秘境 白川源泉 竹ふえ その3(食事編,1泊目)

 2013-08-28
プロ・ビーラーです.

前回は”竹ふえ”の充実した施設お部屋をご紹介いたしましたが,,,
やはり気になるのはお食事でしょ!
しかも今回は2泊するので,夕・朝食も2回ずつ.
どんな料理が楽しめるかなー?
ってことで,まずは順番に1泊目の夕食からご紹介いたしましょう.

夕食1

今回は離れのお部屋なので,お食事はお部屋の囲炉裏端でいただきます.
夕食の時間になると係の方が手際よく配膳してくれます.
施設内の川床庭園脇には”和楽”というお部屋がありますが,大人数での宿泊時はそちらでいただくみたい.
さて,セッティングも済んだみたいだし,さっそくいただきまーす♪
気になる当日のメニューは↓こんな感じ−.
竹ふえ1日目メニュー
地のモノと季節モノを取り入れたメニュー,なかなか豪勢ですな!
ココからは駆け足でご紹介,しかも写真撮り忘れているお料理もあります(汗

ひとまず麦酒もいただきまーす.
麦酒
ってか,すでに並んだお料理に目を奪われてますがw
さっそく先付けからご紹介〜.
小鉢
こちらは”うぐいす豆腐,山芋と芽かぶのもずく酢”.
見た目の色あいも鮮やかです.

お次の焼八寸も豪勢ですね−.
前菜
そしてお造りは肝付きの鮑まで!
お刺身 お刺身2
さらに名物・馬刺しはタタキでの登場〜.
タタキ
昨晩いただいた馬ユッケとも違う食感と味付けが嬉しいですね−.

そして焼き物,この日も熊本の黒毛和牛です.
焼き物 焼き台
↑このお肉を囲炉裏にセットされた焼き台で焼くってな寸法.
焼いてます
やはり”すどう”の焼肉とは違いますが,なかなか楽しい趣向です.

お次は蒸し物.箸休め的な茶碗蒸しです.
茶碗蒸し
そしてお次の台の物とは鍋ですと?!
鍋の付け合わせ 鍋
しかも和牛やら馬刺しをいただいた後に地鶏野菜鍋.
こりゃなかなかのヴォリューム!

さらに追い打ちをかけるように揚げ物まで来ちゃったよ!
揚げ物
この辺りになると,すでに満腹なんですけど(汗
酢の物
ちょっと酢の物でサッパリしつつ,,,
〆のご飯セットに突入する訳でして(笑
ご飯セット
ご飯セットは↑のような竹で作られた容器での登場〜.
かぐや姫風とでも言いましょうかw
ご飯 漬け物 味噌汁
さすがに〆だから量は少なめ.
でも,それまでの量がけっこう多かったから,ホントに満腹だぁ!
とは言え,お部屋での食事なんで,そのままゴロゴロしてても良いしw
デザート
デザートもクレームブリュレなんてヘヴィーな様相だったけど,ちょっと休んでからいただきました(笑

そして別売りの球磨焼酎のミニボトルまで発注して,,,
竹ふえ
お腹もいっぱいだし,適当に酔ったんで,そろそろお休みなさーい☆
くまモン
↑この写真,しばらく使おうっとw



さて一夜明けて,,,
一服しつつマッタリしていると,すでに朝食の時間.
もちろん朝食もお部屋でいただけます.
1日目の朝食
朝食も手際よく準備完了・
しかも夕食に負けず劣らず,なかなかの品数だぁ!
内容は,,,
焼き魚 小鉢 サラダなど
焼き魚や小鉢,サラダなど,比較的奇をてらったところのない品揃え.
ご飯など
でもお味噌汁の代わりに呉汁ってのが珍しい.
のんびりと朝食をいただきつつ,この日は阿蘇周辺の観光へ.
その模様は,,,2日目のお食事の時にちょいとご紹介いたしましょう☆

コメント
うん、王道かつ上質な料理が並んでますねー!!
食べ終えて横になれるのは部屋食の醍醐味だったりしますよね(^^)
スタッフの方の手際が良ければ文句なしww

朝食に呉汁ですかぁ~♪
どれも美味しそうですねぇ、こんなの食べたらお昼になってもお腹は空かなそうですがね(^^)
【2013/08/28 19:28】 | メタbow #- | [edit]
うん,さすがにこの日もランチは却下しましたw
ま,コレだけのクオリティですから,夜食はもちろん,ランチ抜きでも問題ナシ.
呉汁も珍しくてなかなかでした.
【2013/08/31 00:28】 | プロ・ビーラー #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/508-6829c931
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫