しゃぶ与志

 2013-10-12
プロ・ビーラーです.

この日は普通に仕事のある平日.
でも,仕事終わりに急いで新宿方面に向かいました.
なぜなら,またTwitterで魅惑的なつぶやきがありまして.
発信元はかの”BEEF-LAB.com”のCBO(チーフ・ビーフ・オフィサー)・BMS12さん.
内容は↓のようなモノでした.

来週の水曜空いてて、しゃぶしゃぶ好きな人いませんかね??


ちょうどその日の夜はヨメは別の予定がありましたが,私は予定ナシ!
こりゃ手を挙げておくべきだぞ!と直感したので,すぐにご連絡を入れまして.
そして向かったお店はこちらでした.

新宿,区役所通りにあるしゃぶしゃぶ屋さん,”しゃぶ与志”ですー.

この辺り,普段はあまり足を踏み入れないエリアですので,こんなお店(失礼)があるのも初耳.
しかもBMS12さんのお眼鏡に適うお肉が供されるとも思えない間口なんですが,,,
約束の時間をちょっと遅れちゃったんで,お店の外観の写真を撮る間もなく入店です!
店内はカウンター,奥にテーブル席,お座敷もあるみたい.
ちなみに場所柄なのか,我々以外のお客さんはほぼ同伴と思われる男女ばかりでした.

メニューはしゃぶしゃぶの他にすき焼き,ステーキもありますが,この日はもちろんしゃぶしゃぶで決まり!
その中でも国産牛,黒毛和牛,特選黒毛和牛,さらに松坂牛のコースがありますが,,,
何しろこの日は,兵庫の”川岸牧場”の特選神戸牛の中でもピカイチのお肉がこちらに入っているという情報を入手していたので,もちろんそちらをいただこうという寸法です.

ひとまず麦酒でノドを潤してっと.
鍋など
カウンターと言えども,目の前に鍋が準備されるので,1人でも対応出来そうですね.
前菜
前菜は湯葉と平目の昆布締め.
こちらをいただいた後はいよいよしゃぶしゃぶの準備です!
タレなど
タレはポン酢とゴマだれですが,,,ココで衝撃的な事実が発覚!
なんとっ!まだその前に使う松坂牛が残っているので,当日は川岸牧場のお肉の準備がないとのこと(汗
この時点ではかなりショックでしたが,機転を利かせてくれたのは店員さん.
そそくさとお店の職人さんに相談していただき,特別に提供していただけることになりましたー♪
そのホントの特選・川岸牧場の牛さんは↓こちらー!!!
川岸さんの牛
こりゃ美しいサシの入り方!しかもすでに常温でも溶けてる部分も.
コレをサッと鍋に潜らせ,いただいてみると,,,
サラリとしたキレの良い脂分と赤身の旨味のバランスが絶妙です!
試しにゴマだれでもいただいてみても,お肉の風味がゴマだれに負けてない!
こりゃスゴいお肉だぁ!!!
ただし私の同伴(笑)のBMS12さんが指摘していたのはお肉の厚み.
”もう少し厚みがあると良いのでは?”と指摘したところ,やはりお店の方いわく”ちょっと通常よりも薄めになってしまった”だそう.
その辺をしっかりわかるBMS12さんもスゴいけど,通常の厚みだったらどんなんだろう?

ってことで(?),ちょうどこの時期提供していたという松坂牛もいただきまーす(笑
松坂牛
あ,↑コレはこちらのサイトのクーポンでいただいたモノ.
コレもまた大ヒット!
旨味も香りも極上!しかも適度な厚みで舌触りも滑らか.
このお肉がクーポンでいただけるなんて嬉しいですねー♪
いやはや,,,大満足です.

そして〆はきしめん.
きしめん
好物のザーサイもたっぷり入れていただきました.
コレもお肉の良い出汁と相まって,満腹でもスルッと入ります.
うん,ホントに大満足でしたー!

こちら,正直期待以上のお肉でビックリ!
何しろあの川岸牧場の神戸牛に,通常でも極上の松坂牛まで揃ってるってのもスゴいよなー.
しかもクーポンでもう1人前追加してこの値段(セットで1人前9300円)ってのもお値打ちに感じます.
やはり同伴のメッカ(笑)・銀座なら倍とは言わないけど,確実に値段はもっと高くなるだろうからなー.
今度はぜひヨメと同伴で,,,なんて思いながらも,新宿でお肉を!となった時の選択肢が増えました☆

コメント
へー、美味そうっすねー♪
しゃーぶしゃーぶしてる動画はないのぉ?ww

区役所通り、しょっちゅう通るけどお店を頭にインプットしよーとも思わなかったす(^_^;)
今度通ったらチェックしてみよーっと!!
【2013/10/15 12:57】 | メタbow #- | [edit]
唸りながら喰ってたんで,動画撮るとかいう頭ナシっすw
ちなみにこちら,カウンターだからお一人様でもダイジョブだけどw
何ならこんど行ってみる?

この辺はあの時期はよく来たけどね−.
今はライブでくらいしか来ないもんなー.
【2013/10/15 16:45】 | プロ・ビーラー #I1cSsS1U | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/522-cf8dd726
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫