St. Regis Venice San Clemente Palace (セントレジス・サンクレメンテパレス@ヴェネチア)でのラストディナー

 2015-11-19
プロ・ビーラーです.

長いこと続いたイタリア旅行記もいよいよ最終日(泣
最後の晩餐って訳ではないけど,この日はツアー参加のみなさんとホテルでディナーとなっておりまして.
ちょっとドレスアップ(?)してディナーの場所へ向かいました.

セントレジスラストディナー

時間になったので会場に行ってみると,すでにみなさん集まっておりました.
ツアコン氏と参加者代表の方から一言いただいた後はディナーのスタートです.
この日のメニューは↓こんな感じ−.
メニュー
イタリア語で書いてあったらどうしようか?と思ったけど,英語でもわからないモノはわかりません(笑

ひとまずパンをいただきながら,麦酒をグビリ,,,
パン
と行きたかったのですが,なぜか私のオーダーした麦酒が忘れられていたので,麦酒の写真はありません.

気を取り直して乾杯の泡の後は前菜を.
前菜
前菜は野菜のテリーヌとブッラータチーズの盛り合わせ.
ちなみにこのブッラータチーズとは,塊のモッツァレラの中にさらに生クリームを加えたモッツァレラを刻んだものが包み込んであるという手間暇かかったチーズのこと.
なのでナイフを入れるとフレッシュな中身があふれ出てくる逸品.
ま,今回はお話に華が咲いて断面は撮り忘れたんですが.
前菜詳細
でも,前菜も↑のようになかなか凝ったモノでして.
野菜の層がキレイですね.

そしてお次はパスタ,こちらはシーフードのトマトソースのパッケリです.
パスタ
パッケリはローマの”OSTERIA il localino”でもいただいたけど,こちらはタコなどのシーフードたっぷり.
このパスタ,けっこう気に入ったんで今度探してみようかな?

メインはやはりシーフード.
メイン
このメニューにある”Umbrine”というお魚,どうやらスズキの仲間らしいのですが,どうにも検索しても詳細不明(汗
やはり日本では一般的でないお魚もあるのかな?
お味はちょっと脂の乗った白身魚のローストと言った感じです.

そしてドルチェはピーチババロアと珈琲を.
ドルチェ 珈琲
結局,今回の旅行の思い出話などで盛り上がった印象が強く,お料理はボチボチだったかな?
個人的に印象に残った1品と言えばブッラータチーズ.
コレもこんど探してみようっと♪



そしてまだ飲み足りない人たちは,そのままホテルのBARへ移動しちゃいましょう.
BAR
BARはホテル1階奥,ちょうどお部屋編でご紹介した教会があるテラスの手前にありました.

実は”St. Regis”のBARも行ってみたかった所.
と言うのも↓のメニューにヒントが隠されてます.
BARメニュー
って”Bloody Mary”しか撮ってないですが,なぜならこの”Bloody Mary”もセントレジス・ニューヨークが発祥なのです!
なので各地のセントレジスでこのカクテルを独自にアレンジしたカクテルを作っているそう.

そのカクテルは↓のカウンター内で作られます.
カウンター
ちなみにこちらのBloody Maryはメニューによるとシナモン,ジンジャー,カルダモン,ホワイトペッパーの入ったモノ.
ちょっとコクもありスパイシーな感じです.
ドリンク
ま,私はいつものようにさらにグラッパ,さらにマールまでいただいて〆となりました.

その後はお部屋に戻り,残りの荷造りにとりかかります.
そして名残惜しむかのようにお部屋で麦酒をいただき就寝.
明日は朝食後,いよいよ帰国の途につきます.
イタリア旅行記最後の日記は,こちらのホテルの朝食編をお送りしましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/712-ccb63716
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫