にくの匠 三芳 (再訪)

 2016-06-03
プロ・ビーラーです.

G.W.も終わり通常営業に戻りましたが,今年もまた定番の出張の時期になりました.
今年はしかも名店の多い京都!
仕事は木曜日からですが,ちょっと前のめりで水曜日の午後からの出発です.
新幹線
新幹線の中では品川駅で仕入れたお弁当をいただきつつ麦酒を.
お弁当1 お弁当2
今回私は”つばめグリル”のカニクリームコロッケと”てとて”のうな丼をチョイス.
ヨメは”ヴィ パレット”のお野菜満載のお弁当を.
お腹いっぱいになってからは2人して熟睡.
気付けば京都に着いておりまして.
ホテルにチェックイン後,ワクワクしながら向かったのはこちらのお店です.

三芳2016.05

祇園裏路地の肉の名店,”にくの匠 三芳”ですー.

こちら,前回訪問はすでに5年半前!
あの時はまだ生肉もいただけたんだよなー,,,なんて思ったりもしたけど,なぜか店主氏とはこんなイヴェントでお会いしていたこともあり,そこまで月日が経っていたとは思いませんでした.
今回は早めの時間の予約なので外もまだ明るいですが,さっそく行ってみましょう!
今回はカウンターでの予約だったので店主・伊藤さんの目の前.
コースは前回とは違いお決まりのモノ,そしてメインのお肉をチョイスするという寸法です.
メインのお肉は中川さん,川岸さんなどのお肉が選べましたが,この際だから(?)川岸さんのシャトーブリアンをいただくことにしちゃいました.
そのお肉は↓こちらー!
シャトーブリアン
うむ,美しい♪

ひとまずお椀で興奮をクールダウン.
お椀
そして麦酒も欠かせません(笑
麦酒
麦酒は前回同様,八海山麦酒です.

お椀をいただき麦酒をグビリといった後はタンの昆布締めが出てきました.
タンの昆布締め
風味,食感とも素晴らしいタン,塩昆布といただくとまた良ろし.

お次はラムシンが.
ラムシン
なかなか艶やかなヴィジュアルですねー.
ラムシン詳細
コレも噛みしめるとジュワッと溢れる滋味.
お塩やタレを変えても楽しめるけど,素材が良いのでどのいただき方でも美味いなー.

お次はちょっと変化球なお椀です.
賀茂茄子とテール
こちらは賀茂茄子とテールのお椀.
賀茂茄子は麺のように細切りになってます.
茄子麺
コレがまたヒット!
するりと入ってくる茄子の風味とテールの旨味が絶妙にマッチしてます.

そしてお造り風に提供されたのは白海老とサーロイン,豆ご飯のお凌ぎ.
白海老とサーロイン,豆ご飯のお凌ぎ
むっちりとした食感の白海老とサーロインの甘さが際立ちますが,その都度炊きあげた豆ご飯も美味い.

そして小芋と半干しのこのこはトリュフの香りふんだんでの登場だぁ!
こいもと半干しのこのこ(卵巣) このこ詳細
このことはナマコの卵巣のこと.
まさに珍味ですがサマートリュフの香りをまとってってのも贅沢なハナシです.

お次はミスジ,豆腐と湯葉のすりおろしと共に登場です.
ミスジ,豆腐と湯葉のすりおろし
こちらもお肉自体もさることながら,豆腐の甘みが優しいなぁ.

そしてまな板にはキレイにレッドカーペットが敷かれました!
サーロイン
こちらは私の目の前の土鍋でしゃぶしゃぶされ,アスパラと共に出てきましたよー♪
長野県産サーロインのしゃぶしゃぶ しゃぶしゃぶ
こちらのサーロインは長野県産とのことですが,旨味も強いのでアスパラの青味に負けてない.

そしていよいよメインディッシュ!シャトーブリアンが焼き上がりました.
川岸さんヒレ
見るからに美しい焼き色ですが,とにかくお肉の味が濃厚!
しかも食感は繊細なのにしっかりとしたジューシーな弾力の対比が楽しいなぁ♪

しかもお隣のオーダー方がオーダーした中川さんのサーロインもおすそ分けいただいちゃったりして.
中川さんのサーロイン
こちらもほとばしる旨味がスゴいし,脂とのバランスも素晴らしい.
こうなると次回来るときに迷っちゃいますなー(笑
なんて考えつつも一気に完食!

そして〆のご飯セットが提供されました.
ご飯セット
セットに付いている昆布巻き,コレって前回の時は前菜で提供されたんですよね.
昆布巻き
でも味付け的にご飯に合うのは間違いなし!
さらにご飯のお供として提供されたのは↓こちらー.
黄身の漬け
黄身の漬けって,こりゃ白いご飯には反則レヴェルの相性ですね(笑

そして本当の〆として抹茶シャーベットが.
しかも白州がかかっているという小技が.
抹茶シャーベット白州かけ
抹茶とモルトって相性良いんだな−.
風味は良いし甘いモノが苦手な私でもするりと完食.
うん,すっかり堪能させていただきました♪

こちら,以前おうかがいした時よりも間違いなくお値段は上がってます.
でもクオリティはとてつもなくupしているし,何しろ店主氏の技が光ってますね−.
やはり極上和牛懐石を謳うだけあるので,季節を変えての訪問も楽しそう.
あとはお財布具合との相談も必要ですが(笑

ひとまずその後はほろ酔いで祇園を散策.
〆のモルト
さらにホテルのBARで1杯いただいてから次の日からの仕事に備えるのでした☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/765-a8bf9678
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫