ザ・レストラン by アマン

 2015-09-01
プロ・ビーラーです.

やっと夏休み到来!
ですが,今年の夏は遠出はせずに近場でマッタリしようかということになりまして.
でも普段行けないお店などにも行ってみたいよねー!とヨメと話していたら,ぜひ行ってみたいと思っていた新しいホテルを思い出しました.
とは言えお値段的にもいきなり宿泊というのはちょっと勇気がいるので,まずはランチで潜入してみましょう.

そのホテルとは,,,大手町エリアに昨年12月新規オープンした”Aman Tokyo (アマン東京)”ですー.
看板
こちら,先日行った”Andaz Tokyo (アンダーズ東京)”のように新しく出来た高層ビル内のホテルの例に違わず入り口がわかりにくい.
やはり1階のエントランスではその辺の苦情を言っているお客さんの姿も.
そして案の定ヨメもいきなり入る時に迷っちゃったそうです.
何とかホテルのエレベーターで33階まで上ると天井の高い広々とした空間が拡がります.
ロビー
このロビーではお琴の生演奏が.
お琴
この辺はやはり和を意識した演出なんでしょうね.
そしてこのロビーフロアの奥にレストランはありました.

ザ・レストラン by アマン

ザ・レストラン by アマン”ですー.

こちら,オープンしてから予約が取りにくいとの評判が.
ちなみに1階には”ザ・カフェ by アマン”がありますが,こちらもこの日も満席だそう!
やはり新しい施設だし人気ですな.

予約の時間はランチタイムの12時半.
さすがに窓際は満席だったようで,中央のテーブルに通されました.
眺め
窓際からはこんな新宿方面の眺望が楽しめます.

テーブルセットは比較的シンプルです.
テーブルセット
ランチメニューは6500円のランチコース,7500円のベジタリアンコースかアラカルト.
アラカルトもアジアン料理を含めなかなかのラインナップなので迷いますが,今回は夜に備え(?)アラカルトでのオーダーです.
ちなみに豊富なメニューはH.P.(PDF)に載ってますよ.

この日はクルマ移動ではないのでさっそく私は麦酒を.
麦酒
その間にメニューを熟考.
オーダーは私もヨメも前菜・メインで1種類ずつの組み合わせにすることに.

オーダー後,ひとまずパンが供されました.
パン
マッタリと麦酒とパンをいただいていると,約10分強で私の1皿目の”アマン東京オリジナルニソワーズサラダ”のお出ましです.
サラダ
こちらは”軽く火を入れた鮪と相模原井上ファーム産有精卵”のサラダだそうで.
鮪の赤に野菜の緑,そしてタマゴと彩りもキレイですね.
添えられたポテトチップが謎でしたが,カリッとした食感を加えてるのかな?

そしてヨメの1品目は”トム ヤム クン”.
言わずと知れたアジアン料理の定番です.
トム ヤム クン
メニューでは”海老とフクロ茸のスパイシースープ”の表記がありますが,なかなかコクがあって美味しい.

1品目を平らげた後はメイン.私は”国産牛バーガー”ゴーダチーズトッピングです.
バーガー
こちらは”グリルオニオン,トマト,レタス,マッシュルームラグー,国産牛の肩肉と腿肉のパティを使用しています。
ポルチーニが香るマッシュルームラグーと御一緒にお召し上がり下さい。”だそうで.
しかしなかなかの標高を誇ってますねー(笑
側面 ポテト
添えられたポテトは細めでカリッとしたモノです.
サクッと焼かれた軽めのバンズの下にはとろけたチーズを纏ったパティ,トマト,レタス,一番下にマッシュルームソースが敷かれてます.
中身
コレを1口でガブッと行くのは厳しいので,今回は解体していただいちゃいました.
パティ自体もしっかりとお肉の風味を残しているなかなかのモノ.
マッシュルームソースとの相性も言うまでもありません.
バーガーと言えば以前行った”Andaz Tokyo”内の”BeBu”でもいただきましたが,こちらの方がヴォリューム感がありますね.

そしてヨメのメインはまたまたアジアン系で”ナシゴレン”を.
ナシゴレン
コレには鳥取県産大山鶏のサテーが付いてます.
サテー
ご飯は細長いタイ米と思われるモノ.
見た目は濃そうな感じですが,パラッと仕上げられてます.
サテーのソースもしっかりピーナッツの風味が拡がり,昨年バリでいただいたモノにも劣らない1品.
なかなかのヴォリュームだったので,すっかりお腹も満足・満腹になりました.

こちら,オープンしてまだ1年満たないけどサーヴィスなどはさすがのホテルクオリティ.
料理自体のポーションが多いので年配の方はちょっと厳しいかもしれませんが,なかなか楽しめました.
ぜひ今度は宿泊でお部屋のレポもしてみたいですが,,,
一休.comでも最安値で1泊2名で約9万円!
さすがに躊躇するお値段です.
ま,このエリアはいずれ”星のや 東京”なども出来る予定なので,その辺も含めぜひ訪問してみたいですね☆


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/682-f4722aae
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫