(閉店) ツマミグイ

 2015-02-20
プロ・ビーラーです.

この日は私は予定通りに,ヨメも早めに仕事が終わった平日.
ちょっと近所でヨメが買い物がしたかったとのことで,買い物終了後に話題のお店に行ってみることにしました.

ツマミグイ

山手通り沿いのお寿司ダイニング,”ツマミグイ”ですー.

こちら,言わずと知れた回転寿司チェーンの”スシロー”系列の新業態店.
カフェ風の店内でお寿司だけでなく,ワインなどのお酒に合う魚や肉料理も取り揃えてるそう.
お店に行った時はほぼ満席!
やはり話題になっているだけありますな.

2015年10月ころ閉店したみたい.
ってか,1年持たなかったのね.

店内は確かに明るいカフェ風.
やはり年齢層は比較的若めの女性客が多いようです.
席に着くと最初にこのタブレットの説明があります.
タブレット
オーダーは基本的にこのタブレットで行うとのこと.
この辺りからすでに若い人をターゲットにしているお店ってのが伝わります.

ひとまず麦酒をさっそくいただいてみましょう.
麦酒
オーダーすること数分で麦酒の提供.
それほど待たされることはありません.

こちらの特徴的なメニューとして”前菜ツマミグイ”と称されたおつまみがお店奥のツマミグイカウンターで選べるモノがあります.
でも,,,行ってみると全部のメニューが並ぶ訳でなく,数種類くらいしか置いてない.
店員さんいわく,”オーダーしたらお持ちします”とのことですが,buffetスタイルとしてはすぐに補充してないってのはいかがなもんかと.
一番人気は”北海道産生うにと生湯葉”とのことだったのですが,うにの色的にあまり惹かれなかったので,”北海道産いくらと大根おろし”をチョイスしてみましょうか.
いくら
うん,正直食感もイマイチだし,味の薄いイクラだなぁ.

そしてタブレットでオーダーした”スモークサーモンと淡路玉ねぎのカルパッチョ”が来ました.
サーモン
コレはいたって普通.

そして”細かいパン粉で揚げた海鮮”.
揚げモノ
コレは比較的つまみとしてはいけてる一皿.
ただかかってるソースが少ないので,結局醤油をかけていただくことに.

さらにヨメがツマミグイカウンターへ.
そこでは”クリームチーズと酒盗”をチョイス.
酒盗
このクリームチーズ,1cm弱のモノが3コにアボカド,酒盗がかかってるという一皿ですが,正直クリームチーズの量も少ない.
うーん,,,ココまではちょっと,,,
さらにアラカルトではローストビーフなどもあるみたいですが,正直期待出来ないのでオーダーせず.

ま,気を取り直してお寿司もいただいてみましょうか?
この日の割引品ということで,”国産生本まぐろ3種”をチョイスしましょう.
マグロ3種
しかし,,,コレもいかにも機械で作ったシャリにネタを切ってのせただけのモノ.
シャリも固く酢飯の風味もよろしくないし,ネタは切り方がバラバラ.
しかも筋張ってるうえに大トロなんざ固まりの筋まで出てくるというね.

こーなったらロール系もあまり期待はできないけど,”ツナスパイシーロール”もオーダーしちゃったのでいただきましょう.
ツナロール
うん,どこがスパイシーかいまいち分からず.
マヨネーズの味しかしませんでしたー.

このお店,回転寿司のスシローの新業態ということで注目されてるみたいですね.
でも行く前に見ていたこちらのレポと比べると,さすがにこのレポは記者発表のためのレセプション.我々がいただいたマグロとは見た目から違うし,どれも特徴は取り立ててなし.
何しろウリなはずのツマミグイカウンターの寂しさを見たら”こりゃないでしょ?!”と思わずつぶやいちゃうほど.

さらにタブレットを駆使してのオーダーや会計でありながら,ツマミグイカウンターのモノは別会計.
結局タブレットの分と合計したレシートを持って会計カウンターでお会計するという手間.
なんでそんな面倒なことにするんでしょ???
しかもコレに麦酒2杯付けてお値段は5000円越え!
それなら他でももっと安く満足できる回転寿司はあるし,あと1000円追加すれば近場(ヒント:同じビルの2階)の真っ当なお寿司屋さんにも行けますな.
ただオシャレ風に作った店内でお寿司みたいなつまみをいただくだけなら,こちらの利用価値は見出せません.
ご参考になるかは別として今回は相当辛口なレビューですが,,,コレが私の正直なインプレッション.
ま,まず再訪はないな,と.

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/640-e9f5e3c0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫