Steak Dining vitis (ヴィティス)

 2015-01-19
プロ・ビーラーです.

仕事終わりの平日の夜.
この日は”炭焼喰人”の店主・大祐さんからお誘いがあり,新年会も兼ねてちょいと中目黒でメシを!ということになっておりまして.
やはり大祐さん,何が喰いたいってニクが喰いてぇ!とのこと.
ちょうど中目黒に気になっていたお店があったので,そちらを予約しておきました.

vitis

山手通りから1本路地裏,地下のステーキ店,”Steak Dining vitis(ヴィティス)”ですー.

こちらは2014年8月下旬にオープン.
なかなか高級感漂う店構えなので,気楽に行く雰囲気じゃなかったんですよねぇ.
しかも今回はオッサン(失礼)2人,しかも共にダウンジャケット着用というオレ様フォーマルっぷりw
あ,残念ながらヨメは今回私用につき欠席です.
ひとまず予約の時間なのでさっそく行ってみましょう.
店内はテーブル席が4席と奥に1部屋個室もあるみたい.
入り口左手にはお店のロゴと小窓からはお店自慢の炉窯が見えます.
炉窯
あ,こちらのお店,炉窯で焼かれるステーキがウリってことなのです.

テーブルセットはなかなかスタイリッシュ.
テーブルセット
でもBGMがなぜかゆずのオルゴール曲.
ちょっとミスマッチですな.

メニューは15000円のコースのみ.
麦酒でノドを潤しつつ,さっそくコースのスタートです.

まず提供される1皿はお店のスペシャリテでもある”幻のスモークサーモン”.
スモークサーモン
コレがいきなり素晴らしい!
しっとりとした仕上がりのサーモン,香りがスゴい!
イクラも華を添える感じで良いですね−.

スモークサーモンをいただいたところでパンとバターが出てきました.
パン バター
パンは普通のバケット,バターはハート型になってます.
,,,オッサン2人ですがw

お次は海鮮,”海の食物連鎖~ウニ・アワビ”です.
ウニ・アワビ
コレも凝った一皿.
ちょっと見難いけど柔らかいアワビとウニ,さらに肝などを使ったソースに岩海苔の香りをプラス.
一気に鼻腔を磯の香りが通り抜けます.

さらに一口サイズの”コンソメスープ”も.
スープ
コレも雑味少なく旨味の詰まったキレイな味のスープです.

そしてやはり盛り付けも美しい,”北寄貝とバイ貝,17種類のお野菜とのサラダ仕立て”.
サラダ
17種類の野菜が入っているそうですが,貝の食感も楽しい一皿.
しかもメインのステーキに向けて舌をリセットする効果もありますな.
うん,なかなか考えられた素晴らしいコースです!

そして魅惑的なプレートが運ばれて来ました♪
”シェフ厳選 本日の特選サーロインステーキ”,この日は福岡産の黒毛和牛.
お肉はその時の良いモノを選ぶそうです.
ステーキ
ステーキは炉窯の炭火で約800〜900℃で,焼き時間は約10分ほどで焼き上げられるそう.
2人分で400gなので食べ応えもありそうですね.
ステーキ2
盛り付けられるとむむっ!と唸る美しさ.
火入れはもちろん,付け合わせの野菜も彩りを添えてます.
ステーキ3
しかもこの焼き加減が素晴らしい!
表面はお肉自体の脂でカリッと焼かれてますが,中はしっとりとした絶妙な火の通り具合.
塩加減もちょうど良いし,サーロインの脂の重さ,くどさは一切感じません.
コレにはプロの大祐さんも絶賛!
プロ目線での解説付きってのも贅沢なハナシですが(笑

そして〆のデザートは”文旦の再構築 ココナッツジェラート添え”.
デザート
コレも文旦の皮を取ってから一度ばらし,さらに皮もソースとして利用することから再構築というメニュー名になっているんです.
普段甘いモノはいただかない私ですが,コレも絶品.
量的にもちょうど良い感じだし,文旦の酸味とココナッツの風味,さらに珈琲で完全にノックアウト.
うむ,この日のディナーはホントに大満足だぞー!!!

こちらのシェフ,以前は超有名店”あら皮”の分店でもある”哥利歐”で7年半腕を振るっていたとのこと.
なので炉窯焼きのステーキやあら皮などでも有名なスモークサーモンがスペシャリテなんですね.
この炉窯,手前ではステーキを焼き,さらに奥では燻製が出来るように設計されているそう.
なので炉窯の中などは撮影N.G.ですが,店内では小窓から焼き具合を見ることも出来ます.
シェフいわく,開店してから現時点でちょうど4ヶ月ほど.やっと窯自体の水分が抜けて焼き上がりのムラが出来にくくなってきたとのこと.
現在はサーロインがメインだそうですが,いずれは他の部位も提供したいとおっしゃっておりました.
そうなるとアラカルトで食べ比べってのも楽しそうですが.
でもこのコース,本家では言わずと知れた高額設定だと考えるとコスパも良好.
普段使いにはキツいかもしれないけど,近所にこんな素敵なステーキ屋さんが出来たのは嬉しい限り.
こんどはまたヨメと来てみよう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/633-74365071
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫