石葉の夕食

 2011-04-13
プロ・ビーラーです.

前回は宿編をお伝えした湯河原・石葉への旅ですが,今回はお楽しみの夕食編をお送りいたします.
って,,,すでに2ヶ月以上経っちゃってますが(汗

宿に到着後,早速ひと風呂浴びてマッタリ.
そして予定通り予約していた19時半から夕食のスタートです♪
ちなみにこちらでの食事はお部屋でとなります.
石葉の夕食,麦酒
そう言えば食事前の写真を撮ってなかったんで,まず麦酒の写真でも載せておきましょうかw
まずは先付と八寸,ちょうど節分の時期だったので器も豆まきを意識しているようですね.
以下に記すメニューは,いただいたメニューに表記されたモノをそのまま載せておきます.
石葉の夕食,前菜1
内容は左側の先付は”五目煮,大豆旨煮,角人参,慈姑,白魚,萵苣薹味噌漬,蒸鮑唐墨和へ,花豆蜜煮,子持ち昆布,金子”.
右の八寸は”鶏てり焼き,鰯寿司,北寄貝,菜の花浸し,蕗の薹辛煮”だそうで.
うーん,,,読めないメニューも多いし,どんな内容かわかりにくいぞ(汗
石葉の夕食,前菜2
簡単にレビューすると煮豆はホッコリとして美味.鰯の押し寿司もなかなかです.
でも全体的に味付けは濃いめかも.

さらにお椀,”湯葉真丈,蕪摺り流し,振柚子”です.
石葉の夕食,椀モノ
トロッとした摺り流しとモチッとした真丈,食感が面白いですね.

お造りは2種類だったけど,,,すでに詳細は失念しちゃった(汗
石葉の夕食,お造り 石葉の夕食,お造りのアップ
あしらいも春野菜が使われ,季節感を感じさせます.

この時点でお約束のお酒を.
石葉の夕食,お酒
こちらも銘柄は失念(汗
最近はこのような器が流行なんでしょうか?確か由布院でも出てきたよなー.
カッコイイけど,買おうと思うとけっこう高いんですよねぇ(汗

焼き物は”桜鱒の味噌柚庵焼き,蕪酢漬け,酢橘”です.
石葉の夕食,焼き物
考えてみたらこの時期に桜鱒,季節を先取りした感じですねw

お次はお鍋が準備されましたー♪
鍋物は”鰆,湯河原クレソン,赤葱,ポン酢”です.
石葉の夕食,鍋準備中 石葉の夕食,鍋
うん!コレは美味しい!
出汁も良く出てるし,今までの料理よりもちょっと薄味.
なので淡泊な鰆の味も優しく感じます.

さらに強肴,”春大根,揚げ出し豆腐,野びる,天麩羅”です.
石葉の夕食,揚げモノ 石葉の夕食,揚げモノのアップ
衣も薄めでベッタリと揚がってないので,そんなに重く感じないません.

御飯は”岩海苔ご飯,赤出汁,香の物”です.
石葉の夕食,ご飯 石葉の夕食,ご飯とみそ汁
ちょっと岩海苔の風味が飛んでるかなぁ,,,
でもこちらのご飯,ちょうど2人前の量だったので,食べきれないこともありませんでした.

デザートは2種類.
水菓子は”季節のシャーベット,苺”,甘味は”黒糖わらび餅,うぐいす粉”で〆.
石葉の夕食,デザート 石葉の夕食,デザート詳細
シャーベットはいたって普通の味わいですが,わらび餅は黒糖の優しい甘さが嬉しい一品.
とは言え甘いモノ苦手の私の分はヨメがキレイに平らげましたが(笑

全体的にオーソドックスな和食でしたが,どれも手抜きがない印象.
しかも器や食材で季節感もしっかりと感じさせる所がにくい演出ですねー.
私的にはちょっと濃い味付けに感じたけど,この辺りは個人差もあるので良しとしましょう.

さてお風呂に料理に美味しいお酒も楽しんで,,,そのまま爆睡しちゃいましたw
ひとまず次の日の朝食も楽しみだぞっ!!!
と次回・朝食編に続きます☆

コメント
おっ、ようやく夕食まできましたねぇ~♪
>読めないメニューも多いし
あはは、これ記事にするのも大変だったでしょ。。
普通に変換してくれました??(素)

こーゆー旅館もいいですねぇ・・・
旅から帰ったばかりですが、また出かけたくなってきたぞっと(笑)

甘味、好きになりましょう!!
旅の楽しみが増えますよ(^^)v
【2011/04/13 00:36】 | メタbow #- | [edit]
やっとここまで辿り着きましたw

こちらのメニュー,マヂで読めないんで,手書き入力がこれだけありがたいと思ったことはありませぬ(爆

久しぶりの純和風の旅館でしたが,たまには良いですよねー♪
何しろ畳に布団敷いて寝るって何時以来だろ?
こちらなら近場だし,メタbowさんもぜひ行ってみては?

甘味,,,どうにも苦手なんだよなぁ(汗
でも充分に旅は楽しんでおりますのでご心配なくw
【2011/04/13 00:44】 | プロ・ビーラー #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/325-19285dea
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫