けやき すすきの本店

 2011-07-10
プロ・ビーラーです.

先日までG.W.の香港旅行記をupしていたわけですが,,,
実はその後,仕事絡みですが北海道出張に行って来ました.
しかもヨメも秘書として同行しちゃったりして(笑

5月中旬の水曜日夜の飛行機で札幌入り.
夜21時ころにこちらのホテルにチェックインしましたが,さすがに晩ご飯はまだだったせいか,やはりお腹は減るもんですよね.
札幌と言えばいろいろ名物はありますが,パッと思い浮かぶのは札幌ラーメン.
個人的にはホントは札幌では醤油ラーメンの方が好きですが,今回はこちらのお店に行ってみることにしましょう.

けやき

味噌ラーメンの有名店,”けやき すすきの本店”ですー.

こちらのお店,駅前の”札幌ら~めん共和国”にも出店してるんですが,せっかく来たのだから本店に行っちゃえ!ということで地下鉄&徒歩で移動.
ま,近いからぜんぜん問題なかったのですがw
到着してみると店外に5人ほどの待ちが.
でもその後すぐに団体さんが到着したので,あっという間に10人以上の行列になってました.
やっぱ人気店なんだなぁ.

ちなみにこちらでは並んでいる間に食券を買うシステムのようです.
けやき,メニュー
↑こちらは店内に貼ってあるメニュー.
けやき,オーダー
今回は↑こんな感じでオーダーしてみましょう.
ちなみに”ネギ味噌にチャーシュー1枚”は私,”煮玉子味噌”はヨメのオーダーです.

約20分ほど待ったでしょうか.やっと奥のカウンターに滑り込みました.
店内はカウンターのみで約10席ほどだから,回転も悪いのかな?
ちょっと待ちくたびれたし,こりゃ麦酒でも飲まないとやってられないでしょ!(笑
って,↑の食券でバレバレですが.
けやき,麦酒
しかもSAPPORO CLASSICってのも嬉しいですよね.

さていよいよオーダーしたラーメンが到着です!
こちらは私のオーダー,”ネギ味噌チャーシュー”ですが,,,
けやき,ラーメンネギ
ん?チャーシューはどこだ?
と思ったら,後から炙っての提供だったのでした(笑
このラーメン,何しろスープは濃厚かつ脂も多い.
こりゃスープだけでもお腹いっぱいになりそうですが,具材も炒め野菜などがたっぷり.
うーみゅ,,,夜22時の夕食にしてはヘヴィーかな?!
けやき,麺とチャーシュー
麺は見ての通りの黄色い縮れ麺.コシはなかなかです.
しかもこの濃度の濃いスープが絡みまくります.
チャーシューは炙ってあるにもかかわらずトロトロ.しかもコレもけっこうデカいぞ!
思った以上のヴォリュームに四苦八苦しながら,なんとか麺,具材は完食しました.

そしてヨメの”煮玉子味噌”です.
けやき,ラーメン味玉
あら,デフォでもこれだけネギが乗ってるのね.
けやき,味玉
↑こちらは煮玉子.中は半熟のタイプです.しかも店名の焼き印が押されてます.
コレもなかなか美味しかったようですが,,,
もともと小食のヨメも四苦八苦しつつ,何とか食べきりました.

こちらのお店,やはり有名店なだけあってけっこうな行列になってましたね.
しかもすすきのにあるので,飲んだ後のお客さんも多数.
でも,,,この濃いぃラーメン,飲んだ後だとちょっとくどいのでは?
我々も食後はちょっと胃もたれ気味だったし,喉の渇きもハンパない.
うーみゅ,,,明日からの食事(あれ?会議じゃないの?w)に響かなければ良いのですが.
ともあれこの日記から数回,北海道でいただいたモノなどのご紹介もしていきます.
しばしお付き合いの程,よろしくお願いいたしまーす☆

コメント
あ、そうそう、北海道って仕事がらみだったんだよねー♪
すっかり観光だと勘違いしてた(爆)

お品書き、はぎラーメンって何?と思ったらねぎラーメンだったのね(汗)
札幌系、寒い季節にはあの濃さと脂の多さは良いのでしょうが・・・
この季節だと、ちょっと濃すぎるよね~(^^;)

で、観光旅行の続編も期待してまーす(笑)
【2011/07/11 07:20】 | メタbow #- | [edit]
そーだったんですよ.
ぜんぜん仕事だと思われてなかったみたいだけど(爆

確かに”はぎラーメン”に見えますね.
達筆すぎたのかな?(笑
あのラーメン,暑い時期にはちょっと厳しいかもしれないけど,この時は東京よりも肌寒いレヴェルだったので,他の人たちは美味そうに喰ってましたw

続編,,,まだ某所の写真整理も出来てないくらいだから,,,
そんなにプレッシャーかけないでー(汗
【2011/07/11 17:51】 | プロ・ビーラー #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/362-608608d1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫