新那須温泉 山水閣 別邸 回 ( 宿編 )

 2014-02-19
プロ・ビーラーです.

今回はまたまた埋もれていた年末の旅行ネタを.

12月の連休中,ちょいと普段はあまり行かない所に行ってみよう!ということになっておりまして.
またいろんな宿を検索していたら,なかなか良さそうなお部屋を見つけたのが10月初旬.
どうやら普段から人気のようで,宿泊日はこんな遅い時期になっちゃいました.

ひとまず東京駅から東北新幹線でバビューン!
もちろん車内では駅弁も楽しみですね♪
しらす弁当 しらす弁当の中身
今回は東京駅構内の駅弁屋さんで仕入れましたが,,,
私はなぜか肉系でもシウマイでもなく魚系.それもいつでもいただけそうな湘南しらす弁当ですw
師走 師走の中身
ヨメは季節モノの師走弁当.なかなか安心するヴィジュアルですね.
こんなお弁当をいただきながら到着したのは那須塩原駅.
そこからさらに黒磯駅まで一駅乗り換え,そこからタクシーで向かったのはこちらの宿でした.

回

新那須温泉 山水閣 別邸 回”ですー.

こちらは表題にあるように,”山水閣”という比較的オーセンティックな宿の別館.
山水閣
↑この写真はブレブレですが山水閣の入り口です.
こちらは比較的ご年配の方や家族連れの宿泊客が多いように思えました.
ちなみに別邸 回の入り口は裏手になるので注意!
チェックインは宿内のラウンジで行われます.
そのラウンジからは↓こんな眺めが.
外の眺め
ちょうどこの日は雪は積もってなかったけど,積もるとなかなかキレイだろうなぁ.
お茶とケーキ
さっそくケーキとお茶をいただいてチェックイン.
ちなみにこのケーキは抹茶のロールケーキ.本館・山水閣の↓のお土産屋さんでも売ってるそうです.
お土産屋さん
さてチェックインを済ませたら,さっそくお部屋に行ってみましょう.

お部屋は一番手前のお部屋”其の壱”.
リヴィング テラス
↑部屋に入るとすぐにリヴィングとテラスがお目見えです.
こちらのお宿はすべての部屋が70平米以上のスイートになるので,広さはもちろん充分ですね.
椅子 TV
↑リヴィングにはテレビと壁際にはソファ,そしてこんなカッコイイ椅子が設置されております.
コーヒーメーカーなど カップ
↑ダイニング脇の棚にはちゃんとお茶セットだけでなくコーヒーメーカーも完備.
冷蔵庫
ちょっと見た目は寂し気ですが,冷蔵庫内のドリンクも無料です.
ま,1泊ならこのくらいでもダイジョブかとw

そしてお隣にはベッドルームとクローゼットが.
ベッド
ちょっとブレブレの写真ですが,ベッドも大きめのダブル.
↓そして隣にはドレスルームが.
洗面台
木貼りの洗面台ってのも斬新かも?!

そしてお楽しみと言えば露天風呂ですね♪
山水閣では特別室には部屋付き露天風呂があるようですが,別邸 回はすべてお部屋に露天風呂が付いております.
我々の宿泊したお部屋のお風呂は↓こんな感じ−.
露天風呂
鍵型のお風呂,なかなか広い!
半露天ですから,よほどの荒天じゃない限りのんびりできそうです.
しかもココだけの話.
本館・山水閣には貸し切り風呂もありますが,そちらよりもこの露天風呂の方が広く,雰囲気も良かったですよ!

ちなみに本館のラウンジには↓のようにジュースや珈琲が置いてあるので,貸し切り風呂での湯上がりにマッタリできます.
本館ラウンジ
ま,お部屋でマッタリする方が落ち着きますが(笑



今回はお節介な注意点はあまりありませんが,気付いたのはアクセス.
最寄り(?)の那須塩原駅,黒磯駅からはけっこう離れているのですが,予約制のシャトルバスは時間指定なので電車などの時間を合わせないといけません.
しかも近くのバス停から徒歩になるので,ご年配の方は厳しいかもしれませんね.
今回我々は黒磯駅からタクシーで向かいましたが,その時はタクシー代が5000円以上かかりましたので,その辺のコストも考えないといけません.
ま,帰路はもちろんバス移動も可能ですが,タクシーで途中の道の駅(那須高原友愛の森)などに行ってもらい,そこからバスで駅へ向かうことも良いし,タクシーで駅まで行くよりも安上がりです(実際,我々も帰りはそのプランで帰りました).
また,クルマの場合は宿前まで行けますが,冬場はチェーン必須でしょう.
なので,宿までの移動手段は要検討かと思われます.

あとwifiがお部屋にないのはかなりの減点じゃないかな?
携帯は繋がりますが,周辺の観光地を検索しようにもやはりiPadなどの方が便利.
なので無線LANはぜひ導入してほしいですねぇ.



さて,駆け足でご紹介しました今回の宿編.
次回からは気になるお食事編などをupする予定です.
お楽しみにー☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/534-fe53f2be
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫