St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)

 2015-11-15
プロ・ビーラーです.

いよいよイタリア編も終盤になりました.
まずはヴェネチアに到着した我々ですが,スーツケースと別れてそのままランチ&観光となりまして.
一通りの観光が終わった後,いよいよ最後の宿泊先のホテルに向かいましょう.
ヴェネチアのLuxuryホテルといえば”Hotel Danieli(ダニエリ)”が有名ですが,今回はこちらではありません.
そのダニエリの前の船着き場から出た船で到着したのはこちらのホテルでした.

St. Regis Venice

St. Regis Venice San Clemente Palace ,Venizia (セントレジス・サンクレメンテパレス)”ですー.

こちら,島がまるごとホテルになっているので,移動には↓のホテルの船を利用します.
船
もちろん水上タクシーでの移動も可能ですが,ホテルの船を使えば無料ですから.

島まるごとということで,敷地はホントに広い!
↓の地図,航空写真を見ると一目瞭然ですね.



地図左側の船着き場からロビーまでの距離もけっこうありますねー.
St. Regis Venice
さて,↓の回転ドアからそのままホテルに入ってみましょう.
玄関
ロビーに入るとまず階段が.
ロビーの階段
でも我々のお部屋は1階だったので,この階段は上りませんでした.

その階段脇にはコンシェルジュデスクがありますよ.
コンシェルジュデスク
そして廊下も↓のような長さ!
廊下
こちらを通ってさっそくお部屋に行ってみましょうか.
お部屋はスタンダードなツインベッドルームです.
お部屋
ベッドとベッド周りはいたってシンプル.
ベッド ベッドサイド
ベッド前にはテレビが.
テレビ
その下にはミニバーや冷蔵庫がありました.
ミニバーなど
冷蔵庫もぎっしり入ってますね.
冷蔵庫
”Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)”のシャンパンや”Birra Venezia”の麦酒もありますな.
さらにおつまみやワインの棚は↓こんな感じ−.
おつまみ ミニバー
なかなかの充実っぷりです.

そしてお部屋を見渡してみると,隅にはデスクやライトが.
デスク ルームランプ
さらに入り口脇にはクローゼットがあります.
クローゼット 金庫
金庫はこちらもクローゼット内にありました.
余談ですがこの部屋はコネクティングルームとしても使えるようで,このクローゼットの隣りに扉があり,お隣と繋がるようです.
もちろん今回は普通のツインルームでしたが.

さてお次はバスルーム方面を偵察してみましょう.
まずドレスルーム,こちらも比較的シンプルな1ボウルタイプです.
ドレスルーム
ドレスルームに置かれたアメニティは↓の”nourish”モノ.
アメニティ2
そして奥には広めのバスルームが.
バスルーム
こちらの頭上にはシャワーがありませんねー.
トイレなど
というのも,こちらのシャワールームは独立のタイプなのです.
シャワー
シャワールームにも別なアメニティが置いてありました.
アメニティ1
この”Remède”はSt. Regisの定番アメニティのようですね.

トイレは今回の旅でおなじみのビデ独立のタイプです.
トイレ
トイレを流すスイッチがカッコイイですなw

さてお部屋のご紹介はこの辺にして,外に出てみましょう.
何しろ島全体がホテルなので,敷地の広さは言うまでもありません.
その敷地内のいろんな所に↓のような不思議なオブジェが置かれてます.
オブジェ
コレ,ヴェネチアの町中を散策している時,美術品を扱うお店でも置いてありました.
地元の有名な方の作品なのかな?

そして庭園の奥にもオブジェと共にプールも見えますね.
プール方面
さすがに9月下旬なので誰も入ってませんでしたが.
プール
さらにプールサイドには雰囲気良さ気なリストランテがあるようです.
リストランテ
残念ながら今回はこちらには行きませんでした.

ホテル棟内の中庭もキレイに整備されてます.
中庭
そして中庭の一部はテラス席になってるところも.
テラス
天気の良い日は気持ち良さそうです.

さらに海側に行ってみましょうか.
海側にもテラス席がありますが,さらに小さな船着き場もあります.
海側
そしてこちらには教会もありました.
教会
結婚式の方などはこちらから入場したりするのかな?

さて今回もこちらに2泊.
最後は思いっきりリゾート感満載なホテル,思いっきり羽を伸ばせそうですが,,,
何しろヴェネチアも見所も多いし,まだまだ歩き回ることは必至.
ま,ラスト2日間,バッチリ楽しんじゃいましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/703-a86f1bc5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫