葉,お風呂までの小道 石葉,露天風呂の入り口
お風呂は男女2種類,それぞれ内湯と外湯が付いてます.
時間で入れ替わるので,夜と朝で両方とも楽しめますよ.
石葉,露天風呂
↑ちょっと暗いですが左右でそれぞれのお風呂です.
この露天風呂の風情もなかなか.
しかも今回は荒天だったのですが,次の日の朝はなんと雪見風呂!
天気はさておき,なかなか贅沢な気分でお風呂が楽しめちゃいました♪

お風呂をあがるとお部屋には↓のように布団が準備されております.
石葉,布団
最近は和の旅館でも由布院の玉ノ湯のようにベッドタイプの宿も多いですが,この手の布団も久しぶりでゆったりできそうですね.

さてお次は毎度お楽しみの夕食,朝食編です.
って,,,なるべく早めにup出来るように頑張ります☆
コメント
え~と、とりあえずアップおめでとうございます。
てっきりお蔵入りかと・・・(爆)
食事編、気長に待ってます(^^)

あと、箱根編も(笑)

そうそう、本題に触れるの忘れてた。。
湯河原で雪見風呂、ある意味貴重な体験かもよ(^^)v
【2011/03/28 23:01】 | メタbow #- | [edit]
ずいぶんとのんびりしたupになっちゃいましたw
さすがにお蔵入りは,,,(汗
食事編,まずはメニューを探し出さないといかんという試練があることを暴露しておきましょう(爆

湯河原で雪見風呂,そんなに貴重なんですか?
湯本とかなら以前から体験したことはあったけど.
【2011/03/29 21:45】 | プロ・ビーラー #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/324-1428dad4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫