(閉店) うさぎ食堂

 2015-03-25
プロ・ビーラーです.

天気のはっきりしない休日.
ちょうどお昼になりお腹も空いたということで中目黒・山手通り方面をフラフラ.
ホントは狙いを定めていたお店もあったのですが,,,
開店時間をとっくに過ぎても準備中,しかも開店までまだ30分かかるとのこと.
どんだけ殿様商売なんじゃろ?と思いつつ,もう1軒狙っていたお店に行ってみることにしました.

うさぎ食堂

山手通り沿いの白塗りのお店,”うさぎ食堂”ですー.

店頭には↓こんな看板が.
看板1 看板2
”TRY(東京ラーメンオブザイヤー)2014-15の鶏白湯部門新人賞”ですかー.
他にも”Hanako”の紹介記事も紹介されていたりして.
ラーメン好きだけでなく,女性にもアピールしているのがアリアリですね(笑

2015年10月ころ閉店したみたい.
店内は比較的明るめのテーブル席のみ.
壁のいろんな所にうさぎの絵やらオブジェが飾られてます.
我々は一番奥のテーブルに通されました.
店内
ちょうどお昼時ですがこの日は先客2名,お一人様の女性もおりました.

テーブルに置いてあるメニューは↓こんな感じ−.
メニュー1 メニュー2
ラーメンは2種類,鶏しろとベジタンメン,あとはトッピング,ドリンクですかー.
どうやら開店当初のメニューとは変わって,話題になっていた拌麺や油そばはなくなったようで.
ひとまず私は鶏しろラーメン,ヨメはベジタンメンをオーダーしましょう..
ちなみに提供はベジタンメンの方が時間がかかるようなので,同じタイミングで提供していただくことに.

↓卓上にはラー油,胡椒が完備.
調味料
メニューに書いてありますが紙エプロンがいただけるのは女性にはありがたいかな.

ラーメンの提供前にまずガーリックトースト,玉ねぎの酢漬けが出てきました.
バケットなど
コレだけ見るとラーメンを待っているという気がしませんw

そして待つこと約10分ほどでまず鶏しろラーメンの登場です.
鶏しろ
うん,ホントに白いですね(笑
具材はメニュー表記の鶏チャーシュー,おかひじきと白髪ネギ,ごぼうの素揚げです.

ひとまずスープをいただいてみましょうか.
鶏しろスープ
スープは鶏白湯というよりもポタージュのよう.風味も完全に洋風です.

麺はストレートな細麺.
鶏しろ麺
硬さ指定はありませんが,ちょうど良い茹で加減.
このドロッとしたスープとの絡みはなかなかです.

鶏チャーシューは最近流行の赤みの残る低温調理でしょうか,ジューシーというよりもしっとりとした食感ですね.
鶏しろ具
ごぼうの素揚げは食感の変化を狙ってるかもしれませんが,スープがけっこう濃厚なので途中で飽き気味になりますからねぇ.
でも,最初に提供される玉ねぎの酢漬けを入れると食感も増えるし,味に少し締まりが出て良いかも.

そしてヨメのベジタンメンもほぼ同時に到着です.
ベジタンメン
こりゃ見た目が一気ににぎやかになってますね(笑

↓スープのベースは同じでしょうが,こちらの方がちょっと野菜などの濁りが感じられます.
ベジスープ
↓麺もこちらは手打ちの縮れ麺.ちょっと太めになるんですね.
ベジ麺
この麺も茹で加減はバッチリ.
スープをグイグイ絡めて持ってきます.

↓具はアスパラ,ズッキーニ,揚げたブロッコリー,さらに鴨チャーシューもプラス.
ベジ具
野菜が加わることで見た目もですが,個人的には食感のバランスも良くなるかな?と.
飽きの来にくい印象.
バケット
もちろんバケットもスープに浸し,麺を載せ完食となりました.

こちら,もともとはもつ鍋の有名店,”蟻月”系列の”シャモロック”というお店から”肉や蟻月”を経てこのお店になったようで.
シャモロック時代はテーブルに焼き台を設置しての網焼きだったのですが,思いっきり雰囲気がカフェ風に変わってました.
その辺は女性客も狙ってるんでしょうか.
とは言え,ちょっと値段がな−,,,
ベジタンメンなどは正直高く感じちゃいますね.
さすがにこの2本立て,しかもドリンクやトッピングをおごるとなると,下手すりゃ2000円越えのランチになるというね.
せめてランチメニューなりサーヴィスメニューなりが欲しいかな?
ラーメン自体は悪くないのでその辺はもったいない気がします.
以前の業態もそれほど長くは続かなかったけど,今回も気になるところです☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/644-b0e12035
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫