Raffles Grand Hotel d'Angkor (ラッフルズ グランド ホテル ダンコール) 〜施設編〜

 2016-01-17
プロ・ビーラーです.

”ラッフルズ グランド ホテル ダンコール”にチェックイン後の前回はお部屋編をお伝えしました.
今回は恒例の(?)施設編をお送りいたしましょう.

ラッフルズ

到着時は夜だったので,↑のエントランスの写真は後日明るいうちに撮ったモノ.
入り口からすでに威風堂々としてますな.
ホテルのプレート1 ホテルのプレート2
何しろホテルエントランスに掲げられたプレートもゴールド,そしてサスガの5つ星です.
さて,さっそくホテル内に入りましょうか.
ホテルに入ると右手にロビーが.
ロビー
そして目の前にはロビー前の待合室が拡がります.
ロビーのBuffet1 ロビーのBuffet2
↑の写真,待合室なのになぜかお料理が並んでますが,今回は新年をまたいでの滞在だったので,この写真を撮ったお正月には特別にこちらでLunch Buffetが開催されていたんですよー.
我々のランチは別の予定が入っていたのでこちらではいただきませんでしたが.

そしてロビー前の階段脇に鎮座しているのはレトロなエレベーター.
エレベーター1 エレベーター2 エレベーター3
エレベーター自体がほぼシースルーだし,上に見えるワイヤーや重りなども心もとない造りに見えますが,,,
エレベーターのプレート
なんとっ!こちらのエレベーターは1929年製だそう!
それをレストアしてちゃんと使っているんですよー.
エレベーターボーイ
エレベーターに乗車する時はホテルの方に操作してもらいます.
表の鉄の扉をガシャッと開けて乗り込むこのエレベーター,実は以前テレビで紹介されているのを見たことがありまして.
もしこちらに来ることがあったらぜひ乗ってみたいと思ってたんですよねー!
うん,まず1つ願いが叶いました(笑

さらにエレベーター脇には↓のような電話も.
電話
やはりレトロな造りですがさすがにプッシュホンです.

そしてロビーには↓の”Café d'Angkor(カフェ ダンコール)”があります.
カフェ入り口 カフェの看板
カフェの入り口にはショップも併設されてますが,朝食はこちらでのBuffetになります.
その朝食編はまた後ほどお送りいたしましょう.

さらに入り口脇には↓のような靴磨きスタンドがあります.
靴磨き
さすがに今回は靴磨きをしてもらうような靴を履いていなかったのが残念.
しかも磨いてもらってる人も見なかったですね.

さらにカフェ前には↓のようなアメニティが置いてありました.
ロビー展示品
こちらのフレグランスやお塩はSPAで使うモノなのかな?

このカフェの向かいには”Elephant Bar(エレファント バー)”というBARが.
BARの入り口 BARの看板 ロビーのBuffet3
残念ながらこちらでは飲まなかったので店内の写真はありませんが,なかなかオーセンティックな雰囲気のBARです.
しかもお正月にはBAR入り口にも魅力的なお食事が並んでます.
そしてこのBARの奥にはメインダイニング,”Restaurant Le Grand(レストラン ル グラン)”があります.
このダイニングは最終日のディナーで行ったので,また後ほどご紹介いたしましょう.

さらにこのBARの入り口脇には↓のような木琴が.
装飾 演奏中
時計は止まってたけど,置かれた木琴は日中ちゃんと演奏に使われておりました.

ロビーの奥には”The Conservatory(ザ コンサバトリー)”と名付けられたアフタヌーンティーやカクテルが楽しめるお店もあります.
コンサバトリー1 コンサバトリー2
ピアノも置かれてますが,夜になると生演奏も楽しめます.
ピアニスト
しかも滞在中こちらで飲んでいる間に演奏していたピアニストと仲良くなっちゃったりして(笑

このコンサバトリーからは↓のプールがキレイに見えますよー.
プール1 プール2
↑の写真は大晦日の日中の写真です.
大晦日にはプールサイドでガラディナーが開催されるとのことで,この日はプールは14時でクローズ.
地元の子供たちも動員して準備に取りかかっておりました.
プールから本館
なのでプールサイドにはテーブルがずらり.
どんなパーティーだったかは,,,こちらも後ほどの日記でお伝えいたしましょう.

残念ながら観光の時間的な都合で今回プールには入らなかったけど,↓のような”Poolside Terrace(プールサイドテラス)”で1杯ってのも良かっただろうなー.
プールサイドテラス
さらにプールの横にはSPAもありますよ.
SPA SPAのロビー
こちらのSPA,クメール式のマッサージやホットストーンマッサージ,アロママッサージなどが受けられます.
実は我々も2日目の夕方に予約済みです♩

さて,また本館に戻り目に付いた施設もご紹介しておきましょう.
ロビーを入って左側の通路にはブティックやギフトショップが並んでます.

お店の写真はありませんが,”KHMER ATTITUDE(クメール アティテュード)”というショップにはクメールシルクの服やスカーフなどがありますが,ちょっとお値段はお高め.
でも並びにある”GALERIE CAMBODGE(ギャルリー カンボージュ)”は比較的お手軽かつ使いやすいデザインの服や小物が置いてあります.
そんな我々もシャツやスカーフ,アクセサリーなどを数点買っちゃいました.
そして↓の写真はショップの並ぶ廊下を通り抜けたところに展示してある,”ANGKOR HERITAGE(アンコール ヘリテージ)”の仏像のコレクション.
仏像コーナー
美術館のような展示ですが,ちゃんと購入出来るようです.

さて今回はこちらを拠点にしてのアンコール遺跡群の観光がメイン.
しかもお正月を挟むのでイヴェントは盛り沢山!
次回からは遺跡観光とランチで行ったお店などをご紹介していきましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/729-4f8cf968
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫