維新號 點心茶室 二子玉川店

 2014-08-02
ヨメです。

7月の連休は二子玉川のタカシマヤのスペシャルデイズ♪
ちょうど狙いを定めていた物がセールになっていたこともあり、主人と行ってみました。
でもこの期間中はすごく混むので、夕方からのんびりとランチ・ディナー兼用の食事にすることにしました。
以前のスペシャルデイズの時は”鎌倉山”でローストビーフや鮑をいただきましたが、この日はなぜかお肉以外な気分。
その中で選んだのはこちらのお店です。

玉川タカシマヤS.C.南館6階にある”維新號 點心茶室 二子玉川店”です!

いつもならお店の写真を載せるところですが、どうやら主人が撮り忘れちゃったみたい(笑)
こちらは言わずと知れた”赤坂 維新號”の支店。
もちろん夜のコースなどもありますが、やはり”點心茶室”と名の付くこともあり本店よりもリーズナブルなのが嬉しいですね。
ではさっそく行ってみましょう!
すでに時間は16時半を回ってましたが、まだ17時までのランチのオーダーも可能とのこと。
私は”點心茶室セット”、主人は”ランチコース”をオーダーしました。
ちなみに點心茶室セットは
”一口前菜三種・料理2品・蒸し点心・お食事(ハーフのつゆそばor焼きそば)・選べるデザート(ライス無料サービス) ”
ランチコースは
”二種前菜の盛り合わせ・二種蒸点心・お料理三品・チャーハン・本日のスープ・杏仁豆腐”
というなかなか盛り沢山な内容です。

この日は駐車場も混むのを知ってたので移動は電車で。
となると主人はもちろんビール付き(笑)
私も珍しく(?)ノンアルコールビールをいただきまーす。
麦酒
後ろのポットはお茶です。

まずは私の前菜の盛り合わせが出てきました。
前菜盛り合わせ
クラゲにイカ、添えられたゴーヤがいかにも夏!といった雰囲気です。

そしてスープはタマゴスープ。
スープ
こちらと別添えのご飯はおかわりも可能です。

さらに料理2品のうち,空豆と海老の炒め物が登場です。
料理1
塩味も控えめな比較的優しい味付けなのも嬉しいですね。

2品目は酢豚、どうやら黒酢を使ってるみたい。
料理2
こちらも甘すぎず、さらにお酢もむせかえることないちょうど良い感じです。

そして蒸し点心は焼売です。
点心
お肉たっぷり!なかなか食べ応えあります。

この日のお食事(おそば)はつゆそば、焼きそばともセロリが入ってるとのこと。
ちょっとセロリは苦手なんですが、今回はつゆそばにしました。
セロリそば
いかにもという感じのあっさりしたスープに細麺が、さらにセロリなどの野菜の餡かけのおそばです。
それほどセロリの香りも強くないですが、セロリは主人が食べてくれました(笑)

ここからは主人のランチコースもご紹介しましょう。
まずは前菜。
前菜
こちらは豆腐干糸とクラゲの盛り合わせ。
私のセットとクラゲは同じですね。

点心は蒸し餃子が2種類。
点心2種
この辺りからすでに主人のビールは加速した様子(笑)

さらにこちらのコースにはお料理が3品付いてます。
料理1
まずは海老と季節野菜の塩炒め。
こちらもちょうど良い塩味だったそう。

2品目は豚とニンニクの芽の炒め。
料理2
これはご飯が欲しくなりそうですねー。

3品目は茄子のピリ辛炒めです。
料理3
ピリ辛とは言え四川風ではないので、それほど辛さも強くない1品。
これもご飯に合いそうです(笑)

さらにコースのスープは500円追加でフカヒレスープに変更可能とのこと!
となるともちろんフカヒレに変更しますよね!
フカヒレスープ
もちろんこのお値段ですからそれほどフカヒレは入ってませんが、スープは相変わらずの美味しさ。
これにはコッソリと私のご飯が大活躍しちゃいました。

そしてランチコースにはチャーハンが。
チャーハン
これもプリッとした海老が入った王道のパラパラチャーハンです。
フカヒレスープとご飯までいただいた後でしたが、スルッと入っちゃったみたい(笑)

そしてデザート、私はタピオカ・杏仁豆腐・マンゴープリンからタピオカを選びました。
タピオカ
これは主人にはちょっと甘いかな?
でも私にはちょうど良かったですよ。

主人は杏仁豆腐にしました。
杏仁豆腐
こちらは甘さ控えめで主人もツルっと完食しました。

私の點心茶室セットは割引などなかったけど、ランチコースはスペシャルデイズには割引になるので、実質フカヒレスープのオプションがプラス300円の計算になりました。
他にもチャーハンなどの単品も割引になってたけど、このランチコースや點心茶室セットは17時までオーダー可能ってのもポイント高いですね。
しかもお味は間違いなし!
最近は私達も二子玉川のタカシマヤはあまり来なくなっちゃったけど、こちらの来た時のお食事の選択肢としていかがですか?

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/585-b547fe6d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫