鉄板焼 大栄フェア@ニューオータニ石心亭

 2015-11-22
プロ・ビーラーです.

とある10月の土曜日,仕事を終えて一段落付いた後に久しぶりに赤坂見附方面に向かいます.
この日はあのホテル内のレストランでなかなか魅惑的なイヴェントが期間限定で繰り広げられておりまして.
けっこうなお値段だったんですが,思い切って体験してみることにしました.
地下鉄の駅を降り地下道を歩いていると,すでにこんな広告まで掲示されてます.
案内
ということで,足早に会場になるレストランへ向かいましょうか.

石心亭

ホテルニューオータニ内の鉄板焼き屋さん,”石心亭”での”鉄板焼 大栄フェア”ですー.

今回は神戸のステーキ・鉄板焼き屋さん,”大栄”が特別メニューで出店するんです.
H.P.を見るとニューオータニ系列の鉄板焼き屋さんで時々コラボしてフェアをやっているようですね.
到着した時はちょうどディナータイムですが,日本庭園には外国人観光客などが多くいらっしゃいました.
さて,そこを通り抜けてさっそく入店しましょう.
こちらは円形の店内に24席と鉄板がセットされております.
我々も奥の鉄板前に陣取りましょう.
テーブルセット
チェーンで止めるナプキンがいかにも高級店ですね.

ひとまず麦酒でノドを潤して,と.
麦酒 梅ソーダ
ヨメは梅ソーダ(ノンアルコール)です.

鉄板に目をやるとすでにお肉がスタンバイしてますよ!
肉
どうやら常温に戻す作業が始まってるようで.

さて今宵のファーストミート,こちらは”神戸ビーフ ~炙りトロ握り~(ポン酢・塩・酢橘)”です.
握り
サッと炙られたお肉,ポン酢の風味と相まって美味し.
ちなみにこちらの大将はもともと和食出身だそうで,お寿司も握れちゃうそうです.

お次はスープ,”尾崎牛ダブルコンソメスープ”です.
コンソメ
何やら珈琲のような,ただ濃い色のスープみたいですが(笑
コレが見た目通りに濃厚な風味.
でもえぐみもなく余韻が素晴らしいですね.

そして次は見た目から変化球が投じられました.
軍艦
”牛肉と生雲丹の軍艦巻き”です.
コレは店主いわく,
肉に雲丹,あとメロンは性質上相性が良いとされているモノを組み合わせた
とのこと.
でも,
あくまでも性質上の相性なので,食べた人が好きか嫌いかは別れるでしょうねー,えへへw!
と店主自身もかなり微妙な組み合わせなことを理解してるみたい(笑
最近は肉と雲丹を合わせるお店は多いし,生ハムにメロンは良くあるけど,,,
さすがにこの組み合わせはちょっと理解に苦しむかな?(汗

ま,ココは”但馬金胡麻豆腐と十種のハーブサラダ”でちょいとお口をリセットしましょうか.
サラダ
さて,いよいよココからは”銘柄牛食べ比べ”と銘打った肉尽くしが始まります!
まずは”佐賀県産牛ローストビーフ”が切り分けられました.
ローストビーフ
こちらは見た目通りの赤身肉ですね.
旨味はスゴい!というほどではないけど,かけられたソースとはマッチしてます.

そして目の前には薄切りのリブロースが.
リブロース
それをタレに絡めてさっと炙られて,,,
焼きしゃぶ中
”尾崎牛の焼きしゃぶ淡路島産玉葱と共に”が出来上がりました.
焼きしゃぶ
こちらはさらにタマゴに絡めていただくという寸法.
焼きしゃぶ詳細
この組み合わせも最近よく見るパターンですね.
でもお肉自体の脂の甘みとタレ,黄身のコラボは相性良ろし.
玉ねぎの甘みもなかなか.
先ほどの変化球で思いっきりのけ反ったので,こちらは素直に受けとめられます(笑

そしてお次はやっと先ほど常温に戻していたサーロインが焼かれ始めました.
サーロイン焼中
こちらは店主オススメはレア.
もともと常温に戻すと言ってもこちらでは”牛の体温に戻す”ということを心がけているとのこと.
なので中にも熱が入り脂は凝固していないのでレアがオススメだそうです.

そして”神戸ビーフサーロインステーキ”の焼き上がりです.
サーロイン サーロイン詳細
付け合わせは季節の茸の包み焼き,↓炭塩や自家製ポン酢などの薬味と共にいただきましょう!
薬味
さすがに肉自体の甘みと脂の甘みが一体化してるなー.
程よい余韻もなかなか.
ま,肉自体が美味いので,塩だけでも充分ですが,自家製ポン酢も柑橘が立ちすぎずにサッパリといただけて良ろし.
うむ,コレは満足ですねー♪

メインを平らげた後は〆技.
まずヨメのお好み焼きが焼かれております.
お好み焼き中
ということで出来上がったのは”大栄特製ふわふわお好み焼き”です.
お好み焼き
こちらは山芋たっぷりで小麦粉を使わないモノなので,確かにフワッとした食感.
お味は普通かなー.

そしてもう1品の”大栄特製牛時雨煮ご飯のひつまぶし風”もいただきます.
ひつまぶし風
生姜の効いた時雨煮はそのままつまみでもいけますな.
しぐれ煮
でもご飯にスープをかけてサラサラといくのも良し.
ご飯
うむ,コレはある意味間違いない〆技でした.

そしてお次はデザート.
デザートはお隣の”招月亭”でいただきます.
招月亭
”特製デザート”には”パティスリーSATSUKI”のグランシェフ中島眞介氏特製の”スーパーモンブラン”も入ってます.
特製デザート
ま,私的にはとどめのカルヴァドスもいただいちゃうんですが(笑
カルバドス
デザートをいただいた後はちょっと庭園をお散歩してみましょう.
庭園
お庭の滝もライトアップされて良い感じ♪
腹ごなしにもなるし,こちらのホテルで食事に来た時はお散歩はオススメです.

今回のフェア,1人25000円とちょっとおののく値段だったけど,経験としては面白かったと思います.
銘柄牛食べ比べってのも定番の調理だけでなく,すき焼き風の味付けだったりローストビーフだったり,いろいろと楽しめました.
次回はぜひ神戸でも,,,と思っても,あちらでも行ってみたいお店はいろいろあるので迷うなぁ(苦笑
ま,行く機会があればリストには入れたし,さらにニューオータニの他のフェアにも期待しちゃいましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/711-f33c4a78
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫