くいしんぼー山中 (再訪)

 2016-06-13
プロ・ビーラーです.

この日でほぼ予定終了の京都出張編.
でも調子に乗って(?)まだまだ喰い倒れは続きます.
というのも他にも行ってみたいお店があったので,週末まで予定を引き延ばしておりまして.
個人的に仕事終わりの打ち上げということで選んだのは,間違いなく美味しいお肉をいただけるこちらでした.

くいしんぼー山中

近江牛ステーキの名店,”くいしんぼー山中”ですー.

こちらに前回初訪問したのはすでに2年前.
あの時は緊張もしていたけど,何しろ感動しっぱなしでした.
さて,今回も楽しみデス♪
前回はテーブル席でしたが,今回はカウンター指定.
しかも店主・山中さんの目の前というベストポジション!
この日はコースではなくアラカルトで,それもその日の良いところを提供していただくという寸法です.

ひとまず麦酒と共に出てきたのはベイクドポテト.
ポテト
やはり丸いバターが懐かしくも嬉しいですね.

そしてこの日のメインのお肉の登場だぁ!
肉
こりゃまたお美しい肉肌で♪
説明するまでもありませんが,左はヘレ,右はロースです.
ヘレ ロース
焼き方はもうおまかせしちゃいましょう.

とりあえずベイクドポテトの後は冷製コンソメスープでしばしクールダウン.
スープ
とは言え,あまりの旨味でさらに興奮気味ですが(笑

そしていよいよお肉が焼かれるのがカウンターから見えてきましたよー♪
焼き上がりまではサラダを眺めつつ,,,
サラダ
いよいよお待ちかねのステーキが焼き上がりました!
ステーキ焼き上がり
焼き上がったステーキ,やはり左はヘレ,右はロースです.
ヘレ ロース
まずヘレからいただくと,きめ細やかな肉質が口の中で踊ります.
そして押し寄せる旨味,,,まさに至福のひとときです.
さらにロースは適度な脂感が拡がるけど,しつこさは全くなし.
むしろサラッとした脂とお肉の弾力のコントラストが楽しいなぁ♪
やはりコレは絶品!一気に平らげて次のお皿にいってみましょう!

お次はさらにお約束の1皿,ビーフカツです.
ビーフカツ
こちらの焼き加減もおまかせですが,艶やかなルビーのような断面が美しい.
ビーフカツ2
もちろんお肉自体は言うまでもないけど,カツの衣とソースと三位一体になり美味さが突き抜けます.

そしてとどめはお初のハンバーグだぁ!
ハンバーグ
こちらはちょっと小さめにしてもらいましたが,美味さは文句なし.
むしろ肉汁云々よりも肉質が良いのでお肉そのものをいただいている感じ.
しかもソースと絡めると↓こんなことがやりたくなりますよねー(笑
ハンバーグOTR
はい,ハンバーグのOTR(オンザライス)です.
このソースとお肉,さらに白米のコラボレーションは間違いないというよりも反則でしょ!
うん,今回も堪能させていただきました.

こちら,2年ぶり2回目の訪問だったのですが,スゴい!と思ったのは,
”この度はわざわざ遠いところをありがとうございます!実は○○さんも来月予約いただいてますよ!”
と,どこから来たか,どなたの紹介かという所まで憶えていただいていたところ.
お客さんのことも事細かにチェックしているんでしょうか?
その辺のホスピタリティも素晴らしい.

さらにお食事中の店主・山中氏のお話が面白い.
”最近は○○産の霜降りの肉とか流行ってるけど,アレはくどくってあきまへんなー.
それに熟成とか言うてるけど,あまり質のよろしくない肉を小手先でどうにかなるもんじゃないやろ!
むしろちゃんと育てた牛を新鮮な状態でいただく方が美味いに決まってますがな!”
だそう.
確かにこのステーキをいただくと大きくうなずくしかありません.
でもコレをいただくとなると新幹線でバビューン!と来ないと行けませんからねぇ(苦笑
次回はいつ来られるかはわからないけど,,,
京都訪問時には必ずや来たくなる,いやココのために京都に来たくなると思わせるお店です☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/769-72718056
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫