チャイニーズレストラン わさ

 2015-06-21
プロ・ビーラーです.

今回はまたまた埋もれていたG.W.のネタを.
ちょうど同時期にはまたあのフェスが開催されておりましたが,今回は脇目も振らずにその会場近くにお邪魔することに.
だって超絶予約の取りにくいという噂の中華を,ヨメがこの連休中に取ってくれちゃった訳でして♪
完全休日モード,超絶二日酔いのカラダにムチ打って駒沢方面まで来ちゃいました.

わさ

チャイニーズレストラン わさ”ですー.

こちらは私はもちろん未訪の岐阜の有名店・開花亭出身のご主人がやっているお店というのは有名なハナシ.
今回はちょいと早めの時間の予約です.
と言うのも5月から店主お1人でやってるようで,お客さんもさらに限定して営業しているとのこと.
さて,予約の時間になったのでさっそく行ってみましょう!
店内はL字のカウンターと奥にテーブル席が1つ.
でも今はカウンターのみの営業のようで,奥の電気すら付けずにカウンターのダウンライトのみ.
なので写真はちょっと暗めです.
ま,カウンターは店主氏の料理を作るのがちゃんと見られるので嬉しいですが.

ひとまず麦酒で迎え酒,そして一皿めはいきなりの名物メニューの登場です.
雲丹バター
こちら,いろいろな日記などでも見かけていた”雲丹バター餃子”.
見ての通りの揚げ餃子ですが,1口囓ると熱々の雲丹バターがじゅわり.
知ってたメニューなので不意打ちとはいきませんが,コレはスターターとしては嬉しい1品.

そしてお次は網でホタテが炙られましたよ.
ホタテ
サッと炙ったホタテは2種類のソースで供されます.
ホタテネギソース
まずはネギソース.比較的サッパリした風味なのでホタテとの相性も良し.
ホタテXO醤
さらにXO醤のソース.
コクのある醤ですが,こちらもホタテの風味を殺さず,むしろ旨味は相乗効果で襲ってきます.

さらに炙られているのは金目鯛.
金目鯛炙り
こちらはわさび,ゴマをあしらって小丼としてのご提供です.
コレ,皮目の香ばしさも引き立って箸が止まりません.
むしろ丼大盛りでいただきたい1品かも(笑

そしてお次は白魚が揚がりました.
白魚炒め
揚げられたモノと生の白魚をサラダ仕立てにして出てくるという変化球.
コレも食感が楽しいですな.

お次は中華の定番,蒸し鶏です.
蒸し鶏
定番とは言え蒸し具合も絶妙なので,プリッとした食感とタレの旨味が素晴らしい.

そしてレタスの炒め.
レタス炒め
けっこう苦手のパクチーが入っていたのでコメントは少なめにw

さらに牛頬肉の煮込みは小さめのサイズでのご提供.
頬肉
小さいながらもホロッと崩れるお肉,しっかり香辛料の風味が染みこんでます.

お次は春巻きが準備されたようです.
目の前で包むところから見られるのもカウンターの醍醐味ですね.
見入っているうちにこんがりと揚がりましたよ−.
春野菜の春巻き
こちらは春野菜の春巻き.
春巻き
春野菜独特の苦味も楽しい1品,添えられた蕗味噌との相性もバッチリです.

そして色目もキレイなイカと豆,そして上にあしらわれたカラスミの色目もキレイな1皿が出てきました.
イカ
モチっとした食感のイカは薄味のアンがかかってますが,カラスミの塩味が加わるとちょうど良くなる寸法ですか.
この味付けといい,食感といい,なかなか考えられてますね.

そしてお次もパクチー大盛りの魚介の蒸し物.
魚介蒸し
苦手なモノということでパクチーは告げなかったのですが,コレはパクチー風味も合っている感じです.

まだまだ料理は続きますw
お次は軽く衣を付けた牡蠣と空豆が炒められました.
カキと空豆
こちらはチリソース風のタレに絡められての提供です.
花巻
それほど辛いタレではないのですが,けっこうしっかりした味付けだったので,一緒に提供された花巻との相性も良いですねー.

そしてご主人から”餃子は何個食べますかー?”と.
どうやら指定の個数がいただけるそうですが,お腹いっぱいになってきたけど調子に乗って私もヨメも3個指定しちゃいました.
餃子
カリッと焼かれた餃子,特製のタレを付けて一気に完食!

そして担々麺で〆です.
担々麺
コレも適度な辛みでスルッといただいちゃいまして.
杏仁豆腐
デザートの杏仁豆腐を平らげたときにはすでに3時間近く経過しておりました.
うん,満腹,満足♩

こちら,全体的に味付けは薄めですが,素材の持ち味をしっかりと生かしている印象.
ゆっくりとご主人の手際を眺めながらの絶品中華,満喫させていただきました.
今は調理はお1人でやられているようなのでますます予約困難になりそうですが,ぜひまた季節を変えて再訪してみたいですね.
その時は麻婆豆腐などの定番中華もいただきたいってのは贅沢かな?(笑
なんて話をしながら自由が丘まで腹ごなしで歩いて帰ったのでした☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/671-d1c2ab37
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫