とんかつ檍(あおき)のカレー屋 いっぺこっぺ

 2016-05-29
プロ・ビーラーです.

すでにG.W.終了した日曜日.
この日は先月オープンした蒲田の友人のやっている”CATFISH TOKYO”というLive Houseで気になるLiveがありまして.
蒲田はあまり足を運ばないところなのでお店も知らないのですが,その前に近所で腹ごしらえをしてから行ってみよう!ということになりました.
調べてみると,どうやらLive House近くに評判のお店があるみたい.
しかも日曜営業なので,今回はそちらに行ってみましょうか.

いっぺこっぺ

とんかつ檍(あおき)のカレー屋 いっぺこっぺ”ですー.

こちらはお隣にある”檍 (あおき)”というかなり評判のとんかつ屋さんのカレー店.
どちらも評判店なので平日の混雑時は行列が2列形成されるみたい.
ちなみにこの特徴的な名前でもある”いっぺこっぺ”とは鹿児島の方言で”たくさん”という意味だそう.
となると,カツカレーがメインだけどおのずとヴォリューミーなモノが提供される予感.
ま,お腹も空いていることだし,さっそく行ってみましょうか.
入店するとちょうどカウンターのみの店内は満席だったので,約10分ほど外で待つことに.
↓こちらはお店の外に貼り出されているメニュー.
前述ではカツカレーがメインと書きましたが,メニューはホントにカツカレーしかないみたい(笑
メニュー
カツの種類によってお値段が変わるようですね.
待ち時間の間にヨメとメニューを熟考,迷ったけど私は贅沢にも”特上ロースカツカレー”を,ヨメは”ヒレカツカレー”にすることに.

店員さんに促され入店すると目の前には豚さんの説明書きが.
豚説明
林SPFポークというこだわりの豚さんを使用しているそうです.

卓上にはソースの他にお塩,胡椒,福神漬けの入った壺が.
卓上
待つこと約10分ほど,私のオーダーした特上が出来上がりました.
特上ロースカツカレー
お昼抜きで臨んだのでハラ減りでしたが,さすがにこの大きさのカツと別盛りのカレーの登場に戦慄を覚えます.
特上ロース
カツの断面はうっすらピンク色.
やはり病原菌を保持していないというだけあり,レア気味でもダイジョブなんでしょうか.
こちらをまず塩でかじってみると,ジュワッと肉汁と脂身の甘みが口に拡がります.
カリッとした揚げ具合もなかなか.
もちろんソースでいただいてもお肉自体の旨味がしっかり伝わる印象です.
カレー
カレーは見た目には比較的オーソドックスなカレーに見えるけど,じんわりと辛い!
しかもカレー自体にもお肉がゴロゴロと入っているので,かなりのヴォリューム感ですね.

そして↓こちらはヨメのオーダーしたヒレカツカレー.
ヒレカツカレー
こちらはカツは別盛りじゃないんですね.
ヒレ
でも,こちらもうっすらとピンク色が残ってる揚げ具合.
1切れ取り替えていただいてみると,こちらは脂身が少ないのでダイレクトに肉のジュワッとした食感が伝わります.
コレもお塩でもソースでも良いし,カレーに浸していただくのもオススメかな.
しかし,,,さすがにこのヴォリューム,ホントに”いっぺこっぺ”を体現した一皿ですね!
何とか完食したけど,さすがにお腹いっぱいになりました.
満腹かつ満足でお店を出ると,やはり人気なのか店外にはまた待っている人たちが.
このお肉の旨味ならばぜひ今度はカツのみでも食べてみたいよね−!なんて話しつつ,お店を後にしました.

そしてその後はLiveへ.
余談ですが,このLive Houseも開店してまだ間もないけど,すでにガンボなどの料理も評判になっておりまして.
とは言え,この日はその後フードは何も受け付けず(汗
ま,この蒲田近辺は以前は餃子の有名店が多かったけど,最近はこのトンカツも含め評判良いお店も多いみたいなので,また今度は別なお店も偵察してみようっと☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/764-a7b14f7e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫