Ryuzu

 2011-08-24
ヨメです。

この日は私のお誕生日ウィークの週末だったのですが、主人がこんな素敵なレストランを予約してくれました♪
このお店、たまたまオープニングの時に見つけ、その時から2人とも気にしておりました。
でも・・・ちょっと敷居が高そうかな?とも思ったので、なぜか訪問できず。
今回はやっと!念願叶っての初訪問です!

Ryuzu

六本木・東京ミッドタウンからもほど近いビルの地下にあるフレンチ、”Ryuzu"です!

こちらのお店のシェフ・飯塚隆太氏は”ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション”で5年間シェフを勤めた方だそう。
”ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション”は以前主人とおうかがいしたこともありますが、主人の評判も高かったんですよ!
なので私はもちろん、主人の期待も非常に高まっていたようです(笑)
この日はお店のお隣では何かイベントをやっていたようで、外はちょっとガヤガヤしてましたが、店内に入るとシックな内装と相まって落ち着いた空間が拡がっておりました。
店内はテーブル席、個室とカウンターがあります。
Ryuzu,店内
今回はカウンターを予約していただいていたそうですが、5~6席のカウンターは貸し切りでした!

カウンターをチョイスするとアラカルトメニューもいただけるようですが、この日は初訪問だったのでコースにしました。
でもちょっと奮発して(してくれて?)、メニューは”MENU DEGUSTATION ”と呼ばれる12,600円のコースです!
こちらはスペシャリテを含むテイスティングメニューだそう。
Ryuzu,麦酒
私はプレミアムグレープジュースを、主人はビールをいただきながら楽しみなお料理を待ちましょう♪

最初に提供されたのはパン。
ロブションと言えば細めのバケットというイメージがありましたが、こちらではどうやら違うパンのようです。
Ryuzu,パン
このパン、ヨーロッパで作られた物を冷凍・空輸しているそうですね。
ロブションのバケットも好きですが、このパンも小麦の香りがしっかりと効いて美味しい♪

パンの次はアミューズ。
Ryuzu,アミューズ
これはマスカルポーネとイチジクのジャムを合わせたムース。
チーズのコクとイチジクの酸味がうまくマッチしてます。

そして前菜が供されました♪
Ryuzu,前菜1
こちらは”北海道産毛蟹 アボカドトマトエスプーマのアンサンブル”、見た目にも美しい一皿です。
ちょうど蟹やアボカドがミルフィーユのように重ねて盛り付けてありますが、崩すのがもったいないですね(笑)
お味もしっかり蟹の風味、トマトの酸味、アボカドのコッテリ感が相まって美味しい♪

次はシェフのスペシャリテの一皿です。
Ryuzu,前菜2
見た目はちょっとわかりにくいですが、これは”肉厚椎茸をタルト仕立てに コロナータ産ラルドの薄いベールで覆って”。
この”ラルド”とはラードに塩と香辛料を擦り込んで熟成させたもの。これが塩加減の良いアクセントになってます。
もちろん椎茸との相性も抜群です!

そしてお次はお魚系。この日は”天草産緑竹を萩産白バイ貝のパセリ風味のエチュベと共に”です。
Ryuzu,貝
こちらはむしろあっさりとした味付けですね。
でもバイ貝も固くならず、パセリの風味も爽やかです。

さらにこのお料理もこちらのシェフならではの一皿、”徳島産ハモ 胡瓜のスパゲティー見立てと共に”です!
Ryuzu,鱧
何しろフレンチで鱧です!これは素晴らしいサプライズメニューです!
主人もこのメニューを見つけてこのコースに即決したそう(笑)
ソースは骨から取った出汁にバターを加えているそうです。
しっかりと骨切りされた鱧にこのソース・・・さらにパスタのように細く切られた胡瓜のちょっと青めの風味も合いますね!
しかもこちらのシェフ、包丁技の重要さに気付いてから某有名和食店で修行して、この鱧の骨切りまで習得されたそうです。
お話をお聞きするだけでもこの料理の素晴らしさが伝わりますが、この和の伝統的な食材がしっかりと独自のフレンチに昇華されてるんですね!

さらにメインのお肉料理です♪
Ryuzu,メインのお肉
メインは”カナダ産仔牛のローストにサマートリュフをのせて ジロール茸をあしらって”です。
このお肉、見た目は赤い部分だけですがしっかりと熱は通ってます。
なので若干レア気味が苦手な私でも美味しくいただけましたが、隣で主人はすっかり興奮!
この絶妙な焼き加減とサマートリュフの風味にすっかり打ちのめされた!だそうです(笑)
おうかがいすると、このお肉も最近流行の低温調理などではなく、しっかりと火を入れる時はしっかりと、さらにじっくりと熱を通したのだそうです。
でも・・・自宅でこの焼き加減を目指すのは難しそうですね(汗)

そして私のお楽しみのデザートタイム♪
でも・・・甘い物が苦手な主人はチーズを少しいただくそうです。
Ryuzu,チーズ
このチーズをいただいていると、どうやら大好きなモルトが欲しくなったようですが・・・
ちょうどお店の方にオススメされたシェリー酒が素晴らしかったらしく、それと楽しんでおりました(笑)

そして私のデザート、まずはこちら!
Ryuzu,デザート
”山梨産白桃 泡のはじけるジュレとソルベを添えて”です。
これも桃の爽やかな風味と甘みが嬉しいですね♪

そしてプチ・フール。”小さなデザート3種の味わい フルーツと蜂蜜のジュレ、チェリーのコンポート、紅茶のブラマンジェと青リンゴのソルベ”です。
Ryuzu,プチ・フール
どれも濃厚な甘さ。特にチェリーのコンポートはしっかりとした甘さで美味しい♪

さらに最初にお話しした通り、この日は私の誕生日ウィークだったのでこんなサプライズまで!!!
Ryuzu,サーヴィスプレート1 Ryuzu,サーヴィスプレート2
バースデープレートまでいただいちゃいました♪
しかも私の誕生日は入籍記念日でもあるので、主人にもおめでとうのプレートが!
これはかなり感激です~!!!
Ryuzu,焼き菓子 Ryuzu,珈琲
そしてコーヒーと焼き菓子をいただいて素晴らしいディナーは終了です(泣)

のんびりと閉店までいただいていたので私達が最後のお客さんだったらしく、
最後はお店の方とシェフ自らお見送りしていただきました。
もちろんお料理も素晴らしいですがサービスもさすがですね!
お値段なども考慮すると気軽には来にくいお店ですが、ぜひまた再訪したいお店の一つになりました☆

コメント
六本木でこの内容なら凄くお値打ちじゃないですか♪
さらに美味しいとなれば、再訪したくなるのも頷けます(^^)

鱧、以前八王子のステーキ店でいただいた事がありますが、和食じゃなくても存在感ありますよね。
これも美味しそうです!!

【2011/08/26 12:28】 | メタbow #- | [edit]
そうなんです,こんなに手が込んでいて美味しいのですからお値打ちですね.
再訪間違いなしです!
鱧には驚かされましたが,このお店では色々なサプライズが楽しめそうです.
【2011/08/28 11:09】 | ヨメ #I1cSsS1U | [edit]
こんばんは。
なるほど、ハラミ専用焼肉屋ってことですな。

プロ・ビーラーさんもそのうち寺門ジモンみたいに
部位ごとにおすすめの店が決まりそうですね。
私はミノだったら赤坂の「みすじ」かなぁ。
【2011/09/05 23:32】 | 習志野習志 #z8Ev11P6 | [edit]
どもですー♪ 

ん?
コレは”トラジ”のコメですかね?(笑
確かにこちらはハラミ専用と言っても過言ではありません.
部位ごとのオススメ,,,
さすがにそこまでは極めておりませぬ(汗
でもお店ごとのマストアイテムは外さないようにしております.
【2011/09/06 16:04】 | プロ・ビーラー #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/374-1d1326a9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫