Restaurant Le Grand (レストラン ル グラン)(Raffles Grand Hotel d'Angkor のメインダイニング)

 2016-01-26
プロ・ビーラーです.

この日は朝からアンコール・ワットで初日の出を堪能.
でも前の日記でヨメが予告した通りアンコール・ワットの魅力的な風景はまだまだ続きます.
夕方からは夕日を浴びるアンコール・ワットの見学があるんですよー♩

到着したのは17時ころ、さすがに朝より人は少なくなったけど元旦ということもあり現地の方が増えてます.
駐車場から歩いていると売り子がたくさん寄って来ますが,脇目も振らずにまたまた絶景スポットの池の辺りに移動します.
そして夕日を受けたアンコール・ワットは↓こちらー!
夕日1 夕日2
朝とは違い逆光ではないので池に映る景色も素晴らしい!
さらに後ろを振り返ると↓のように沈む夕日が拝めちゃうというね♩
夕日3 夕日4
コレがまた幻想的!
元旦にアンコール・ワットでの初日の出から沈み行く夕日まで拝めるとは,,,
こりゃ新年早々良い体験でした♪



そしてまたホテルに戻り,ちょっといつもよりドレスアップした後はツアー最後のディナーに向かいます.
この日のディナー会場は”ラッフルズ グランド ホテル ダンコール”のメインダイニング.
集合時間になったので行ってみましょう!

ル グラン

Restaurant Le Grand(レストラン ル グラン)”ですー.

店内には↓のような大きなオブジェもあります.
オブジェ
この日は最終日のツアー参加者全員集まってのディナーということで,奥の個室に通されました.
↓テーブルセットはフレンチを意識させるセッティングです.
テーブルセット
ん?目の前に何やら置いてありますが,,,
お土産
このカンボジアシルクのストールと絵はがきはホテルからのプレゼント.
なかなかステキなサプライズです.

そしてメニューは↓こんな感じー.
メニュー
さすがに最終日はクメール風づくしですね(笑

ドリンクはみなさん泡やワインなどをいただくようですが,私は定番の麦酒を.
麦酒
毎度美味しかったパンも供されました.
パン
”クメール風前菜”はやはり切り干し大根風の切り方の野菜です.
前菜
お次は”クメール風かぼちゃとレモングラスのスープ”を.
スープ
やはりそれほど香草の匂いも気になるほどではなく,むしろレモングラスの風味や酸味がうまくまとまってます.

そしてメインは2種類からのチョイス.
私はまたまた”ポークのロクラック”です.
メイン1
実はこの日のランチもポークだったのでこちらをチョイスした人は少なかったけど,コレがまたまたヒット!
ロクラック
一口サイズに切られたポーク,やはりペッパーの効いたソースと相まって麦酒が進みます(笑
もちろんご飯にも合いますねー.

そしてヨメはシーフード,”ターメリックとレモン風味のイカのグリル”です.
メイン2
コレはしっかりとした食感ですが,やはりスパイスと酸味のバランスが素晴らしい.
でも,さすがにランチもしっかりいただいたのでお腹いっぱいかな?

さらにデザートと珈琲をいただいて〆.
デザート
今回も他の参加者のみなさんといろんなお話に花を咲かせ,大満足のラストディナーになりました.



食後はみなさんお疲れなのか,ほとんどの方はそのままお部屋へ.
でも我々はせっかくなのでもう1杯楽しんじゃいましょう.
ホントは”Elephant Bar(エレファント バー)”へと思ったのですが,ちょうどまたピアノの演奏も始まっていたので”The Conservatory(ザ コンサバトリー)”へ足を伸ばします.

メニューの一部は↓こんな感じですが,私のオーダーはすでに決まっておりまして.
バーメニュー
やはり”Raffles”と言えば有名なのは”シンガポール・スリング”ですよねー!
シンガポールスリング
もちろん名前の由来はシンガポールのラッフルズで生まれたことからですが,こちらにもその名物カクテルはありますよー.
見た目も鮮やかな赤いカクテル,やはり他のお客さんも高率でオーダーしている1杯です.

そしてヨメはホットチョコレートをいただくようで.
ホットチョコレート
おつまみは発祥の地・シンガポールのRafflesの”LONG BAR”とは違い殻付きのピーナッツではないようです(笑
おつまみ
コレをつまみつつピアノの生演奏を楽しんでいると,さすがに日中の疲れがどっと出て来たみたい.
明日は最後の観光,我々も1杯だけいただいてゆっくり休むとしましょうか.

さて明日はアンコール遺跡群最後の観光です.
最終日もバッチリ楽しんじゃいましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/733-8140a61a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫