JAL と Bangkok Airways の機内食 往路編 

 2016-01-11
明けましておめでとうございます.プロ・ビーラーです.

さて昨年の9月の連休にはイタリアへ行ったばかりですが,今回の年末年始も実は旅行計画がありまして.
いろいろと候補はあった中で,ぜひ行ってみたかった世界遺産を見に行こう!ということになりました.
そんな今回の目的地は,,,カンボジアですー♩
やはりアンコールワットはぜひこの目で見ておきたい遺産の1つ.
ちょうど日程的にピッタリのツアーがあったので,今回もこちらの旅行会社でお願いしちゃいました.

今回は羽田からの出発になります.

カンボジアへ

朝10時半に離陸予定なので,まずは軽く空港内で腹ごしらえといきましょう.
以前のバリ旅行の出発時,私は叙々苑の焼き肉弁当をいただいたのですが,どうやらお店が入れ替わったようですね.
ま,朝だし軽めにこちらで酢飯を投入することにしましょうか.
寿司
もちろん休みモードだし,機内で寝ちゃえば良いので朝からでも麦酒は欠かせません(笑
寿司詳細 寿司詳細2
さすがに朝なので私は7カンとタマゴ入りのセット,ヨメは5カンにみそ汁付きのセットです.
肝心のお寿司は,,,まぁ多くは語らないでおきましょうか.
さていよいよフライト時間なので機内へ乗り込みましょう!
今回のフライトはJAL,まず羽田からバンコクへ向かいます.
前回のイタリア旅行もそうでしたが,今回もエコノミーで約7時間の旅です.

離陸して約2時間半後,機内食の時間になりました.
機内食1
やはりエコノミーなのでプラスチック容器での提供ですが,最近はカトラリーは金属製なんですね.

今回の機内食は”飯島奈美さんプロデュース”とのこと.
ってか,飯島奈美さんって誰?←ググりました
メインは2種類,ロールキャベツか肉じゃがのチョイスになりますが,今回は私がロールキャベツ,ヨメは肉じゃがにしました.
ロールキャベツ 肉じゃが
どちらも味的には特筆するモノはなかったなぁ.
でも豆ご飯ってのは久しぶりかも.

付け合わせは2種類,ニンジンのサラダと煮物です.
付け合わせ 付け合わせ2
この煮物は優しい味付けで良かったかと.

サラダにはあとふりスパイスなるものが付属してます.
サラダ
試しにかけてみたら思いっきりふりかけの味付けになっちゃいました.

そして味噌汁は紙コップでの提供です.
味噌汁
ちょっと素っ気ないけどエコノミーだから仕方ないですねぇ(苦笑

そしてフルーツとアイスクリームで〆,,,
フルーツ 麦酒など
ですが,もちろん麦酒は2本目です(笑

その後は狭い機内で機内誌を見たり寝たりして.
その機内誌では↓こんな記事を発見!
なかはらの記事
英語版の記事であの”なかはら”の焼き肉が紹介されておりました.

そして現地時間16時ころ(日本時間18時),バンコク・スワンナプーム国際空港に到着しました.
バンコク空港
バンコクに到着するとすぐにトランジットの手続きに入るので,空港内のショップなどはスルー.
そしてトランジットの飛行機の搭乗を待ちましょう.



すっかり夕暮れ時になりまして.
現地時間18時,いよいよ本当の目的地であるシェムリアップへ向けてのフライトです!
シェムリアップへ
↑は機内からみた夕陽,なかなかキレイですね.

バンコク〜シェムリアップはバンコクエアウェイズで約1時間半ほどのフライトでしたが,離陸して30分後くらいにはしっかり機内食が提供されました.
機内食2
このフライトでは鶏のローストが乗った焼きそばでした.
麺
コレ,インスタント麺風ですが,味付けはなかなか.
しかも添付のエスニックなタレがなかなか良い仕事してくれてます.

この機内食をいただいた30分後にはまたシートベルト着用のサインが点灯します.
そして現地時間19時半ころにシェムリアップ国際空港に到着しました.
シェムリアップ空港
滞りなく入国手続きを済ませ,その後はバスでまずは夕食会場へ向かいます.
って,機内で直前に機内食食べたはずですが(笑

今回からしばらくは年末年始のカンボジアへの旅編が続きます.
ご存知アンコール遺跡群の写真など,盛り沢山の内容・写真になるかと思いますが,よろしくお付き合いください☆


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/727-2d6d7294
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫