Salt 中目黒 (ソルト)

 2015-08-27
プロ・ビーラーです.

仕事終わりの平日の夜.
ちょっと時間が遅めだったので,また近場で外食ということになりまして.
となると行き慣れたお店に行っちゃいそうですが,この日はちょっと気になっていたお店に行ってみることにしました.

Salt

中目黒の商店街沿いの肉バル,”Salt 中目黒 (ソルト)”ですー.

こちら,以前は近所の野菜スイーツの有名店・ポタジエの支店の”ポタジエマルシェ”があったところ.
今年の4月に閉店後,比較的すぐにこちらの看板が付きランチもやってるのも知ってたのですが,なぜか今まで未訪でした.
今回はしっかり予約も取ったので,時間になったしさっそく行ってみましょうか.
ちなみに電話での予約の際にはコースかアラカルトにするかを聞かれますが,コースはその時点でお願いしないといけないそうで.
ま,我々2人だし,今回はもちろんアラカルトでいただいてみましょう.

ひとまず暑いので私は麦酒を.
麦酒
生麦酒はスーパードライです.

お通しはフォアグラのバケットが出てきました.
お通し
コレ,メニューにも”生フォアグラトースト780円”とあるけれど,同じモノなのかな?

そしてしばしメニューを熟考.
今回も野菜系をアテに,お店イチオシらしいお肉をいただき,余力があれば〆という寸法です.
ひとまず選んだのは”自家製パンチェッタのポテトサラダ”.
ポテトサラダ
パンチェッタの塩っ気が効いてますが,ちょっとモソっとした食感のポテサラです.

さらに”アンチョビキャベツ”を.
アンチョビキャベツ
1口いただくと,,,こりゃまた塩っぱい!!!
アンチョビの塩気に加えお塩もかなり入ってるんじゃない?
しかも若干オイリーなうえかなりニンニキー.
こりゃ後に響きそうな悪感.

なんて言っているうちにメインの”SBP(Salt Beef Plate)”の登場です.
SBP
コレは他のお客さんのテーブルでも並んでいた1皿.
ちなみにお肉は“ザブトン呼ばれる牛の肩ロースを使った当店の看板メニューのステーキ”だそうな.
さっそくいただいてみると,,,やはりお肉自体の旨味は弱いですねぇ.
火入れ自体も表面をサッと炙っただけのようで,中の方はそれほど熱の通っていないレアというよりタタキ状態.
付属で青唐辛子とホースラディッシュ,バルサミコベースのタレも付いてますが,やはり味付けは濃い目です.

ま,まだお腹も余裕があったのでメニューで気になった”カマンベールチーズの豚肉包み”もいただいちゃいましょうか.
Salt
コレは豚の薄切りでチーズとトマトを巻き焼いたモノ.
お味もそのまんまでした.

さて,そろそろ〆も考えようということで選んだのは”フォアグラパスタ 黒トリュフの香り”デス.
Salt
見た目にもオイリー.
トリュフ塩を使っているそうですが,肝心のトリュフの香りも弱いなぁ.
しかもこちらもかなりの塩加減なうえ,フォアグラもかなり塩っ気が強め.
ま,なんとか麦酒と共に完食はしましたが.

って,ココまでいただいてこのお店の店名が”Salt”ということに気づいたのでした.
まさか店名の如く塩味強めなんてことはないとは思いますが.
個人的にはこの暑い夏場にしても後々かなりノドが渇きそうなほど.
お会計自体はコレで2人で約7000円とボチボチかもしれないけど,お肉自体を楽しみたい人にはちょっと不向きかな.
むしろ大人数でコースとお酒でワイワイという使い方が似合うお店なのかもしれませんね☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/681-93743701
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫