奥湯河原 結唯 -YUI- 〜お部屋編〜

 2014-10-25
プロ・ビーラーです.

先日やっと夏のバリ旅行編が終わったのですが,,,
ちょうど秋の連休,ヨメがぜひ行ってみたい!ということで前から予約していた宿がありまして.
ちょうど肌寒くなってきたし温泉も良いよねー♪ってことで,またまた湯河原方面へ向かいます.
以前,同じく湯河原の”石葉”に行った時は新宿からロマンスカーで小田原経由で行ったのですが,今回はJR踊り子号で一気に西へ.
もちろん車内でのお約束・崎陽軒のシウマイは欠かせません(笑
シウマイと弁当
今回は季節限定・きのこシウマイと鯛飯,ヨメは赤飯弁当にしました.
きのこシウマイ 鯛飯 赤飯
ま,約1時間の列車旅なので,食べ終わったらもう電車は真鶴辺りの海沿いを走ってましたが(笑
そして今回は寄り道せず,湯河原駅からタクシーに乗ること約10分ほど.
着いた宿はこちらです.

結唯

奥湯河原 結唯 -YUI-”ですー.

こちら,いわゆるロビーはありません.
予約名を告げると,すぐにお部屋に案内してもらうことになります.
ちなみに部屋数は5室のみ.
なので15時ころはお部屋でのチェックインで若干混み合うみたい.

ちなみにこちらの宿は全面禁煙です.
喫煙所 エステ入り口
なので喫煙は廊下の途中にある,この喫煙所を利用することになります.
この喫煙所の奥にはエステサロンがありますが,こちらはもともと茶室だったそうです.

ひとまず喫煙所を横目に,こちらの廊下を通って,,,
廊下
今回宿泊するお部屋は””というお部屋.
来
15畳+6畳の和室が基本プランですが,1室のみ専用庭園付きの広い””というお部屋もあります.
このお部屋は8名まで宿泊可能だそうなので,ご家族での利用の方も多いみたい.
さっそくお部屋に入ってみましょう.
まず通されたのはメインの15畳の和室.
和室 床の間
畳に床の間,座卓ってのも久しぶり.
こちらでのチェックインなので,さっそくお茶とお茶菓子をいただきまーす.
和菓子 和菓子2
って,ヨメが喜んでいただきましたが(笑

外には↓のような景色が拡がります.
滝
滝を眺める窓は開放的で良いのですが,はめ殺しになってるので開けることはできません.
ホントならちょっとでも開けられると気持ち良いんですけどね.

そして隣にはもう1つの6畳の和室が.
和室2
この”来”のお部屋にはベッドが設けられてますが,実際に寝っ転がってみると天井が近くて落ち着かない.
でもメインの和室にお布団を敷いてもらうことも可能なので,今回はお布団で寝ることに.

ちなみに和室の備品もシンプル.
ポットなど 空気清浄機
ポットとお茶セット,お部屋の隅には空気清浄機が.
ホントならココで冷蔵庫チェックといきたいところですが,,,
何しろ入っているのがお水,お茶,サイダーのみ.
基本的にドリンクは別注文のようです.

でもテレビはちゃんと完備.
テレビ
しかも今どきUSENが完備.
宿の方にもBGMにどうぞー!って勧められたぞw

さらにお部屋にも滝を眺めるお風呂があります.
部屋風呂
でも,残念ながら河口湖の”湖山亭うぶや”同様に部屋風呂は温泉じゃないそう.
洗面台も1ボウルのちょっと古めのタイプです.
洗面台
写真はありませんが,付属のアメニティはMIKIMOTOのモノでした.
今どきの日本の高級旅館ですから,トイレもウォシュレット付きなのは言うまでもありません.
でも,お部屋は全体的に古さを感じますね.
もともとあったお宿をリノベーションして,現在のスタイルにしたのかな?



さて,そうなると気になるのは温泉.
温泉は宿の4階にあります.
エレベーターを降りると目の前にはドリンクコーナーが.
温泉のドリンク ドリンク
ドリンクは2種類,びわ茶とビワミンという枇杷尽くし.
でも朝お風呂に行くとお水になってます.
ちなみにビワミン,酸っぱ目のモノを期待してたけど,,,こりゃけっこう甘いですぜ.

↓はお風呂の効能書き.
効能
湯冷めしにくいってのはホントだったかも.

こちらは男性用の浴室になります.
まずは大浴場.
大浴場
何しろ5室しかない宿ですから,この広さでも充分.
実際にお風呂に行った時,他の宿泊客には会いませんでした.
大浴場2
そしてテラスには露天風呂が.
露天風呂
眺めはお部屋と同じ方向ですが,階が上になるのでちょっと雰囲気が変わります.
露天の眺め
でも滝の音の中で入る露天風呂ってのも心洗われる感じで良いですなぁ♪
このお風呂は滞在中はどの時間でも入湯可能ですが,翌日は10時までとなります.

さて,お楽しみの夕食は18時からスタート.
ひとまずお風呂に浸かって一段落してマッタリしてましょうか☆

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/10/26 16:53】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/611-c08f491d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫