くいしんぼー山中

 2014-04-18
プロ・ビーラーです.

この日は3月末.
ちょいとまた京都に1泊で出張がありまして.
毎度のことですが,もちろんヨメも同行しておりますw
しかも桜の時期ってこともあり,観光も楽しみにしていたんですが,,,
予報は生憎の雨(汗
ココでもしっかり超絶雨男っぷりを発揮しそうな悪感がしますが,ぜひ今回は行っておきたかったお店があったんですよねー!
ってことで,夕方過ぎに曇りの京都入りした後はこちらのお店に急ぎました.

くいしんぼー山中

ステーキの名店,”くいしんぼー山中”ですー.

こちら,肉に関して信頼出来る方々が口を揃えて素晴らしい!と言うお店.
何度か京都は行っているんですが,なぜか行動する範囲から離れていたので足が遠のいていたのでした.
今回の初訪問,お店の入り口からすでにテンション上がりっぱなしですが,さっそく入りましょう!
店内はカウンターとテーブル席,またロフト風のテーブル席もあるみたい.
我々は一番奥のテーブルに通されました.
カウンター
カウンターにはすでに魅惑的な肉肌が見える冷蔵庫が.
ちなみにこの日のカウンターは常連さんと思われる方々で満席でした.

メニューはアラカルトの他,コースもいろいろと用意されてますが,せっかくなんでロースとヒレのステーキコースをお願いしましょう.
さっそくですが,まずは麦酒をいただいてっと♪
テーブルセット
テーブルセットは比較的シンプルですが,テーブルの上には大きな換気扇も付いておりました.
ココで焼いちゃったりもするのかな?

お通し的なベイクドポテトは懐かしい丸いバターと共に登場です.
ベイクドポテト
じゃがいもの甘みがコレから出るお肉の期待感を持ち上げます.

ポテトをいただいているとマダムがコースのお肉のお披露目に来てくれましたよ!
肉
この美しいお肉,40ヶ月の但馬牛だそう.
うむ,楽しみです♪

そしてオードブルの1皿目,なんとローストビーフだぁ!
ローストビーフ
何しろコレも素晴らしい!
お肉自体の旨味はもちろん,風味もスゴい.
こうなるとステーキが待ち遠しいですが,,,

お次は2皿目のオードブル.鯛のグリルです.
魚
こちらもお魚の火入れ,ソースのバターの風味がたまりません.

そしてスープは冷製のコンソメスープ.
スープ
ジュレ状のスープはお肉の旨味が凝縮しているモノ.
えぐみ,雑味はまったく感じない逸品です.

そしていよいよメインのステーキ,,,の前にサラダをw
サラダ
ご飯とお漬け物の写真は撮り忘れました.
で,ホントに念願のステーキが出てきましたよ!!!
まずはロース,ミディアムレアでのオーダーです.
ロース1 ロース2
比較的しっとりした焼き上がりですが,何しろお肉の香りがすでに美味い!
一口かぶりつくと一気に旨味が押し寄せます.
そしてバランスの良い脂の甘みも相まって,,,
焼き方はもちろん,お肉自体の凄味が伝わってくる一品です.

そしてヨメのヒレもミディアムレアでいただきましょう!
ヒレ1 ヒレ2
コレもやはり旨味,風味が素晴らしい!
しかも食感が柔らかいというのを通り越し,あまり食感を感じないまま旨味が押し寄せるステーキです.
この感覚は初めてだぞー!
そしてまたヨメとお皿を取り替えながら一気に完食〜.

余韻に浸りながらももっといただきたくなっちゃったので,メニューで誘っていたビーフカツも追加オーダーすることに.
ビーフカツ
あの食感と旨味のヒレですから,こりゃ間違いない逸品ですが,何しろこのデミグラスソースも美味い.
カツにはもちろん,ご飯にワンバウンドしても楽しめますし.
絶妙な火入れと相まって,こちらも一気に完食しちゃいました.

そして満腹,大満足のお腹をさすりながらデザートと珈琲を.
デザート 珈琲
デザートは苺のタルト,こちらはヨメ大喜びの一皿ですね♪
うん,コレはホントに大満足のディナーでした.



お店を出るとすでに雨が.
でも,せっかくなんでタクシーで円山公園へ向かい,ライトアップされたしだれ桜を見て,,,
夜桜
祇園〜四条を練り歩き,,,
鴨川を臨むBAR,”SENT JAMES CLUB本店”に流れ着いて,,,
モルト
モルトで雨で冷えた身体を温めてからホテルに戻ったのでした.

この”くいしんぼー山中”,ホントになぜ今まで行かなかったんだろう?と思わせる素晴らしい料理でした.
お肉の質はもちろん,火入れや味付け,さらにサーヴィスまで大満足レヴェル.
些細な欠点としては京都駅からのアクセスとお会計時にカードが使えないことくらいでしょうか?
でも次回京都に来た際にもぜひ足を運びたくなる,そんな名店です☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/560-b659a313
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫