(移転) 葵本店

 2014-03-26
プロ・ビーラーです.

一仕事終えての札幌の夜.
どうやらヨメ的に晩ご飯は行く前から寿司狙いだったようでして.
5年ほど前に来た時に行ったのはすすきのの”田なべ”.
あの頃はミシュランも北までは進出してなかった頃ですが,その後☆3つ獲得するほどの人気店になったそう.
さすがに予約の取れない人気店になったなんて噂もあるので,今回はそんなお店の前をすり抜け,新規開拓のこちらのお店へ行ってみることにしました.

葵本店

すすきののお寿司屋さん,”葵本店”ですー.

こちら,同じく札幌でも有名店らしい”棗(なつめ)”の姉妹店だそう.
ま,どちらも行ったことないならリーズナブルな方から行っておこうかと思ったのはヒミツの方向でw
粉雪の降る中,寒いのでさっそく入店してみましょう.

2015年6月,移転して”鮨葵 大通りビッセ店”と名前も変わったそうです.
店内はL字のカウンターとテーブル席が1席.
しっかり予約していた我々はカウンター一番奥に通されました.
お店の中もかカウンターもキレイでなかなか良い感じ.
カウンター内には職人さんが2名腕を振るっております.
ひとまず麦酒をお願いすると,お通しと1品目が出てきました.
テーブルセット
お通しはひじき,1品目はカニの味噌和えです.
カニ
このカニ,丁寧にほぐした上に味付けしてあります.
殻ごと出てくるよりも手間はかかるけど嬉しい配慮ですね.

お次はホタルイカ.
ホタルイカ
酢味噌を絡めていただくと,,,こりゃお酒が欲しくなっちゃうなぁ(笑

ちょいとお次はお刺身もいただいちゃいましょう.
まずはシャコとイカです.
シャコとイカ
このシャコ,肉厚で美味い!
以前こちらでいただいたシャコも絶品でしたが,負けずとも劣らない逸品です.

お次は赤身と甘エビ.
赤身と甘エビ
赤身は本鮪のモノ,ちょっと風味が弱かった印象ですが,それでも旨味は充分.
甘エビもねっとりとした食感がなかなかです.

さらにシーズン終盤ですが白子焼きまで!
白子焼き
トロッととろける白子は臭みは皆無.
むしろ甘みが引き立ってますなぁ♪

そして大将にオススメされた野菜系をちょっと焼いてもらいましょう.
アスパラ 椎茸
こちらのアスパラと椎茸,一つは素焼き,もう一つはバター焼きにしてもらいました.
とりたてて特徴的ではないけれど,おつまみの変化球としては嬉しいかも.

さらに生のししゃもまで焼かれました.
ししゃも
こちらも身がしっかりしていて美味かったぞー.

そして土瓶蒸しが登場しましたが,,,隣の赤い液体は?
土瓶蒸し スッポンの血
こちら,スッポンの出汁を使った土瓶蒸しです.
さらに赤いモノはスッポンの生き血.
林檎ジュースでハーフ&ハーフにしてあり,生臭さなどは薄れ,むしろスッキリと飲みやすくなってます.
もちろん土瓶蒸しの出汁感は素晴らしいし,ちょっと汁モノが欲しかったのでタイミングもバッチリです.

こうなるとお酒が欲しかったんですが,次の日を考慮して(?)ココで焼酎にスイッチ.
もう一品おつまみもいただきましょうか.
数の子
選んだおつまみは数の子.
塩っ気もまさに良い塩梅でお供にはピッタリです.

さて,そろそろ握りもいただきましょう.
コハダ
↑まずは大好物のヒカリモノのオススメ,コハダ.
雲丹
↑さらに塩水雲丹.
ニシン
↑そして地物ってことで生のニシンもいただきまーす♪
いくら
↑となるとイクラも外せません!
ボタン海老
↑ボタン海老はねっとりとした食感と甘みが嬉しい一品.
トロタク
↑そろそろお腹もいっぱいだし,トロタクで〆にしましょうか.
海苔の味噌汁
↑ま,〆の前には海苔のお味噌汁もいただいちゃうわけですが(笑
イチゴ
↑デザートはイチゴ.
これだけいただいて,お会計は2人で約17000円.
この値段をリーズナブルと言うかは別として,満足度の高い晩ご飯になりました♪

こちら,周りのお客さんを見ていると常連さんが多いみたい.
お店自体もキレイだし,活気もあるし,もちろんネタも良い.
ただし,ほぼカウンターのみの狭めなお店ですが,店内は禁煙ではないのでご注意を.
ま,その辺を気にしない方にオススメ出来るお店がまた1つ増えました☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/554-659fe500
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫