四季Yuzawa QUATTRO(クワトロ) 〜お部屋編〜

 2015-03-05
プロ・ビーラーです.

今回はまたまた旅行記.
2月のお休みを使って温泉でも行きたいよねー!とヨメと言ってたんですが,調べると普段はあまり馴染みのない上越方面になかなか面白そうな宿を見つけまして.
もちろん雪が心配だったのでクルマではなく,東京駅から新幹線で向かいます.
新幹線
考えてみたら新幹線に乗るのも久しぶりですが,上越新幹線の”Maxとき”はお初の乗車.
チェックインは14時なので,まずは東京駅で駅弁を仕入れて麦酒片手に乗り込みましょうか!

ちょうど駅構内の”ecute”のお弁当・お総菜売り場では”東京駅100周年特製駅弁”というのが各店舗で売られていたので,私は”つばめグリルDELI”の洋食系のお弁当にしてみました.
駅弁1 駅弁1詳細
こちらはハンバーグ,海老フライ,ソーセージなど麦酒に合いそうなおかずが多かったということでのチョイスです(笑
そしてヨメは”串くら京都・御池”のお弁当を.
駅弁2 駅弁2詳細
こちらも野菜の炊き合わせやねぎま,そぼろ御飯など入った豪華版です.
のんびりいただきながら新幹線に揺られること1時間強.
好天の越後湯沢駅に到着しました.

そして駅から宿の送迎のクルマで約5分ほど,今宵のお宿はこちらです.

クアトロ

四季Yuzawa QUATTRO(クワトロ)”ですー.

こちら,写真奥に見える”さくら亭”の別邸として13年5月にオープンしたお宿.
そのさくら亭はスキー客御用達のお宿のようですが,こちらは4部屋のみの設定.
なので”QUATTRO”という名前なんですかね?
さて,さっそく左手の通路からお部屋に行ってみましょう!
先ほどの通路を進むと,↓このような分かれ道が.
奥に進むと”さくら亭”,右の道は”QUATTRO”のお部屋に通じます.
分かれ道
↓の廊下を通って案内され,,,
廊下
辿り着いた今回のお部屋は”蓮”.
ルームナンバー
どうやらお部屋は四季折々の花をモチーフになっているようです.

こちらのお宿に宿泊する場合はチェックインはお部屋で行われます.
ちなみにさくら亭に宿泊する場合は↓のロビーでのチェックインになるみたい.
さくら亭
何やら古くささを感じる(失礼)ロビーですが,QUATTROに宿泊するお客さんはこちらの大浴場などの施設も利用出来ます.
クアトロ外観
↑はさくら亭から眺めたQUATTROの外観.
さくら亭とは違いモダンな雰囲気です.

さて,さっそくお部屋に入ってみましょう!
お部屋に入ると土間のような玄関スペース,そして右手にはダイニングがありました.
ダイニング 天井
QUATTROのお部屋はすべてメゾネットタイプなので,天井も高い!
念のため↓にお部屋の間取り図と施設の案内図も置いておきましょう.
お部屋見取り図 施設見取り図
そしてこちらで↓お茶菓子をいただきつつ,チェックインの手続きを.
お茶菓子
夕食,朝食の時間などもこの時に決めますが,スキーをやる訳でなく温泉でマッタリが基本なので共に早い時間をチョイスしました.

さらにこのダイニングの奥にはベッドルームが見えます.
ベッドルームの眺め
入ると左手にはセキュリティボックスも備えるクローゼットが,右手には2階に続く階段があります.
クローゼット 階段
ん?もうヨメは2階に上ってるみたい(笑

ベッドルームはツインタイプ.
ベッドルーム
お部屋の壁際にはテレビも設置されてます.
ベッドルームのテレビ
そしてガラス張りの壁の向こうにはいきなりトイレも備えられたドレスルームが.
洗面台
ただし,こちらのパウダールームはガラス張りですがカーテンなど仕切るモノがない.
カーテンレールは付いているんですがねぇ.
やはりトイレを使う時を考えるとせめて目隠し用のカーテンくらいは欲しいところ.

ま,気を取り直してドレスルームのご紹介を続けましょう.
アメニティはQUATTRO専用で準備されてます.
アメニティ1 アメニティ2
アメニティはMIKIMOTOのモノです.
さらに奥の窓際には内湯が完備.
内湯
まだお湯は張ってないですが,こちらの内湯もしっかり温泉ってのが嬉しいですね.
もちろんこちらはお部屋付きの露天風呂もありますよー!
ま,コレが目当ての宿泊ってこともありますが(笑
露天風呂
あ,目の前には滝もありますが,このの池はもちろん温泉ではないですよw
温泉はけっこう熱めなので,入る前の温度調節が必要なので注意しましょう.

さて,お次は2階に上ってみましょう.
まず目に入るのは琉球畳敷きのリヴィング.
リヴィング
この畳,しっかり床暖房が入ってます.

そしてこんなチェアとソファが鎮座しております.
チェア ソファ
チェアはリクライニングではないですが,オットマンに足を伸ばしてマッタリできます.

そしてこちらにもテレビ完備です.
テレビ
テレビボードにはグラスなどが,さらにオーディオやDVDプレーヤーもあります.
グラスなど オーディオ
iPodは繋げられないタイプでしたが,引き出しに数枚のCDが入ってました.
ま,ありがちなヒーリング系の音楽でしたが.

そして外には池を見渡すテラスが拡がります.
テラス
今回は寒いのでほとんど出なかったですが.
余談ですが愛煙家の方は喫煙事情が気になると思いますが,こちらはお部屋,テラスとも禁煙です.
喫煙の際は廊下外の喫煙スペースかさくら亭の喫煙所を利用することになります.

さてもう一度リヴィングの外に出てみましょう.
ちょうど階段を上りきった正面には冷蔵庫スペースが,そしてその上にはコーヒーメーカーが準備.
コーヒーメーカー
エスプレッソメーカー完備は最近のスタイリッシュな宿では定番になってますよね.
もちろん恒例の冷蔵庫チェックも(笑
冷蔵庫
冷蔵庫には麦酒,ジュースの他に日本酒も入ってます.
ちなみにこの冷蔵庫のドリンクが飲み放題というプランもあるみたい.
さらに引き出しにはミニバーも.
ミニバー
飲み放題プランではこちらは除外されるようです.

そして2階にも個室のトイレがあります.
トイレ
ただしベッドルーム併設のトイレはガラス張りなので,夜トイレに行く時は必然的にこちらに行くことになるのはちょっと面倒ですね.

ざっとお部屋をご紹介いたしましたが,室内は広いしメゾネットなので天井高が高く開放的.
ただ照明などの調度品はごくごく普通のモノばかり.
もう少しこだわりが感じられるモノがあるとよりスタイリッシュに見えるんだけどなー.
なんて思ったけど,その後はさっそくさくら亭の大浴場に行ってマッタリ.
さらに琉球畳でゴロゴロしてみたり.
お待ちかねの夕食は18時からなので,それまではのんびりしちゃいましょう!
ということで,次回は夕食・朝食編になりますのでお楽しみにー☆
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/641-025d4685
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫