Borgo San Jacopo Ristorante , Firenze(ボルゴ サン ヤコポ リストランテ@フィレンツェ)

 2015-11-10
プロ・ビーラーです.

この日は”ウフィツィ美術館〜フィレンツェ中央広場〜ピサ”と盛り沢山な観光でしたが,ヨメのお伝えした通りディナーもお楽しみ♩
予定の時間になったので,また参加者みんなでバスで今宵のリストランテ付近まで行ったのですが,,,
以前の日記でもお伝えしたようにフィレンツェの街中は時間制限でバスの乗り入れは禁止.
なので思いっきり遠回りすることに.
徒歩だと約10分ほどの場所ですが,約30分以上かけて到着した先はこちらでした.

Borgo San Jacopo

Borgo San Jacopo Ristorante (ボルゴ サン ヤコポ リストランテ)”ですー.

こちら,”Hotel Lungarno (ホテル ルンガルノ)”という,あのフェラガモが経営するホテルに併設されたリストランテです.
なので奥にはホテルの入り口やロビーもありますよ.
ホテル入り口 ホテル入り口2
しかもアルノ川沿いにあるので,ヴェッキオ橋もキレイに見えます.
ヴェッキオ橋
このリストランテもそうですが,周辺のお店はもともとの建物の意匠は崩さずに作られているとのこと.
いずれはココのホテルも泊まってみたいなぁ♪
ま,次はいつ来れるかわからないし,ひとまず今夜はディナーを楽しみましょう!
店内は奥に広い作りですが,この写真のさらに右手奥にもテーブル席があるんです.
店内
我々は2階の個室のようなテーブル席に通されました.

テーブルセットは↓こんな感じ−.
テーブルセット
メニューは↓のようなコースです.
メニュー
ハナシによるとメインはこちらのスペシャリテ,今回のツアーでもすでにいただいているあの食材をふんだんに使ったモノとのことで,すでにテンション上がってます(笑

ま,ひとまず麦酒でちょっとクールダウンしましょうか.
麦酒
うむ,この”Menabrea”というこの麦酒も今まで見たことなかったなぁ.
コクがあってなかなか美味しい麦酒でしたよ.

パンは数種類盛り合わせてあります.
パン
そしていよいよコースのスタート.まず前菜はポテトのムースです.
前菜
滑らかな口当たりですが,マッシュポテトとも違う食感です.
コレはもちろんパンにも合いますねー.

そして2品目はイノシシ肉の入ったラヴィオリです.
ラヴィオリ
しっかりした風味のコンソメスープに入ったラヴィオリ,コレがまたまたヒット!
イノシシというと獣臭さが気になりがちですが,臭みはなく,むしろコンソメともバッチリ合ってます.
ラヴィオリの固さも絶妙です.

さらにメインはポルチーニとトリュフたっぷりのヒレ肉が!
メイン border=
コレは見ただけでも絶品感が漂いますねー(笑
お肉自体の火入れもバッチリ.
肉断面
肉質も悪くないし,何しろポルチーニやトリュフなどの香りもケンカせずにまとまってます.
こりゃ間違いない1皿です.

そしてヨメのお楽しみ,ドルチェはヘーゼルナッツのアイスです.
ドルチェ
そしてエスプレッソで〆,,,
エスプレッソ
私的にはコレで〆なんてことはありませんなw
グラッパ
もちろんこちらでも私はグラッパをいただいちゃうわけでして.
うん,今回も大満足なディナーでした!



ほろ酔いでお店を出るとまたバスでホテルに戻る方々もおりましたが,我々はもちろん歩いて街を散策しちゃいます.
前日までは通らなかった路地などを通るとまた新たな発見もありますしね.
もちろん夜なので閉店していたけど,フェラガモの本店なども見に行ったりしてからホテル方面へ帰還.
そしてホテルの”Irene Firenze (イレーネ・フィレンツェ)”のテラスでもう1杯いっちゃいました(笑
サヴォイのカフェ
さすがに夜はちょっと冷えますが,共和国広場のメリーゴーランドの明かりもキレイ♩
眺め
私はこちらでもグラッパをいただき,,,
グラッパ
ヨメは温かいお茶で一息.
ティーセット
そしてまた深い眠りに落ちるのでした.

この”Borgo San Jacopo”,ツアコン氏曰く最近ツアーの食事に取り入れたとのこと.
フェラガモ経営という話題性もさることながら,料理の質も間違いなし!
いずれはこちらのホテルもツアーに組み込まれるのかな?
その時はまた来てみたいですね☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/702-ea062af3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫