四季Yuzawa QUATTRO(クワトロ) 〜お食事編〜

 2015-03-07
プロ・ビーラーです.

前回はお部屋編をお届けした今回の越後湯沢・QUATTROの旅.
温泉でマッタリしたあとは,,,もちろんお楽しみのお食事です♪
こちらの宿ではお部屋食となり,時間も決められた時間が指定できます.
今回は一番早い18時でお願いしました.
さて,さっそく準備が始まりましたよ!

クアトロの食事

お食事はお部屋1階のダイニングスペースでいただきまーす.
ちなみに今回はベーシックな”越後の≪特撰≫選べるディナー”プランでの予約ですが,他にもドンペリ,モエなどのシャンパン付きプランなどもあります.
ま,我々はワイン飲まないのでベーシックにしたんですけどね(笑
ひとまず風呂上がりの1杯ということで麦酒をいただきましょうか.
麦酒
ドリンクメニューも↓に載せておきましょう.
ドリンクメニュー1 ドリンクメニュー2 ドリンクメニュー3
やはり土地柄なのか日本酒の取り揃えが豊富ですね.

そして本日のメニューは↓こちら!
メニュー
この中の”鍋盛”と”焼鉢”は事前にメニューを選ぶシステムです.

準備も整ったようなので,まず前菜と食前酒をいただきましょう.
前菜
食前酒の写真はありませんが,やはり魚沼産の”上善水如 白こうじ”.
甘口かつサッパリとした口当たりで飲みやすいですな.

そして前菜は左から順番に,,,
”村上牛麹漬け”,”スモークサーモン絹田巻き”,”銀杏からすみ和え”,”青味大根昆布茶〆”,さらに奥には”蒸しアワビ生海胆(ウニ)焼き”が隠れてました.
味噌漬け 鮭 銀杏 アワビ,雲丹
いきなり前菜からヒット連発!
村上牛も麹漬けで風味が増してるし,アワビと雲丹のコラボってのも贅沢なハナシ.
しかも銀杏とからすみなんていきなり日本酒が欲しくなっちゃうじゃないですか(笑

そして御凌ぎはこんな器で登場です.
前菜2
手前のお皿は”焼河豚菊花酢浸し”,”あん肝くわ焼き”,添え汁としてふぐ皮,芽ネギ入りのお椀が添えられてます.
前菜2-1 前菜2-2 前菜2-3
コレもなかなかのクオリティ.
あん肝もフォアグラ風の調理ですが,トロッとした食感と濃厚な味わいが嬉しい一皿です.
しかも酢の物で口もサッパリしてくれるという料理の組み立ても良いですね.
さらに笹の葉に包まれた”美雪鱒の昆布〆粽寿司”が.
ちまき
見た目にも鮮やかな色ですが,もちろん臭みは全くなし.

お次はお造り,本鮪大とろ,寒鰤,牡丹海老,平目です.
お造り
やはり土地のモノでもあり,季節モノでもある寒鰤の脂の甘みがマグロよりも上回りますな−.

そして温物は”鰻蒲焼,伏見豆腐”です.
うなぎ
ご飯でなく伏見豆腐で合わせてるのも悪くない.

そして選べる鍋盛,今回我々が選んだのは旬のこちらー!
鰤しゃぶ
はい,”寒鰤しゃぶしゃぶ”です♪
しかも鰤の切り方の豪快なこと!
鰤
コレを各自でしゃぶしゃぶしちゃうわけですが,,,
しゃぶしゃぶ中2 しゃぶしゃぶ中1
切り身が厚いので少し泳がせた方が良かったってのは贅沢なハナシです(笑
しゃぶしゃぶ完成
適度に脂も落ちますが,食感,旨味は言うまでもナシ!
コレは断然正解なチョイスだと自画自賛.
秋〜冬にかけては”のどぐろのしゃぶしゃぶ”ってのもあるそうですが,そちらも気になるぞっと(笑
ただし,こちらの鍋は固形燃料での提供なので,火力が弱くなるのが早いがちょっと残念なのと,せっかく良い出汁が出てるので何かしらの〆技があると嬉しいのですが.

とは言え,こうなるとお酒が欲しくなるのは必至ですね.
お酒
ってことで選んだのは”純米鶴齢山田錦65%”.
なかなか力強い風味と飲み口のお酒,寒鰤の味にも負けませんな.

そしてお口直しのシャーベットをいただいた後は,,,
口直し
もう1つの選べるメニュー,焼鉢は”村上牛のロースト”にしました.
村上牛
村上牛は自宅でも時々取り寄せしている逸品.
旨味はわかってるつもりですが,こちらもやはり安定した美味さ.
むしろソース直がけでなく塩・胡椒くらいのシンプルな味付けでもいただきたかったというのは贅沢なハナシかな?(笑

さすがにココまで来るとお腹もきつくなってきます.
でも次に出てきたのは↓こちらのお釜.
お釜
やはり魚沼と言えばコシヒカリ.
もちろん地物のコシヒカリを炊いてくれちゃうわけでして.

その前に留肴,”鴨酢炊き”でサッパリしつつ,,,
鴨
ご飯セットが出てきました−.
ご飯セット
ご飯セットはシンプルに味噌汁,お新香と共に.
1人前は約1合ですが,さすがにおかわりは厳しかったぞっと.

さらにデザート,珈琲で〆.
デザート デザート詳細
その後はお部屋のお風呂にのんびり浸かり,,,
さらに日本酒などをいただきつつ,この日は夢の中へzzz



そして翌朝.
ちょっと早めの起床でしたが,やはりお楽しみは朝風呂ですからねー♪
その前に朝食をいただいちゃいましょう.
ちなみに今回のプランは朝食もお部屋食ですが,ちょっとお安めのプランだと朝食は”さくら亭”のBuffetというプランもあるみたい.
朝食
↑さすがに並んでいるのはご飯が進みそうなおかずばかりですな(笑

朝食の時もしっかりとご飯はお釜での提供です.
ご飯
そして焼き魚,銀だら西京漬けと玉子焼きも.
焼き魚
椀物はやはり郷土料理,”のっぺ汁”が出てくるのも嬉しいですねー♪
のっぺ汁
あ,どうでもいい情報かもしれませんが,のっぺ汁は”のっぺい汁”とも言われますが,ウチではもっぱら”のっぺ”と言ってます.

気を取り直して(?)他のお料理もご紹介−.
茶碗蒸し サラダ
茶碗蒸しにサラダは割とどこでも出てくる一皿.
ま,コレはそれほど特徴はないかな?
とは言えやはりご飯が進むおかずも多いので,朝からしっかりといただきつつ,,,
デザート
デザート,珈琲をいただいた後はまたのんびりと朝風呂三昧.
チェックアウトの11時までのんびりしちゃいました.

こちらのお食事,メイン料理が選べるというのも嬉しいけど,内容も期待以上!
量的にも多すぎず,質もなかなか.
やはり季節に応じてのメニューが選べるし,地物のアピールの仕方も良かったですね.
うん,なかなか満足な滞在でした.

その後は越後湯沢駅の”CoCoLo”でお土産を買い込んで,早めの新幹線で帰京しました.
今年は今後も比較的長めな連休もあるようですが,ちょっとしたお休みを利用しての温泉宿巡りもやはり楽しいですね.
他にも狙ってる宿はあるので,またその辺のレポが出来るように頑張ろうっと☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/642-c199468b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫