麺匠 たか松

 2016-06-06
プロ・ビーラーです.

2016年京都出張編のつづき.
前日はこちらでスペシャルな肉割烹で舌鼓♪
もちろん二日酔いなんてことはなく,予定通りに午前の部を終わらせました.
そしてお腹も空いたお昼休みはちょっと外でランチにすることに.
もともと気になるお店はいろいろあったんですが,なぜかラーメンな気分.
近場で何かないかな?と検索して目に付いたこちらに行ってみることにしましょうか.

たか松

烏丸の裏路地にある”麺匠 たか松”ですー.

実は私,まとめサイトや某ログの情報はあまりアテにはしないんですが,今回はたまたま検索に引っかかったこちらになりました.
見た目はサッパリとした感じが良さ気だったのですが,,,
別行動だったヨメも合流して,いざ行ってみましょう!
午後もちょいと仕事はあったのですが,すでに重要な案件は午前中に終わらせていたのでフライングのお疲れ麦酒を.
オーダー
メニューなどの写真はありませんがオーダーは券売機で.
私はラーメンな気分なうえかなりのハラ減りだったので”煮干し香るらぁ麺”と”鶏の漬け丼”を,ヨメはお店イチオシという”つけ麺”にしてみましょう.

カウンターには↓のような説明書きが.
説明
この辺からもつけ麺推しというのがわかりますな.

卓上にはあおさ海苔や胡椒,さらに黒七味というのがいかにも京都といった感じでしょうか.
卓上
そして待つこと約5分ほど,まず私の”煮干し香るらぁ麺”が提供されました.
ラーメン
ん?某サイトよりも見た目的に脂が多め.
ラーメン2
スープを1口啜ると確かに煮干しの香りもするけど,鶏の匂いの方が完全に勝ってます.

麺はちょっと細めのストレート麺.
ラーメンの麺
それほど特徴はないかなぁ.
具材もチャーシュー,タマゴが半分,ねぎ,三つ葉と比較的シンプルなモノ.
チャーシュー
このチャーシューが正直イマイチ.
ちょっと固く臭みを感じます.

さらにオーダーした”鶏の漬け丼”もいただいてみましょう.
鶏ご飯
こちらは脂身の少ないモモの漬けと昆布の佃煮,紫蘇が丼を覆ってます.
鶏
この鶏はむしろチャーシューに比べると高評価.
ただ昆布があってもちょっと飽きるし,量的にもサイドメニューにしては多め.
なので残念ながらご飯は少し残しちゃうことに.

そしてヨメの”つけ麺”は明らかに麺が別モノです.
つけ麺
”長野県産石臼引き全粒粉を使用した自家製麺”とのことですが,こちらの方が風味が良くて好みだなぁ.
麺の具 つけ麺の麺
さらにタマネギや酢橘の味変アイテムも悪くない.

つけ汁はやはり鶏が前面に出ているモノです.
つけ汁
どちらかというとつけ麺のバランスの方が好みだったなぁ.
やはりお店のオススメ通りにした方が良かったかな?

こちら,ランチタイムをちょっと過ぎた時間でもお客さんはひっきりなしに入れ替わる人気店のようです.
ただ,ネットでの見た目と実物のギャップが大きかったせいか,ラーメンのスープ自体の好みが私の好みとはちょっとズレがありました.
やはりココはお店オススメのつけ麺がベストチョイスなのかなー?なんて思いつつ,午後の部へ向かったのでした☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/766-ab6612b1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫