(再訪)和牛焼肉 KIM

 2011-06-05
ヨメです。

香港旅行記はまだ続きますが、今回は香港から帰って来てから行ったお店をご紹介いたします。
先日主人がお伺いして絶賛していた焼肉屋さんがあります。
主人も帰宅後に珍しく興奮気味で”あそこは間違いないんで、近いうちに一緒に行こう!”と力説しておりましたし、かなり私も気になっておりました。
しかもちょうど香港に行く頃、1周年を迎えるとのことでその期間中に1周年記念メニューをご提供してくれるとのこと!
せっかくなので、この機会にぜひ行ってみましょう♪

KIM

ということでお伺いしたのは白金の”和牛焼肉 KIM”です!

↑この入り口の写真は前回主人が行った時のものです。
今回はまだ外も明るい時間にお伺いすることになりました。
KIM,店内
店内もキレイだし広くて明るいですね。
さて期待のコース、さっそくいただいてみましょう!
前回主人がお伺いした時は奥のテーブルだったそうですが、今回は入り口近くの店内を見渡せるテーブル席です。
KIM,テーブルセット
ではさっそく麦酒をいただいちゃいましょう!
KIM,お通し
お通しは・・・なんだっけ?確か貝だったかな?
程よい酸味が嬉しい一品です。

次にナムルとキムチが出てきました。
KIM,キムチとナムル
アスパラのナムルっていうのも面白いですね。

そしてお刺身の登場~!
KIM,お刺身
お刺身は”トモサンカク”、”内もものタタキ”、”ユッケ”です。
どれももちろんお肉の旨味が凝縮してますねー。
私は内もものタタキが気に入りました。

お刺身に続きお寿司も来ましたよ♪
KIM,寿司
お寿司は”みすじ”の握りです。
見た目は大トロですが、脂が何しろくどくないんです!
私は本当なら生肉は比較的苦手なんですが、こちらのお肉なら美味しくいただけますね♪

次はお待ちかねの焼き物が出てきました!
KIM,焼き物1
まずは厚切りの”カタシン”と”ヒレ”です。
焼き方の主人も真剣に焼いてくれております(笑
どちらも柔らかく美味しかったのですが、主人の気に入ったのはヒレだそう。
脂もバランス良く、赤身の旨味もしっかり味わえる逸品です。

次はタレモノの登場です。
KIM,焼き物2
次は”中落ちカルビ”と”特選タン”。
中落ちカルビはけっこう脂っぽく感じましたが、やはりくどさとは別の脂の旨味を感じます。

さらに焼き物が続きます。
KIM,焼き物3
これは”内もも”と”カタサンカク”です。
こちらは先ほどの中落ちカルビほど脂が強くなく、これもむしろお肉本来の旨味もしっかり味わえる一品です。
もちろん柔らかいですよ。

ここでお口直しのグラニテを。
KIM,グラニテ
”梅酒のグラニテ”で口もサッパリしました。

そこでとどめに”みすじ”、”イチボ”、”ざぶとん”が出てきました。
KIM,焼き物4
レア焼き派の主人はさっと片面だけ炙って、良く焼き派の私はしっかり目に炙っていただきましたが、良く焼きでもお肉自体の柔らかさが生きてます。
しかもお肉の厚みも絶妙!食感といい味付けといい美味しい~~~♪

〆はさっぱりと冷麺をいただきまーす♪
KIM,冷麺
この冷麺、前回お伺いした主人も絶賛していた一品です。
これが本当に美味しい!
出汁もそぼろも手抜きなし!という主人の言葉、間違いなかったですね。

そして私のお楽しみの登場です。
KIM,デザート
デザートは”マンゴープリン”と”杏仁豆腐”、ココナッツアイス”の盛り合わせです。
お話によるとこのデザート、クッキーも含め基本的にこちらで作っているそう!
私は大喜びで一気に完食、甘いモノ苦手の主人ですらもすっかり平らげておりました(笑)

やはり主人が絶賛していた通り、むしろ期待以上の美味しさにビックリしてしまいました。
お肉自体の旨味もすごいのですが,丁寧な仕事っぷりも伝わります。
焼肉と言うとただ肉を切って焼くだけというイメージがあるかもしれませんが、焼き方はもちろん、お肉の熟成やカットの仕方、味付けなどやはりお料理の1つなんですねー!
改めて焼肉の魅力を再確認させていただきました。
またお伺いさせていただきます☆

コメント
お二人が絶賛するお肉って気になりますねー♪
なんだか涎が溢れてきたんですけど。。

これは9,000円のコースなのかな?
ちと高めだけど、それでも満足感はそれ以上みたいですね。
あー、マヂでお腹が空いてきた。。(笑)
【2011/06/06 00:20】 | メタbow #- | [edit]
肉好きの主人が絶賛するだけあって、どれも間違いない美味しさでしたよ。
しかもこの時は1周年記念で6000円だったんですよ!
こちらは本当におすすめなので、いつかぜひご一緒しましょう♪
【2011/06/08 22:06】 | ヨメ #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/348-1af6244d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫